高校野球で使えるオススメの白スパイク

「高校野球に対応してる白スパイクってどれ?」

「白スパイクを取り扱っているメーカーを知りたい!」

「野球のおすすめの白スパイクはどれ?」

こんな風に思ってる方に向けて、高校野球にも対応してる白スパイクをご紹します。

2020年から高校野球で解禁された白スパイク

夏に黒スパイクは本当に暑すぎるので、
これからの高校野球では白スパイクが主流になるのは間違いないでしょう!

でも、すべての白スパイクが高校野球に対応してるわけではないので、
選ぶときには注意が必要です。

ワンポイントカラーはOKなの?NGなの?

 

本記事では高校野球で白スパイクが解禁された理由や高校野球の白スパイクの規定、
そしておすすめの野球用の白スパイクを紹介していきます。

自分に最適な白スパイクを選び、グランドを駆け巡りましょう!

高校野球で白スパイクが解禁された理由

高校野球で白スパイクが解禁されました。

なぜ高校野球でも白スパイクがOKになったのか?
その理由は熱中症対策です。

なんでもミズノの調査によると白スパイクのほうが涼しいんだとか!
黒スパイクより表面温度が20度、内部温度は10度も低くなるようです。

かなりの熱中症対策だと思います。

僕は高校球児だったころ、
黒スパイクの表面で魚を焼けるんじゃないかと本気で思ってました。

 

1年、また1年と日本の夏は暑くなってるので、
白スパイクが主流になっていくのは間違いなさそです。

高校野球で使える白スパイクの規定(ルール)

熱中症対策に一役買う白スパイク。

でも、すべての白スパイクが高校野球で使えるわけではありません。
ちゃんと白スパイクの規制(ルール)があります。

■マークの表記
<商標>
・商標はベロ部に1箇所のみ入れることが可能であるが、その大きさは(縦)3センチ×(横)5センチ以内とする。
・靴底部には 10 平方センチ以内の大きさで1箇所表示することができる。その色は靴底と同系色とする。
■カラーおよび、その他
<甲被>
・表面カラーはブラックまたはホワイト一色とする。
・表面がブラックの場合、エナメル及び光沢のある素材は使用できない。ただし、天然皮革素材の自然な光沢感は可とする。
・表面がホワイトの場合、履口およびベロ裏のカラーは防汚のためブラック・シルバーの使用を可とする。
・校名・校章・氏名・番号などの表記はできない。
<ライン>
・ラインを両サイドにそれぞれ1箇所、本体と同色で入れることができる。
ライン部の表現方法は、本体素材と同一素材あるいは異素材による取り付け、型押し加工、プリント等を認めるが、光沢あるラインは認めない。
<靴底>
・甲被カラーがブラックの場合 靴底本体のカラーはブラックを基調とし、その他に使用できるカラーはホワイト・ゴールド・シルバーとする。 ただし、その面積は 50%を超えてはならない。(レッド・ブルー・グリーンなどの際立った配色は使用できない。)
・甲被カラーがホワイトの場合 靴底本体のカラーはホワイト・ブラック・シルバーを基調とし、その他に使用できるカラーはホワイト・ブラック・ゴールド・ シルバーとする。
ただし、その面積は 50%を超えてはならない。(レッド・ブルー・グリーンなどの際立った配色は使用できない。)
・靴底のクッション材(ミッドソール)カラーは、甲被のカラーと同色とする。
・革底の場合、靴底の本体カラーはブラックに加え、ブラウン系も使用できる。
※なお、チーム内での甲被カラーのホワイト、ブラックの混在については、2年間(2020 年、2021 年)は可とする(指導者も 含めて)。チーム内で統一するか否かについては、2022 年シーズンへ向け 2021 年度中に検討することとする。

ちょっと長いので大切な部分だけまとめるとこんな感じです。

・ベロのロゴはOK

・ホワイト一色のみだけど、履口とベロ裏はブラック or シルバーはOK!

・エナメルと光沢色はNG!

・靴底はホワイト・ブラック・シルバーをメインにする。

黒スパイクの規定の白スパイク版ってことですね!

 

あと大事なのは2021年まではスパイクのカラーはチーム内でバラバラでもOKということ。
白スパイクの選手もいれば、黒スパイクの選手もいても問題ありません。

2022年までにチームで黒スパイクか白スパイクのどっちで統一するか決めればOKのようです。

野球界初の足袋型スパイクはこちらで解説してます。

高校野球対応の各種メーカーのおすすめ白スパイク

それでは高校野球で使えるおすすめの白スパイクを紹介していきます。

この6つのメーカーを比較していきます。

アシックス

1つ目がアシックスの白スパイクです。

アシックスの「I DRIVE MA」は万能型のスパイク
スピードもフィット感やバランスも妥協できない人には最適ですね!

アシックスの白スパイクは、とにかく履きやすくて軽いのが大きな特徴ですからね。

重量:片足280gくらい(※26.5センチ)

素材:表面が人工皮革、靴底が合成

スパイクの歯:金属製の固定式

中敷:取り替え可能

金額が安いので2足目のスパイクにするのもありだと思います。

ミズノ

つぎがミズノです。

ミズノの高校野球対応の白スパイクは3種類あります。

先ほどのアシックスのライバルなのがこのミズノの白スパイクです。

重さも素材もほぼ同じですがアシックスよりもミズノのほうが安いので、
このタイプの白スパイクが良いならミズノで決まりです。

重量:片足285gくらい(※27センチ)

素材:表面が人工皮革、靴底が合成

スパイクの歯:金属製の固定式

中敷:取り替え可能

2種類目のミズノの白スパイクはこちら。

ミズノの白スパイクのなかで1番おすすめです!

