キャッチャーからの牽制サインでの牽制

ランナー1塁、2塁、3塁ケースの別のキャッチャーからの牽制サインの出し方を解説します。

ランナー1塁やランナー3塁のケースではピッチャーが独断で牽制したり、
ランナー2塁のケースではショートやセカンドがサインを出して、牽制したりします。

これらの牽制パターンでも十分ではあります。

でも、キャッチャーからの牽制サインがあれば「バッターとの間」を外せたり、
相手チームが仕掛けてきそうな雰囲気なら警戒できますよね!

なので、キャッチャーから牽制のサインを出すのも大切なんです!

実用的な牽制サインの出し方を解説するので、ぜひ参考にしてください。

キャッチャーからの牽制サインの種類

まずは牽制サインの出し方の種類をまとめていきます。

「キー」からのサイン

1つ目は「キー」を決めてサインを出す方法です。

手首や肩などを「キー」にして、
次に触った場所で「どこに牽制するか」
「どの牽制をするか」を決めます。

たとえばランナー二塁の場合なら、

手首をキーにして「右肩」を触ったらセカンドが入る牽制、
「左肩」を触ったらショートが入る牽制といった感じですね!

「キー」は、分かりやすい位置をおすすめします。

分かりにくい位置だと見落とす可能性があるからね!

「ワンタッチ」サイン

2つ目はワンタッチサインです。

「ファーストタッチ」か「ラストタッチ」で、
どこにどんな牽制をするのかを決めます。

たとえばランナー二塁の場合なら、

一番最初に右肩を触ったらセカンドが入る牽制、
一番最後に左肩を触ったらショートが入る牽制といった感じです。

ワンタッチサインのときポイントは、
ピッチャー、二遊間に最後までサインを見てもらうこと!

ファーストタッチにしておくと、
そのあとのサインを見ない人もいるので相手チームにバレる可能性があります。

サインを最後まで見るように徹底しよう!

「アクション」サイン

3つ目はアクションサインです。

キャッチャーがこの動作をしたら、
牽制をする感じですね。

ヒザを触る」「右手で砂を触る」「内ももを叩く」「ミットを3回叩く」…etc。

こんな風に牽制サインを出すのもあるよ!

ただアクションサインは細かい指示が出しにくいので、
1種類の牽制がいいと思います。

突発サイン向きですね!

ランナー1塁|キャッチャーからの牽制サインの出し方

それではランナー1塁のキャッチャーサインの出し方を解説します。

ファースト牽制には2種類あります。

・セットポジションに入る前の牽制

・セットポジションに入ってからの牽制

それぞれの特徴に合わせて、キャッチャー牽制を出しましょう!

セットポジションに入る前の牽制

まずはピッチャーがセットポジションに入る前の牽制です。

ランナーがリードしてる途中で牽制をする感じですね!

足が速そうだったり、リードを取るのが早いランナーに
効果的です。

この場合のキャッチャー牽制サインの出し方は「アクションサイン」がおすすめです。

サインを出すタイミングは、球種サインを出す前!

球種やコースのサインを出す前に「内ももを叩く」「ミットを4回叩く」「右手で砂を触る」など。

ピッチャーが「今すぐに牽制をしない!」と思ってもらえるように、
分かりやすく牽制サインを出すといいですね!

この牽制はタイミングが命です!

ピッチャーの牽制モーションとランナーのリード具合を見てサインを出しましょう!

セットポジションに入ってからの牽制

2つ目はセットポジションに入ってからの牽制です。

セットポジションに入ってからの1塁牽制も「アクションサイン」がいいですね!

ただ、さっきとはサインを出すタイミングが違います。

セットポジションからの牽制は、球種やコースのサインと出してからにしましょう!

投球サインを出してから「太ももを叩く」「右ヒザを触る」などがいいですね!

同じアクションサインでも出すタイミングを変えれば、
ピッチャーも分かりやすいと思います。

また投球サインを出してるので、指サインでもいいですね!

