キャッチャーからの牽制サインでの牽制

「キャッチャーからの牽制サインの出し方はどうすればいい?」

「ランナー1塁とか2塁とかケース別のキャッチャーの牽制サインの出し方を知りたい!」

こんな風に思ってる方に向けて、キャッチャーからの牽制サインの出し方を解説します。

ランナー1塁やランナー3塁のケースではピッチャーが独断で牽制したり、
ランナー2塁のケースではショートやセカンドがサインを出して、牽制したりします。

これらの牽制パターンでも十分ではあります。

 

でも、キャッチャーから良いタイミングでピッチャーに牽制のサインを出せば、
相手の作戦を失敗させたり、バッターとの間合いを外せたりします。

本記事ではキャッチャーの牽制サインの種類や
ランナー1塁、2塁、3塁などケース別でのサインの出し方をお話します。

リードだけでなく、牽制も効果的に使って試合を有利に進めましょう!

キャッチャーからの牽制サインの種類

まずはキャッチャーからの牽制サインの種類です。

・「キー」からのサイン

・「ワンタッチ」のサイン

・「アクション(動き)」のサイン

それでは1つずつ解説していきます。

「キー」からのサイン

キャッチャーの牽制サインの1種類目は、「キー」を決めてサインを出す方法です。

手首や肩などを「キー」にして、次に触った場所で「どこに牽制をするのか」、
「ピッチャーはどんな牽制をするのか」を決めます。

これが一般的なキャッチャーの牽制サインです。

 

たとえばランナー2塁の場合なら、

手首をキーにして「右肩」を触ったらピッチャーは外して、ベースにセカンドが入る、
「左肩」ならピッチャーはターンして、ベースにショートが入る牽制といった感じです。

「キー」からキャッチャーの牽制サインを出すときのポイントは、
「キー」を分かりやすい位置にすることです。

分かりにくい位置だと見落とす可能性があるからね!

 

キャッチャーからの牽制のサインを増やしたい場合には、
「キー」から肩だけではなく胸やヒジなどを使うといいですね!

「ワンタッチ」サイン

2種類目のキャッチャーの牽制サインは、ワンタッチサインです。

これは「キー」を決めずに「ファーストタッチ」や「ラストタッチ」で、
どこにどんな牽制をするのかを決めます。

たとえばランナー二塁の場合なら、

キャッチャーが一番最初に右肩を触ったら、ピッチャーはターンしてセカンドが入る牽制、
一番最後に左肩を触ったら、ピッチャーは外してショートが入る牽制といった感じです。

ワンタッチサインのときポイントは、
ピッチャーとショート、セカンドに最後までサインをちゃんと見てもらうこと。

ラストタッチなら問題ないですが、ファーストタッチにしておくと、
最初だけサインを見て、そのあとは見ない選手もいるので相手チームにバレる可能性があります。

キャッチャーがサイン出してるのに、
セカンドやショートが動き出したら、確実になんかあるよねw

 

キャッチャーの牽制サインをワンタッチで出すときには、
必ず最後のタッチが終わるまで見届けてもらいましょう!

「アクション(動き)」サイン

キャッチャーの牽制サインの最後3種類目は、アクションサインです。

これは「キー」とか「タッチする場所」とかではなく、
キャッチャーが特定の動作をしたら、どこにどんな牽制をするのか決めます。

・右ヒザを触る

・右手で砂を触る

・内モモを叩く

・キャッチャーミットを3回叩く…etc

このようなキャッチャーの動作でピッチャーと二遊間に牽制サインを出します。

アクションサインのポイントは、
普段のクセに近いようなアクションをサインにはしないことです。

たとえば普段からキャッチャーミットを叩くクセがあるなら、
キャッチャーミットを鳴らす回数をアクションサインにしないようにしましょう!