天然皮なので他メーカーよりも圧倒的にカッコいいので、
他の白スパイクと差をつけたいならコレで決まりです。

また、スパイクの歯の先端に超硬合金なので削れにくいのも嬉しいポイント!

その分だけ他の白スパイクより20gくらい重たいですが、
機能性や耐久性、デザインを含めてたらこれでしょう!

重量:片足305gくらい(※27センチ)

素材:表面が天然皮革、靴底が合成

スパイクの歯:超硬チップ金具の固定式

中敷:取り替え可能

最後、ミズノの3足目の白スパイクはこちらです。

このスパイクも捨てがたいです。

ベルト式ですからね〜、うん、カッコいい!

でも、ベルト式だけって言うのもあります。

 

ベルト式がやっぱりカッコいいなぁ〜と思うならこちらの白スパイクですし、
ベルト式にそこまで心奪われないなら、一番最初のやつのほうがいいですね。

こちらの安いですし!

重量:片足295gくらい(※27センチ)

素材:表面が人工皮革、靴底が合成

スパイクの歯:超硬チップ金具の固定式

中敷:取り替え可能

ZETT

3つ目がZETT(ゼット)

ZETTのおすすめの白スパイクは2種類あります。

これも一番最初のアシックスの白スパイクのライバル商品です。

でも、アシックスとミズノと大きく違うのはスパイクの歯です。

スパイクの歯に削れにくいTQ刃を採用してるので金額は少し高いですが、
スパイクの歯が削れにくいのを選びたいならこれでしょう!

スパイクの歯を交換するのも結構な重労働なので。

重量:不明

素材:表面が人工皮革、靴底が合成

スパイクの歯:金属製(TQ刃)の固定式

中敷:取り替え可能

ZETTの2つ目のおすすめの白スパイクはこちら!

ZETTの白スパイクのなかで1番おすすめがこれです。

何が良いかって紐×ベルト!

これがカッコよくないわけがありません!

 

ミズノの天然革もカッコいいですが、ZETTはZETTでカッコいい!

天然革で差を付けたいならミズノの白スパイク、
デザインで差を付けたいならZETTの白スパイクがいいですね。

重量:不明

素材:表面が人工皮革、靴底が合成

スパイクの歯:金属製(ArkFive刃)の固定式

中敷:取り替え可能

デサント

つぎはデサントです。

デサントの白スパイクの大きな特徴はベルトが足の側面についてるところです。

足の指先が開き、足の裏で地面を掴みやすくなります!

 

またJAXAが開発した断熱技術を応用した塗料を中敷の下に塗ってるので、
熱侵入量を60%も軽減させています。

ちょっと高いですが走るだけではなく熱中症の対策もバッチリなので機能面は抜群

天然革とかデザインとかカッコ良さなんかじゃくて、
スパイクには機能性を求めたい、走塁で他のプレイヤーと差を付けたい。

そう思ってるならデサントの白スパイクでしょう!

重量:片足302gくらい(※27センチ)

素材:表面も靴底も合成

スパイクの歯:金属製の固定式

中敷:取り替え可能

ニューバランス

5つ目はニューバランス

今、人気がグングン急上昇中のニューバランス!

他の人とカブりたくないオシャレ高校球児はこれでしょう!

また、ニューバランスという目新しさだけではありません!

40本塁打40盗塁の意味が込もっている4040シリーズは、
パワーとスピードを備えたバランスの良いスパイクです。

目新しさだけではなく、
機能面も優れてるので愛好者が続々と増えてます!

 

走塁だけでなく打撃にも拘りたいなら、ニューバランスで決まりです。

重量:不明

素材:表面が人工皮革、靴底が合成

スパイクの歯:金属製の固定式

中敷:取り替え可能

ハイゴールド

最後はハイゴールドです!

ハイゴールドの白スパイクの大きな特徴は3本ベルト

ZETTのベルト形式と同じです。

 

ただ、他のメーカーと比べると3本ベルトくらいで他に多くの特徴はないです。

なのでベルト式の白スパイクが良い人は、
ゼットかハイゴールドのどっちかにする感じですかね!

重量:不明

素材:表面が人工皮革、靴底が合成

スパイクの歯:金属製の固定式

中敷:取り替え可能

スパイクの手入れ方法はこちらで解説してます。

勝手にランキング!

今回は、高校野球で使えるオススメの白スパイクを紹介しました。

今後の高校野球は熱中症対策として白スパイクが主流になりますが、
規定(ルール)をしっかりと確認してから選びましょう!

試合で使えなかったら、ショックですからね…。

また、最後にご紹介した白スパイクを独断と偏見でランキングにしました!

1位:ZETT(BSR2978WH)

カッコいいですし、金額もそこそこ。

トータル的に考えてナンバーワンは¥、
ゼットの白スパイクですね。

2位:ミズノ(QS 1GM190001 MIZUNOPRO)

カッコ良さだけなら1位のゼットと遜色ありませんし、
他のメーカーにはない天然革が大きなポイントです。

天然革は使い込むほど味が出てきますからね!

ただ天然革なので金額が高いですし、
手入れを怠ると劣化が早くなるのでミズノは2位にしました。

同率3位:ニューバランス

打撃にも走塁にも拘りたいならニューバランス

ただプレースタイルで好みが変わるので、3位にしました。

・デザイン

・機能性

・プレースタイル

この3つの視点で自分に合う最高の白スパイクを選びましょう!

Twitterをフォローして最新情報を受け取る