足袋型の野球スパイクを履いてる高校球児

足袋(たび)型の野球スパイクが誕生しました!

今までのスパイクは先細りで幅が狭く足の指の力を発揮しにくい構造でした。

足袋型の野球スパイクは足の親指部分と他の指の分で分かれ、
スパイクの先もワイドになってるので足の指の力を最大限に使える設計になってるようです。

ただ理屈ではわかりますが、足袋型の野球スパイクって実際はどうなのか?

どんなメリットがあってデメリットは1つもないのか、
また高校野球や少年野球などの試合でも使用できるのか。

その辺りを気になってる方に向けて、
足袋型の野球スパイクのメリットとデメリットをお話します。

個人的には足袋型の野球スパイクは今後の主流になってもおかしくはないと思ってます。

野球界初!足袋型野球スパイクが誕生

野球界初の足袋型野球スパイクが誕生しました。

文字通り、足袋の形をした野球のスパイクです。

これを開発したのは岡山県倉敷市にある岡本製甲株式会社

ミズノとかアシックスとかナイキのように有名な会社ではありませんが、
岡本製甲株式会社は実力派のシューズメーカーなんですよね。

1950年に革靴製造販売店として創業し、2002年から野球シューズの製造を開始してるので、
「シューズ」のスペシャリストといっても過言ではありません。

また野球界では初の足袋型スパイクですが、
足袋型ウォーキングシューズやランニングシューズはすでに販売されてます。

つまり、思いつきで足袋型野球スパイクを発売してるわけではないですし、
足袋シューズのパイオニアなので信頼と実績はすでにあるんです。

話はちょっとズレますが、足袋型ランニングシューズといえばドラマ「陸王」。

そのドラマ「陸王」に岡本製甲株式会社は美術協力もしてました。

岡本製甲株式会社が足袋型ランニングシューズを完成させるまでには、
ドラマ「陸王」以上の物語があったんだそうです。

『野球界初!』と名前が派手ではありますが、
岡本製甲株式会社の足袋型野球スパイクの実力は本物だと思います。

足袋型の野球スパイクのメリット

それでは具体的に足袋型の野球スパイクのメリットをまとめます。

・足の指の力を最大限に使える

・足の親指や小指を痛める可能性を下げる

・足への負担を少なくする

主にこの3つのメリットが足袋型野球スパイクにはあります。

足の指の力を最大限に使える

足袋型野球スパイクの1つ目のメリットは、足の指の力を最大限に使えることです。

従来の野球スパイクは足の指同士が違いので可動域が狭く、
1本1本の足の指を使ってる感覚はありませんでしたよね。

一方で足袋型の野球スパイクは足の指が広がる設計になってるので、
足の5本の指をすべて上手く使えます。

それにより足の指の力を最大限に使えるんです!

これは手で考えたら、わかりやすいと思います。

 

手を閉じたまま物を掴むよりも手を開いたほうが力は入りますよね。

これと同じように足袋型の野球スパイクは足に力が入りやすいので、
バッティングや守備、走塁のときにさらにパワーアップできるんです。

足の親指や小指を痛める可能性を下げる

つぎの足袋型野球スパイクのメリットは、
足の親指や小指を痛める可能性を下げることです。

従来の野球のスパイクは先細りの形状なので、
足の親指から小指までの距離が狭く、ときどき痛くなるときもあったはずです。

ギューっと締め付けられる感じだね。

 

でも足袋型の野球スパイクはワイド設計になってるので、
足の親指や小指への負担が少なくなり、痛める可能性を下げてくれてます。

足が成長中の小学生や中学生、高校生などは嬉しいですよね。

足への負担を少なくする

足袋型野球スパイクの3つ目のメリットは、足への負担を少なくすることです。

バッティングの時には踏み込んだり、走塁の時には地面を蹴ったり、
守備の時には踏ん張ったり。

こういうプレーのときには足の指が最大120%ほど広がるんだそうです。

これは腕立て伏せをイメージするとわかりやすいと思います。
腕立て伏せをするときの手は無意識に広げてますよね、これと同じ理屈だと思います。

足に力を入れる時には、足の指を広げるのが大切ってことです。

 