紛らわしいですからね。

 

あとアクションサインは細かい指示が出しにくいので、
アクションサインを出した瞬間に牽制をするような突発サインがおすすめです。

たとえば「内モモを叩いた瞬間に1塁牽制をする」イメージですね。

ランナー1塁|キャッチャーからの牽制サインの出し方

それではランナー1塁のケースから解説します。

このケースのキャッチャーからの牽制サインの出し方は2種類あります。

・セットポジションに入る前の牽制

・セットポジションに入ってからの牽制

それぞれの特徴に合わせて、キャッチャーからの牽制サインを出しましょう!

セットポジションに入る前の牽制

まず1つ目は、ピッチャーがセットポジションに入る前の牽制です。

1塁ランナーがリードしてる途中でピッチャーが牽制をして、
ランナーの逆をつき、アウトを狙いにいく牽制になります。

足が速そうだったり、
リードを取るのが早いランナーに効果的です。

 

この場合のキャッチャーからの牽制サインは、「アクションサイン」がおすすめです。

・サインを出すタイミング:球種&コースのサインを出す前

・アクションサイン:内モモを叩く、ミットを4回叩く、右手で砂を触る…etc

ランナーがリードしてる途中でピッチャーが牽制をするので、
パッと見た瞬間でも分かりやすいアクションサインにするといいですね!

なので必然的にアクションサインを出すタイミングは、
球種&コースのサインを出す前になります。

この牽制はタイミングが命!

 

あとキャッチャーはピッチャーの1塁牽制モーションの速さ、
ランナーのリード具合をチェックして、ベストタイミングでアクションサインを出しましょう。

セットポジションに入ってからの牽制

2つ目はセットポジションに入ってからの牽制です。

ピッチャーがセットポジションに入って、
しばらくボールを持ったあとに1塁へ牽制するパターンになります。

盗塁がありそうなランナーに効果的です。

 

セットポジションに入ってからの1塁牽制もアクションサインがおすすめですが、
先ほどの牽制とはサインを出すタイミングを変えるといいですね。

セットポジションに入る前の牽制は球種&コースのサインを出す前にアクションサインをしますが、
セットポジションに入ってからの牽制は球種&コースのサインを出してからにします。

アクションサインを出すタイミングを変えれば、
ピッチャーもどちらの牽制をすれば良いのか分かりやすいです。

また、球種&コースのサインを出すので、そのまま指で牽制サインを出してもOKです!

投球サインを出したあとに「グーとパーを繰り返す」
「アロハサイン(親指と小指)」とかがいいよ!

 

ピッチャーから「アクションサインを出すタイミングだけでは分かりづらい…」と言われたら、
アクションサインではなく、指サインに切り替えると良いと思います。

指でサインを出すときには、球種&コースとゴッチャにならないように気をつけましょう!

ランナー2塁|キャッチャーからの牽制サインの出し方

つづいてランナー2塁のケースです。

このケースのキャッチャーからの牽制サインは、大きく分けて2種類あります。

・ピッチャー主導の牽制

・キャッチャーの合図で投げる牽制

あとは「ショート・セカンドの動き方」や「牽制を投げるタイミング」を工夫して、
3~4パターンくらい作るといいですね!

二遊間が「後ろからベースカバーに入るパターン」
「ベースカバーしないほうがベースから離れるパターン」
などなど。

 

二塁牽制のパターンが増えれば増えるほど、ランナーは「牽制があるかも」と警戒してくれます。

また、ランナー2塁でのキャッチャーからの牽制サインの出し方は、
基本的に「ブロックサイン(キーサイン or ワンタッチサイン)」がおすすめです!

ピッチャー主導の牽制

ランナー2塁での牽制サインの1つ目は、ピッチャー主導の牽制です。

ピッチャー主導の牽制はキャッチャーからの合図を待つことなく、
ピッチャーがショート&セカンドの動きを見てから投げる牽制になります。

この場合のキャッチャーからの牽制サインの出し方は、
キーサイン」か「ワンタッチサイン」がおすすめです。

・「キーサイン」なら、手首をキーにして左肩を触ったらショートが入る牽制。

・「ワンタッチ」なら、ラストタッチをサインにして胸を触ったらセカンドが入る牽制。

ピッチャー主導の2塁牽制では、
キャッチャーはピッチャーに牽制をするタイミングを合図で伝える必要はありません。

キャッチャーはどんな二塁牽制が効果的なのかだけを考えて、
ピッチャーとショート&セカンドにサインを出しましょう!

