「配球」と「リード」の違い

配球とリードの違いをキャッチャー歴15年の男が分かりやすく解説します。

小学生から大学生、
今の草野球でもキャッチャーしてます!

配球とリードはほぼ一緒なんですけど、少しだけ違う部分があるんですよね!

その違いが分かれば、野球もキャッチャーももっと楽しくなります。

ポイントは野球のセオリーです。

配球とは?

まずは配球を解説します。

配球とは「セオリーを軸にした投球の組み立て」です。

・オープンスタンスのバッターは、内角が苦手だから内角を攻める。

・0アウトランナー1塁なら、右打ちがセオリーだから内角を中心に組み立てる。

・1アウトランナー3塁なら、犠牲フライを狙う可能性が高いから低めに投げさせる。

これは一部です。
その他の配球論は別の記事でお話してます。

バッターの特徴や試合の状況によってセオリーがありますよね!
それを逆手にとって投球を組み立てるのが配球です。

キャッチャーの配球は、相手チームの情報が少ない場合に役立ちます。

中学や高校、大学とかだね!

リードは相手バッターの情報相手監督の考え方など、
相手チームの情報がないと上手く投球を組み立てられません。

でも、アマチュア野球はプロ野球と違って相手チームの情報が少ないですよね。

相手チームの情報が少ない場合には、
セオリーを逆手にとった配球しか投球を組み立てる根拠がありません。

試合中に情報を集められますが、
序盤はどうしても手探りになります。

また、強いチームなら野球のセオリーを知ってるので、
それを逆手にとった配球で組み立てれば大量失点を防げます。

配球を組み立てるには、野球のセオリーを知ってるかが大切ってことですね!

リードとは?

つづいてリードです。

リードとは「その日の状況によって変わる投球の組み立て方」です。

たとえばピッチャーの調子がそうですよね!
ストレートや変化球のキレやコントロールは日によって違います。

・ストレートの調子が良い日ならストレート中心。

・変化球のキレが抜群なら決め球に。

・変化球の調子が悪いなら見せ球に。

その日のピッチャーの調子で、
カウント球や決め球は変わってきます。

また風向き風の強さ球場の特徴審判の好きなコースなども、その日によって違います。

・風向きがレフト寄りなら、右バッターのインコースを要求してファールを打たせる。

・審判の好きなコースが低めなら、低めにボールを集める。

こんな風に状況を考えながら、投球を組み立てるのが「リード」です。

配球とリードの違い

それでは配球とリードの違いを解説します。

配球とリードは違うのではなく、配球の上部分にリードがあるイメージです。

【配球とリードの違い】

配球とリードの関係図

基本的には配球で投球を組み立て、その日の状況に合わせてリードするってことですね!

たとえばクローズスタンスのバッターと対戦する場合、
アウトコースが苦手なので外中心の配球が基本になってきます。

でも、クローズスタンスのすべての打者がアウトコースを苦手にしてるわけではないですし、
試合の状況によってはアウトコースに要求できない場合もありますよね。

そんなときにリードの登場です!

バッターの特徴や試合の展開、その日のピッチャーの調子を考慮して、
常に根拠のあるリードをしましょう。

プロ野球の配球は勉強にならない!

配球やリードの勉強をしようと、プロ野球の試合を見ることもあると思います。

でも、プロ野球の配球は勉強にならないんですよね!

アマチュア野球と違って、プロ野球には膨大なデータがあります。

・対戦バッターの苦手なコースや得意コース

・ケースバイケースでのバッターの考え方

・日々のバッターの調子

ほとんどの情報をプロ野球のキャッチャーは持ってるので、
配球というよりリードがメインになってるんですよね。

なので配球を勉強しようと思っても、どれがリードで何が配球なのか分からないですし…。

リードを勉強しようしても素人目ではピッチャーの調子やバッターの特徴、
監督の考え方はわかりませんよね。

高次元すぎるからね!

そうなると中学野球や高校野球での配球やリードの参考になりにくいんです。

リードや配球を勉強するなら自分よりも学年が少し上のキャッチャーか、
高校野球や大学野球の試合を見るのがおすすめです!

違いが分かれば楽しくなる!

配球とリードの違いをお話しました。

配球とリードの違いが分かれば、キャッチャーというポジションはもっと楽しくなります。

「唯一無二の答え」なんてないですからね!

だからこそ思い通りの結果になったら楽しいですし、
逆にならなかったら考えることができます。

そんな経験ができるのが「キャッチャー冥利」だと僕は思います。

Twitterをフォローして最新情報を受け取る