従来のスパイクだと足の指の可動域が狭く、足への負担が集中してましたが、
足袋型のスパイクなら足の指が広げる設計なので足への負担を軽減できます。

足への負担が少なくなれば、いつもより疲れなくなったり、
怪我のリスクも限りなく少なくしてくれますよね。

足袋型の野球スパイクのデメリット

足袋型の野球スパイクは足の指が広がるので力が入り、
ワイドな設計になってるので足の親指や小指が痛くなる可能性も低いです。

ただ、デメリットがないわけではありません。

・普通の靴下は履けない

・サイズ選びがめんどくさい

・足の親指と人差し指の間が痛くなるかも

それではもう少し詳しく解説します。

普通の靴下は履けない

足袋型野球スパイクの1つ目のデメリットは、普通の靴下は履けない点です。

一般的な野球のアンダーソックスは普通の靴下と同じように、
足の指の部分が分かれてはいません。

足袋型のスパイクを履くなら、一般的な野球のアンダーソックスでは無理です。

5本指のアンダーソックスか足袋型のアンダーソックスでなければ、
足袋型のスパイクは履けません。

なので足袋型のスパイクにした瞬間に、
今まで使っていた野球のアンダーソックスは使えなくなるんです。

その覚悟はしたほうがいいね!

 

野球の5本指のアンダーソックスはこちらで紹介してます。

サイズ選びがめんどくさい

つづいての足袋型野球スパイクのデメリットは、サイズ選びがめんどくさいところです。

従来のスパイクは一般的な靴と同じように足の全長をベースに、
足の横が痛くならないように幅を考えて選びます。

足袋型の野球スパイクは、それだけでは最適なものを選べません。

足の全長と足の指の長さもポイントになってきます。

たとえば足の全長が27センチだったとしても、
足の指の長さが短い人は〇〇サイズ、足の指が長い人は〇〇サイズになるんです。

足袋型の野球スパイクは、サイズ選びがめんどくさいんです。

足の親指と人差し指の間が痛くなるかも

足袋型野球スパイクの3つ目のデメリットは、
足の親指と人差し指の間を痛める可能性があることです。

足袋型野球スパイクは、サイズ選びが重要です。

もし自分の足に合わない足袋型の野球スパイクを選んでしまうと、
足袋型野球スパイクのメリットを得られませんし、下手したら足が痛くなります。

足袋型の野球スパイクは足の親指と人差し指がわかれてるので、
そこに負荷がかかりすぎると足の親指と人差し指の間は痛くなると思います。

そのリスクはあるので、気をつけましょう!

スパイクの手入れ方法はこちらで解説してます。

足袋型の野球スパイクは実際どうなのか?

足袋型の野球スパイクにも従来のスパイクにも、
当然ですが良いところもあれば改善の余地もあります。

それらを引っくるめて、足袋型の野球スパイクは実際どうなのか?

『サイズさえ間違わなければ、足袋型の野球スパイク!』

こんな風に思います。


従来のスパイクは足が縮こまるので力が伝わりづらいですし、
幅が狭いので足の親指や小指が痛くなることが多々ありました。

足の小指が痛くなるのは地味にイヤですよね。

 

足袋型の野球スパイクなら足の指が開き、地面を掴みやすくなるので、
バッティングや守備、走塁時には足の力を最大限に発揮できます。

また、ワイド設計になので足の親指や小指の地味な痛みからも解放されます。

ただ、足袋型の野球スパイクの恩恵を受けるにはサイズ選びが最重要です。

自分の足に合う足袋型の野球スパイクを選ばないと効果を得られませんし、
下手したら足の親指と人差し指の間が痛くなる可能性があります。

自分に合う足袋型の野球スパイクなら、間違いないでしょう!

他のスパイクについてはこちらで解説してます。

足袋型の野球スパイクは高校野球で使える?

足袋型野球スパイクって実際どうなのか?

足袋型の野球スパイクのメリット&デメリットをまとめました。

足袋型野球スパイクのメリット&デメリット

【メリット】

・足の指の力を最大限に使える

・足の親指や小指を痛める可能性を下げる

・足への負担を少なくする

【デメリット】

・普通の靴下は履けない

・サイズ選びがめんどくさい

・足の親指と人差し指の間が痛くなるかも

足袋型の野球スパイクにはこのようなメリット&デメリットがあるので、
これらを踏まえた上で履くかどうかを決めましょう!

個人的には『サイズさえ間違わなければ、足袋型の野球スパイク!』です。

また、足袋型の野球スパイクは高校野球で使えます。

白スパイクタイプの足袋型の野球スパイクもあるので、
甲子園で話題になり、高校球児の当然のアイテムになりそうですね!

Twitterをフォローして最新情報を受け取る