キャッチャーの合図で投げる牽制

ランナー2塁での牽制サインの2つ目は、キャッチャーの合図で投げる牽制です。

このパターンはピッチャーはキャッチャーを見たままの状態で、
キャッチャーが合図を出したらピッチャーが2塁へ牽制をします。

ピッチャー主導の牽制だと、ランナーに「牽制があるかも?」と思われがちです。

ピッチャーはチラチラと
ランナーを見ないといけないからね。

 

一方でキャッチャーの合図で投げる牽制ならピッチャーは二遊間を見ないので、
ランナーの警戒心が薄まり、アウトにしやすいんですよね。

このケースのキャッチャーからの牽制サインも、
ピッチャー主導の牽制と同じようにキーサインが良いと思います。

左手首を「キー」にして左ヒジを触ったら、
キャッチャーの合図で2塁牽制をする、こんな感じですね。

 

また、キャッチャーからピッチャーへの合図はこれらのパターンが一般的です。

・キャッチャーミットを下げる。

マスクを触る。

右手で砂を触る

キャッチャーミットを叩く

ピッチャーがキャッチャーの合図だと気づけなければ意味がないので、
分かりやすい合図にするのをおすすめします。

そしてキャッチャー主導の2塁牽制をするときのポイントは、合図を出すタイミングです。

ショート&セカンドがベースに入ったタイミングでボールがいくように、
ピッチャーの牽制モーションの速さを頭に入れ、逆算して合図を出しましょう!

ターンが遅いピッチャーなら早めに、
ターンが速いピッチャーならギリギリでもOKです!

 

キャッチャー主導の2塁牽制は、合図を出すタイミングが肝です。

ランナー3塁|キャッチャーからの牽制サインの出し方

最後にランナー3塁ですが、キャッチャーからの牽制サインは1種類のみです。

ピッチャーがセットポジションに入ってから3塁に牽制する

右ピッチャーならピッチャーがランナーを見ながら牽制をして、
左ピッチャーならキャッチャーから合図を出して牽制をします。

スクイズがありそうな雰囲気のときに、
キャッチャーは3塁牽制のサインを出すといいですね。

 

ランナー3塁でのキャッチャーからの牽制サインの出し方は、
キーサイン」か「アクションサイン」がおすすめです。

左ピッチャーならキーサインを出したあとに牽制を投げる合図も出しましょう!

また、基本的にスクイズを警戒するために3塁牽制をするので、
ピッチャーにはセットポジションに入ってから牽制してもらうといいですね。

なのでアクションサインで3塁牽制をする場合には、
球種とコースのサインを出してから牽制サインを出すようにしましょう。

ピッチャーは球種とコースのサインを見てから
セットポジションに入り、それから3塁牽制をする順番だよ。

 

1試合で1回あるかないかの3塁牽制ではありますが、
スクイズがありそうな雰囲気のときには効果的です。

0アウト、1アウトのランナー3塁で打席には下位打線の場合には、
キャッチャーから3塁牽制のサインを出すと面白くなります。

キャッチャーからの牽制をうまく使おう!

キャッチャーからの牽制サインの出し方を解説しました。

・「キー」からのサイン

・「ワンタッチ」のサイン

・「アクション(動き)」のサイン

この3つがキャッチャーからの牽制サインの種類です。

この3パターンをランナー1塁、ランナー2塁、ランナー3塁などのケース、
そして牽制の種類によって上手く使い分けるのをおすすめします。

牽制するかしないかで試合の流れが大きく変わることもあるので、
キャッチャーからの牽制サインをうまく使って、試合を有利に進めましょう!

Twitterをフォローして最新情報を受け取る