高校野球で使える白いグローブ

高校球児のなかでトレンドになっている白っぽいグローブ。

2020年の甲子園交流戦に出場したピッチャーたちが使ってましたが、
めちゃくちゃカッコいいですよね!

今まであまり見たことのないカラーなので、余計にカッコいいと思ってしまいます。

グローブの色がレアっていうだけで、カッコいい〜!
ってなっちゃうよねw

実はあのグラブ、白ではなくブロンドなんですよね。
白っぽくは見えるんですけど、高校野球でも使えます!

・あの白っぽいグローブはどこのメーカーが出してるのか?

・グラブ自体の機能はどうなのか?

・硬式用だけではなく軟式用もあるのか?

この辺について記載していきます。
グローブはカッコいいだけで、テンションが爆上がりです!

高校野球で使える白っぽいグローブのメーカーはどこ?

高校野球で使える白っぽいグローブ

2020年の甲子園交流戦に出場した高校のピッチャーたちが使っていた白っぽいグローブ

めちゃくちゃカッコいいですよね!

あまり見かけない色ですし、
オレンジのように明るくなく落ち着いた色なので、野球がうまそうに見えます。

そうなると気になるのが白っぽいグラブはどこのメーカーなのか?ですよね。

実は!
2020年8月にミズノが新発売したグローバルエリートの新色「ブロンド」なのです!

この色、ホント良いですよねぇ〜!

あまり使ってないときは白っぽくて、
徐々に使い込んでったら味のある色になっていきそうです。

黒土のグラウンドで使ったら、
ホント最高な色になるのは間違いなし!

グローブにわざと黒土を擦り込ませていきたいくらいです!

さすがのミズノさん!野球人の気持ちがよく分かっていらっしゃる!
と、思わず唸ってしまいます。

白っぽいグラブの機能はどうなの?

とはいえ…、ですよ。
いくらカッコいいって言っても、機能的に良くないなら物足りませんよね。

ミズプロではなく、グローバルエリートっていうのも気になるところ。

なこの白っぽいグラブの機能はどうなのかをチェックしてみました!
そしたらミズノプロと同じ5DNAテクノロジーを採用してたんです。

5DNAテクノロジーを簡単に説明すると、
グローブを使っていくと自分にとって最適な型が自然と出来上がる仕組み。

ありそうでなかった仕組みなんです!

たとえばキャッチャーミットならボックス型やスタンダート型、
キャッチャーミットの大きさなどであらかじめ最適な型って決まってます。

型付けしていく段階である程度のオリジナル性を出せるんですけど、
元の型を無視しすぎると大きく崩れてしまうんですよね。

なのでグラブを購入する段階で、
自分がどんな型が良いのかを決めておく必要があります。

捕球重視ならボックス型、送球重視ならスタンダード型みたいな感じです。

でも、5DNAテクノロジーなら使いながら自分に最適な型へと進化してくれます。

自分に合うグローブの型がイマイチ分かってない人にとって最適ですし、
使いこむほど自分のプレーにフイットする選手にとって最高なんですよね。

カッコいいだけではなく、機能面的にも間違いないっていうことです!

キャッチャーミットの型の違いはこちらで解説してます。

ブロンドカラーのグローブ一覧

ミズノのグローバルエリート・ブロンドカラー。
見た目のカッコよさだけではなく、機能的にも文句はありません。

そんなミズノのブロンドカラーグローブの一覧はこちらです!

ピッチャー用グローブ

 

うん、カッコいい〜!

それ以上の言葉が見つかりません!

2020年の甲子園交流戦に出場した高校のピッチャーたちが使っていたグラブもこれです。

ミズノ・グローバルエリートのブロンドカラーグラブ

内野手用グローブ




 

ちょっとウェブ部分が違います。

どれもカッコいいのは間違いないんですけどね!

個人的にはブロンドカラーが思う存分に発揮できたほうが嬉しいので、
1番目、3番目が好きですね。

外野手用グローブ

 

うん、外野手用のブロンドカラーもかっこいいですね!
外野手は黒とかオレンジとかが多いですが、ブロンドカラーもありですね。

チームで一番目立つ外野手になるのは間違いないです。

白っぽいグラブがカッコよすぎる!

2020年の甲子園交流戦に出場した高校のピッチャーたちが使っていた白っぽいグローブ、カッコよすぎです!

オシャレ野球人にとってはマストなアイテムだと思います。

ただ…、とても残念なことが1つだけあります。
それはミズノのグローバルエリート・ブロンドカラーは、硬式用しかないのです!

軟式用がないんです…、これは本当に残念。

硬式用のブロンドカラーに人気が出まくって「軟式用も作りますか!」となるのを待ちましょう!

Twitterをフォローして最新情報を受け取る