タッチプレーしてるキャッチャー

キャッチャーのタッチプレーの基本を解説します。

チームにとってキャッチャーは最後の砦です。

野手が素晴らしいプレーをしてホームに繋げても、
キャッチャーがタッチしたときに落球してしまえば意味がありません。

なので、キャッチャーはタッチするときに、「慎重さ」と「大胆さ」が求められます。

タッチプレーを基本を抑えつつ柔軟に対応して、
相手チームに点を与えないようにしましょう!

キャッチャーのタッチプレーが必要な場面

まずキャッチャーのタッチプレーは、満塁以外のケースのすべてに必要です。

満塁でのタッチアップは、
キャッチャーのタッチプレーは必要です。

・ランナー3塁

・ランナー3塁、2塁

・タッチアップ

タッチアップも外野がフライを捕ったらバッターはアウトなので、
塁が埋まらずにタッチプレーになります。

キャッチャーがホームを守るときは、ほとんどがタッチプレーなんです!

キャッチャーは最後の砦なのでタッチプレーの基本をしっかりと抑えて、
不要な点数を与えないようにしましょう!

キャッチャーのタッチ方法の基本

キャッチャーのタッチ方法の基本を解説します。

キャッチャーは、両手タッチが基本です。
キャッチャーミットのなかにあるボールを右手で握り、両手でタッチします。

そのときにはキャッチャーミットの裏(背)のほうでタッチするといいですね!

このタッチ方法であれば、余程でない限りボールがミットから落ちません。

キャッチャーの片手タッチの方法

キャッチャーのタッチ方法の基本は両手です。

でも…、

タイミングがギリギリの場合

・ランナーが回り込んだ場合

このような場合だと、キャッチャーは片手タッチするしかありません。

片手タッチはボールを落とす可能性が高いギャンブルプレーですが、
相手チームに点を与えないのがキャッチャーの大切な役割です。

両手タッチだと間に合わないなら、思い切って片手タッチで勝負しましょう!

キャッチャーの片手タッチのコツは3つです。

キャッチャーミットの芯で捕球する

片手タッチするなら、確実にキャッチャーミットの芯で捕球します。

中途半端な部分でボールを捕ると、ランナーにタッチしたときに落球する可能性があります。

キャッチャーミットを揺らしても落ちない位置で野手の返球を捕るといいですね!

キャッチャーミットを大きく振らない

片手タッチするときには、必要以上にキャッチャーミットを振らないほうがいいです。

キャッチャーミットを大きく動かすだけで、ボールを落とすリスクが上がります。

「ランナーはそのまま走ってくるのか、それとも回り込んでくるのか?」
こんな風にランナーを観察して、「ここだ!」と思ったら片手タッチしましょう!

ランナーは確実にホームベースに近づいてくるので、
深追いせずに引きつけるイメージがおすすめです。

ホームベースのお尻を意識する

キャッチャーの片手タッチの最後のコツは、「ホームベースのお尻を意識する」です。

ホームベースのお尻は、
ホームベースのキャッチャー側に尖ってる部分だよ。

ホームベース

回り込んでくるランナーのほとんどは、
ホームベースのお尻(尖ってる部分)へのタッチを狙ってきます。

フェアグラウンドから一番遠い位置ですからね!

もし自分がランナーで回り込むなら、ホームベースのお尻へのタッチを狙うと思います。
キャッチャーが片手タッチするときには、ホームベースのお尻の部分を意識しましょう!

ホームベースのお尻の部分までタッチしてやるぞ!

こんな気概で片手タッチするといいですね。

キャッチャーがタッチするランナーの場所

つぎにキャッチャーがタッチするランナーの場所です。

キャッチャーがランナーにタッチするときの理想の場所は、
ホームベースに一番近い身体の部分です。

・スライディングなら「右足か左足」

・ヘッドスライディングなら「右手か左手」

・ランナーがスライディングしてないなら「腰」

この位置を目安にして、ランナーにタッチするといいですね。

ランナーがホームベースにタッチできてなければ、審判は確実にアウトだとジャッジできるので、
キャッチャーミットでランナーの手や足を止めましょう!

関連記事はこちらです。

キャッチャーのタッチプレーは「細心かつ大胆に」

キャッチャーのタッチプレーの基本を解説しました。

・タッチの方法

・タッチするランナーの場所

キャッチャーのタッチプレーには基本があります。
この基本をマスターしたうえで、柔軟なタッチプレーをするといいですね!

ホームに突入してくるランナーにタッチしてアウトにできれば、キャッチャーとしては100点です。
ギリギリのプレーのときには、「細心かつ大胆に!」いきましょう!

Twitterをフォローして最新情報を受け取る