ノーアウトランナー2塁

今回は、ノーアウトランナー2塁で考えられる作戦とキャッチャーの配球(セオリー)を解説します。

ノーアウトでランナーがスコアリングポジションにいるので基本的にはバッター勝負なんですけど、決めつけてはいけません。

考えられる作戦を頭に入れて、バッターの打順や試合展開でのセオリーを考慮しながら配球を組み立てましょう。

ノーアウトランナー2塁での考えられる作戦

まずはノーアウトランナー2塁で考えられる作戦をまとめます。

バント

ノーアウトランナー2塁なので基本的にはヒッティングですが、下位打線ならバントが考えられます。

上手くバントを決められてしまうと1アウトランナー3塁になるので、簡単にはやらせないようにしたいですね。

またセーフティーバントもあるので、ヒッティングだと決めつけるのはNGです。

ただ送りバントでもセーフティーバントでも、このケースのセオリーは三塁側にボールを転がすことです。

それを頭に入れて、配球を組み立てるといいですね。

盗塁

左ピッチャーだったり、モーションを盗まれてたりすると盗塁もありえます。

三盗を決められると相手チームに流れがいくし、点を取られる可能性もあがるので、考えられる作戦のなかで最も警戒すべきですね。

走りそうなランナーならキャッチャーからもセカンド・ショートからも牽制サインを出したほうがいいし、動かなさそうなランナーでもノーマークにはしないようにしましょう。

そうすれば相手チームにとって三盗はギャンブル性が高いので、簡単には仕掛けてこなくなります。

エンドラン

このケースで左バッターならエンドランもありえます。

右方向に引っ張って転がすだけでランナーを進められるし、1・2塁間を抜けば点を取れるからです。

なのでインコースの使い方には注意が必要です。

ただバッターが空振りしたときにランナーがアウトになるリスクもあるので、バントや盗塁と比べると仕掛けてくる可能性は少ないですね。

またランエンドヒットもなくはないですが、盗塁と同様に左ピッチャーだったり、モーションを盗まれてたりしないと仕掛けてこないので、そこまでの注意は必要ありません。

ノーアウトランナー2塁での配球(セオリー)

それではノーアウトランナー2塁での配球(セオリー)を「ヒッティング場面」と「仕掛けてきそうな場面」に分けて解説します。

ヒッティング場面

試合展開が序盤だったり、上位打順だったりするとヒッティングのケースが多いです。

右方向に転がせば進塁打になるし、単打でも点を取れるので、下手に仕掛けるよりも打たせたほうがリスクがないんですよね。

なのでヒッティング場面の配球のセオリーは。「右打ち」と「ヒット」させないようにする組み立てです。

安易に右バッターならアウトコース、左バッターならインコースを要求すると右方向に打たれるので、要求するときには注意してください。

打ち取れる自信があったり見逃す確信があったりするならOKですが、そうでもないなら使わないほうがいいですね。

初球の使い方

上位打順(1番~6番)なら初球が重要になってきます。

おすすめは、必ずボール球にすることです。

「ストレートなら外のボール」から「変化球ならワンバウンドや外のボール」から入っていくといいですね。

初球がボールになればバッター有利なカウントになるので、次のボールを見逃す確率が上がるし、絞り球をしてくるケースが多くなります。

なので2球目でストライクを取りやすくなるし、バッターの反応を見れば狙い球が分かったります。

そして3球目は2球目の情報をもとに相手バッターが狙ってないボールでカウントを整えれば、ピッチャー有利のカウントが出来上がります。

カウントがバッター有利になった場合

カウントがバッター有利になった場合の配球(セオリー)はあります。

自分がバッターで打者有利のカウントになったら、大体甘めのストレートに絞りますよね。

またピッチャーの立場なら、これ以上ボール球を続けられないのでストライクがどうしても欲しくなります。

なので、セオリーは変化球を要求するです。

変化球なら多少ボールがあまくても相手バッターは見逃したり、ストレートを待ってるので空振りしたりします。

またボール球になったとしても、1塁は空いてるので最悪フォアボールでもいいですよね。

一番良くないのは、弱気になってストレートでストライクを取りにいくこと。

これをバッターは狙ってるので、長打をくらう可能性が高いです。

ただ下位打線だったり相手バッターが弱気だったりするなら、ど真ん中のストレートでもOKです。

仕掛けてきそうな場面

次に仕掛けてきそうな場面での配球(セオリー)をお話します。

このケースで仕掛けてくる可能性が高い「バント」「エンドラン」「盗塁」の順で投球の組み立て方を解説しますね。

バント

バントがありそうなら「インコース高めのストレート」や「外に逃げる変化球」が効果的です。

バントが巧いバッターでも手こずるボールなので!

また「牽制」や「ピックオフプレー」も有効です。

走者のスタートを少しでも遅らせるために上手く使いましょう。

キャッチャー牽制やピックオフプレーは下記ブログ記事で解説してます。

エンドラン

エンドランがありそうなら、ショートバウントするストレートや変化球がいいですね。

このボールならバッターは当てるのが難しいですし、ワンバウンド処理を的確にすれば2塁ランナーをアウトにできます。

キャッチャーのワンバウンド処理については下記ブログ記事で解説してます。

盗塁

三盗されるケースはピッチャーのモーションが盗まれてたり、左ピッチャーだったりする場合が多いです。

なのでまずは、牽制やピックオフプレーでランナーを警戒しましょう。

それでもランナーが盗塁しようとするならストレート系でバッターを追い込むといいですね。

簡単にストライクを取りにいかない

ノーアウトランナー2塁で考えられる作戦とキャッチャーの配球(セオリー)を解説しました。

このケースでの配球(セオリー)を一言でいうと「簡単にストライクを取りにいかない」です。

チャンスなのでバッターも初球を狙ってる可能性が高いですし、仕掛けてくる場合も多いです。

初球をボールにして、相手の出方を伺うといいですね!

Twitterをフォローして最新情報を受け取る