プロ野球を見て学んでる人

プロ野球選手のキャッチャーを見て、学べることは沢山あります。

・キャッチングの仕方

・スローイング方法

・サインの出し方…etc

こんな風にプロのキャッチャーから学べることって一杯あります。

僕も小学生~大学生のときには、
間さえあればプロ野球の試合を見て、
どんな風にプレーしてるのか観察してました。

ただ、そのなかで「学べないこともあるな」っと気づいたんです!

今回は、プロ野球選手のキャッチャーから「学べること」と「学べないこと」をお話するので、
プロ野球の試合を観察するときに参考にしていただけばと思います。

プロ野球選手のキャッチャーから「学べること」

まずはプロ野球選手のキャッチャーから「学べること」です。

プロ野球の試合を観て、キャッチャーから学べることは5つです。

キャッチング

まずはキャッチングです。

プロのキャッチャーのキャッチングは、学べることだらけです。

・インコースの捕り方

・アウトコースの捕り方

・低めの捕り方

・高めの捕り方

・逆球の捕り方

「コース別」や「状況別」でキャッチングを観察して、技術を盗みましょう!

プロのキャッチングを観察するときのポイントは4つです。

  1. ボールに対して、どの角度からミットを入れてるか?
  2. どんな風に左腕を使ってるか?
  3. どのように手首を使ってるか?
  4. コース別のミットの角度

この4つのポイントを観察すれば、キャッチングの向上に繋がります。

ボールを捕ったあとではなくて、
ボールを捕るまでのプロセスに注目してみてください。

キャッチングについては下記ブログ記事でも解説してます。

サインの出し方

2つ目はサインの出し方です。

・球種のサイン

・牽制のサイン

この2つに注目してプロ野球選手のキャッチャーがサインを出してるのか観察しましょう!

たとえばブロックサインを出すときには、キャッチャーは立ってサインを出したりしてます。

それをマネするのもありだね!

また球種サインの出し方は、

・指のカタチ

・サインを出す回数

この2つを観察すればサインの工夫をしたいときに、きっと参考になります。

プロ野球のバッテリーには、さまざまな球種サインがあるので!

サインの出し方は下記ブログ記事でも解説してます。

スローイング方法

3つ目は、スローイング方法です。

プロのキャッチャーのスローイングも、学べることしかありません。

・ボールの捕り方

・身体の使い方

・スローイングフォーム

プロのキャッチャーが二塁送球や1塁送球するときには、要チェックです。

ただ注意点があって、高度すぎる技術は学ばないほうがいいです。

たとえば「座ったままの状態で、一塁牽制や二塁送球をするプレー。

肩に自信があるとマネしたくなりますが、
やめたほうがいいです。

相当な負荷が肩にかかるので、怪我に繋がってしまいます。

一塁送球なら座ったままで投げるのはノーモーションに近いので効果的ですが、
二塁送球ならスローイングタイムもそこまで変わりません。

二塁送球するときには、ステップして身体全体を使って投げほうが結局は早いんですよね!

基礎のスローイング方法だけを学ぼう!

キャッチャーのスローイング方法は下記ブログ記事で解説してます。

間の作り方

4つ目は、間の作り方です。

・球種サインを出すテンポ

・タイムを取るタイミング

プロのキャッチャーが「どんな風に間を作ってるのか?」を勉強しましょう!

球種サインを出すテンポは、
「通常」「ランナーがいる状態」「1点も与えたくないケース」で違ったりします。

またピッチャーが球種サインに首を振ってるのは、
ピッチャーが投げたくないのか?」「キャッチャーが首振りさせてるのか?

これを観察するのも面白いです。

タイムを取るタイミングは、キャッチャーだけでなく内野手もチェックするといいですね!

抜群のタイミングで声掛けをする内野手もいます!

間を置くだけで結果が大きく変わったりするので、
プロのキャッチャーから間の作り方を学び、試合で実践してみましょう。

キャッチャーの間の作り方は下記記事で解説してます。

ショートバウントの対処法

5つ目はショートバウントの対処法です。

ショートバウントの止め方もプロのキャッチャーから学べます。

  1. 足の使い方
  2. ミットの使い方
  3. 身体(胸)の使い方
  4. 身体の角度(前後)
  5. 身体の角度(左右)
  6. 右腕の使い方
  7. 左腕の使い方

プロ野球なのでショートバウント比率は少ないんですけど、
その一瞬を見逃さないようにしましょう!

このボールに対しては、こんな風にショートバウント処理してるんだ!

このくらいの身体の角度で止めてるんだ!

逆球のショートバウントは、手じゃなくて身体手動なんだ!

こんな発見があるよ!

プロのキャッチャーからショートバウント処理スキルを盗みましょう!

ショートバウンド処理の基本は下記記事で解説してます。

プロ野球選手のキャッチャーから「学べないこと」

プロ野球選手のキャッチャーから学べることは、たくさんあります。

でも、プロのキャッチャーから学べないこともあるんです。

それは「配球(リード)」。

プロ野球の世界はデータ社会なので
配球(リード)は相手バッターの膨大なデータをベースに組み立てられてます。

セオリー通りの配球(リード)もしてるんですけど、
ほとんどがデータからの配球(リード)なので、参考にならないんです。

「初めてのピッチャーを攻略できない」
「2年目のジンクス」などが、それを証明してます。

2年目のジンクスは、ひょっとしたら本人の慢心もあるかもですが、
1年目のデータを相手チームが集めて研究したから活躍しづらいと考えたほうが自然です。

また初めてのピッチャーを攻略できないのは、
「球種」や「球質」などのデータがあまりないので打てないんだと思います。

プロのキャッチャーの配球(リード)は、アマチュアの世界だと学べることは少ないんです。

配球(リード)はどこで学ぶ?

では、配球(リード)はどこで学べるのかって言うと、

・日本代表の試合

・夏の甲子園

・東京六大学野球などの大学屈指のリーグ選

これらの試合を見れば、配球(リード)は勉強になります。

「日本代表の試合」でも「夏の甲子園」でも「東京六大学野球」でも、
相手チームの情報は少ないのでセオリー通りの配球(リード)が多めですからね。

配球(リード)を勉強したいときは、
一発勝負に近い試合を見るのがおすすめです。
  1. タイプ別の1番バッターの初球の入り方
  2. クリーンナップへの配球(リード)
  3. 交代したピッチャーの初球の球種…etc。

ほんの一例ですが、こんな感じで配球を観察してみましょう!

配球(リード)を学ぶときのポイントは、別の記事で解説してます。

次元が違う

プロ野球選手のキャッチャーから「学べること」と「学べないこと」をお話しました。

プロのキャッチャーから学べることはたくさんあるので、
テレビやYouTubeでプロのキャッチャーを見て、技術を盗んだり、マネしたりするといいですね!

でも、配球(リード)だけは学べません。

データ社会って言うのが一番の理由なんですけど、そもそも次元が違うんです。

プロ野球は1球1球に「お金」と「自分の将来」がかかってるので、
勝てる確率を上げるためにバッテリーはデータを重視してます。

重みが違うんですよね!

プロのキャッチャーから「学べること」と「学べない」ことを明確にして、
今の自分に合う技術をどんどん取り入れていきましょう!

Twitterをフォローして最新情報を受け取る