投球サインを出したあとに、「グーとパーを繰り返す
「アロハサイン(親指と小指)」をするなど…。

球種サインにはない指サインにすれば1塁牽制だと分かりやすいです。

ランナー2塁|キャッチャーからの牽制サインの出し方

つづいてランナー2塁でのキャッチャーからの牽制サインの出し方です。

セカンド牽制には大きく分けて2種類あります。

・ピッチャー主導の牽制

・キャッチャーの合図で投げる牽制

あとは「二遊間の動き」や「牽制球を投げるタイミング」を工夫して、
3~4パターンくらい作るといいですね!

二遊間が「後ろからベースカバーに入るパターン」
「ベースカバーしないほうがベースから離れるパターン
などなど。

二塁牽制の種類が増えると、ランナーが警戒してくれます。

またランナー2塁でのキャッチャーからの牽制サインの出し方は、
基本的に「ブロックサイン(キーサイン or ワンタッチサイン)」がおすすめです!

ピッチャー主導の牽制

ピッチャー主導の牽制とは、「ピッチャーが二遊間の動きを見てから投げること」です。

キャッチャーは、2塁牽制のサインを出すだけでOKだよ!

この場合の牽制サインの出し方は、「キーサイン」か「ワンタッチサイン」がいいですね!

・「キーサイン」なら、手首をキーにして左肩を触ったらショートが入る牽制。

・「ワンタッチ」なら、ラストタッチをサインにして胸を触ったらセカンドが入る牽制。

ピッチャーは二遊間のタイミングを見ながら投げるので、
キャッチャーは牽制サインを出したらやることはありません。

キャッチャーの合図で投げる牽制

キャッチャーの合図で二塁へ牽制するパターンもあります。

ピッチャーはホームのほうを向き、
キャッチャーが二遊間の動きをみて合図を出したら、ピッチャーが2塁へ牽制をします。

先ほどのピッチャー主導の牽制だと「ランナーに牽制があるかも?」と思われがちです。

ピッチャーはチラチラと
ランナーを見ないといけないからね。

キャッチャーの合図主導ならピッチャーは二遊間を見ないので、
ランナーの警戒心が薄まりアウトにしやすいです。

キャッチャーからの牽制の出し方は、先ほどのブロックサインでOKです。

牽制を投げるタイミングはキャッチャーからの合図なので、

・キャッチャーミットを下げる。

マスクを触る。

右手で砂を触る

キャッチャーミットを叩く

こんな風に分かりやすい合図にしましょう!

タイミング良く合図を出すポイントは、
ピッチャーの牽制モーションの速さを頭に入れておくことです。

ターンが遅いピッチャーなら早めに、
ターンが速いピッチャーならギリギリでもOKです!

ランナー3塁|キャッチャーからの牽制サインの出し方

最後にランナー3塁のキャッチャーからの牽制サインの出し方です。

ランナー3塁でのキャッチャーからの牽制サインの出し方は、
ランナー1塁のケースと同じで「アクションサイン」がいいですね!

スクイズも警戒したほうがいいので、
ピッチャーにはセットポジションに入ってから牽制してもらいましょう。

投球のサインを出してから、牽制のサインを出す順番ですね!

そうすればピッチャーに牽制の意図が伝わります。

左ピッチャーはランナーに背を向けるので、
キャッチャーが意識して牽制のサインを出すといいですね!

牽制をうまく使おう!

キャッチャーからの牽制サインの出し方を1塁・2塁・3塁ケース別で解説しました。

牽制を使う理由は3つです。

・ランナーのリードが大きい。

・バッターとの間合いが欲しい。

・相手が仕掛けてきそうな雰囲気がある。

牽制するか、しないかで試合の流れが大きく変わることもあります。

キャッチャーからの牽制サインをうまく使っていきましょう!

Twitterをフォローして最新情報を受け取る