野球用スパイクの手入れ方法

「野球のスパイクって、どうやって手入れすればいい?」

「合成皮革と天然皮革でスパイクの手入れ方法って違うの?」

「合成皮革(天然皮革)のスパイクの手入れの仕方を知りたい!」

こんな風に思ってる方に向けて、野球スパイクの手入れ方法を解説します。

合成皮革と天然皮革の野球スパイクの手入れ方法やグッズは大体同じですが、
1つだけ大きく異なる部分があります。

また、同じ合成皮革でもメッシュやエナメルの野球スパイクでは、
少し手入れ方法が違うんですよね。

もし間違った方法やグッズで手入れしてたら、
劣化が早くなったり、重たくなったりします。

 

本記事では合成皮革(メッシュやエナメルも)と天然皮革の野球スパイクの手入れ方法、
また適切なメンテナンス頻度などをお話していきます。

野球スパイクを正しい方法で手入れをして、
長持ちさせつつ、より足に馴染むようにしていきましょう!

野球スパイクの手入れに必要な物

野球スパイクの手入れに使う必要な物はこちらです。

・タオル2枚

・ブラシ2種

・汚れ落としクリーナー

・シューズクリーム※保革剤

まずはこの4つを準備しましょう!

タオル2枚は汚れ落とし用仕上げ用です。

同じタオルでもOKですが、
綺麗に仕上げたいなら分けましょう!

 

ブラシ2種はスパイクの歯用の硬いブラシ表面用の柔らかいブラシです。

野球スパイクの手入れグッズがなければ、こちらが一式揃ってるのでおすすめです。

合成皮革の野球スパイクの手入れ方法

まずは合成皮革の野球スパイクの手入れ方法から解説します。

手入れの手順

合成皮革の野球スパイクは6つの手順で手入れしていきます。

①スパイクの紐を外す

②インソールを外す

③スパイクの裏面(歯)を硬いブラシで磨く

④スパイクの表面に汚れ落としクリーナーをつけて、柔らかいブラシやタオルで磨く

⑤スパイクの表面にシューズクリーム(保革剤)を塗り込む※時々

⑥スパイクが乾いたら2枚目のタオルで磨き上げる!

合成皮革の野球スパイクはこのように手入れしていきます。

もしスパイクの紐が汚かったら、タオルで拭き取ってあげましょう!

せっかく綺麗に磨いたのに、
スパイクの紐の土で汚れたらショックなので…。

 

またインソールがスパイクの中にずーっとあると匂いの原因になるので、
スパイクを手入れする前に外して、日光に当てるといいですね。

スパイクを磨いたらインソールを戻そう!

 

基本的に合成皮革にはシューズクリーム(保革剤)を塗る必要はありませんが、
スパイクの表面が削れそうなときに塗ると少しは劣化が遅くなります。

合成皮革の野球スパイクは基本的には①〜④と⑥の手順で手入れをして、
ときどき⑤のステップを入れてあげるといいですね。

メッシュ部分があるスパイクの手入れ方法

野球スパイクにメッシュ部分がある場合には、
メッシュ部分にシューズクリーナーを使うのは控えましょう。

その代わりにブラシやタオルなどでメッシュ部分の汚れを落とすといいですね!

それでも落ちなかったら、
タオルを濡らして土や泥を取りましょう!

 

また、メッシュ部分にシューズクリーム(保革剤)も塗る必要はありません。

エナメルスパイクの手入れ方法場合

エナメルのスパイクには、エナメル専用の汚れ落としがあります。

ちょっとめんどくさいかもしれませんが、
エナメル専用の汚れ落としを使って手入れしましょう。

シューズクリーム(保革剤)は基本的に塗らなくてOKです!

 

エナメル専用のシューズクリーナーはこちらです。

天然皮革の野球スパイクの手入れ方法

つづいて天然皮革のスパイクの手入れ方法です。

手入れの手順

天然皮革の野球スパイクは7つの手順で手入れします。

①スパイクの紐を外す

②インソールを外す

③スパイクの裏面(歯)を硬いブラシで磨く

④スパイクの表面に汚れ落としクリーナーをつけて、柔らかいブラシやタオルで磨く

⑤スパイクの表面にシューズクリーム(保革剤)を塗り込む

⑥たまにミンクオイルを塗り込む

⑦スパイクが乾いたら2枚目のタオルで磨き上げる!

基本的には合成皮革と同じ手順で天然皮革の野球スパイクも手入れします。

ただ、大きく違うのはシューズクリームがマストなのとミンクオイルをたまに使うところです。

ミンクオイルは革を柔らかくしたり傷を目立たなくさせたり、
光沢を出してくれたりするオイルです。

ミンクオイルを使うときにはムラのないようにスパイク表面につけたら、
スパイクにオイルを馴染ませるために1日くらい置きます。

そして次の日に仕上げ用のタオルでミンクオイルを拭き取りつつ、磨き上げます。

ミンクオイルを頻繁に使うとスパイクが型崩れする可能性があるので、
月に1回程度にしましょう!

 

合成皮革よりも手入れの手順が多いですし時間もかかりますが、
ちゃんと手入れすれば天然皮革のスパイクは足にジャストフィットしていきます。

愛情を持って、スパイクを手入れしましょう!

ミンクオイルが入ったスパイクの手入れグッズはこちらです。

野球用スパイクの手入れの頻度

野球スパイクの理想的な手入れの頻度は「使ったら磨く」です。

小学生や中学生ならスパイクの手入れを習慣にするためにも、
スパイクを使ったら磨くのサイクルがいいですね。

ただ、高校球児ならほぼ毎日練習がありますし、
草野球が終わったら家族サービスが待ってるお父さんならスパイクを磨く時間を捻出するのは大変なこと。

そういう場合なら、週1回くらいのペースで磨ければ十分です。

ただ!

雨の日グラウンドコンディションが悪いときに使ったのなら、
その日のうちにスパイクを手入れしましょう!

スパイクが劣化するスピードが凄まじいですからね…。

 

野球スパイクのおすすめの手入れ頻度は、
3日に1回くらいはスパイクの紐を外さずに裏面や面面だけを手入れしてあげる。

そして時間があるときやオフのときに(週1目安)、
スパイクの紐とインソールを外して、徹底的にスパイクを磨き上げてあげる。

これくらいスパイクの手入れをしておけば、長持ちします

野球スパイク手入れのNG事項

野球用スパイクの手入れ方法を解説しました。

合成皮革と天然皮革でスパイクの手入れ方法は変わります。

合成皮革の野球スパイクの手入れ方法

①スパイクの紐を外す

②インソールを外す

③スパイクの裏面(歯)を硬いブラシで磨く

④スパイクの表面に汚れ落としクリーナーをつけて、柔らかいブラシやタオルで磨く

⑤スパイクの表面にシューズクリーム(保革剤)を塗り込む※時々

⑥スパイクが乾いたら2枚目のタオルで磨き上げる!

天然皮革の野球スパイクの手入れ方法

①スパイクの紐を外す

②インソールを外す

③スパイクの裏面(歯)を硬いブラシで磨く

④スパイクの表面に汚れ落としクリーナーをつけて、柔らかいブラシやタオルで磨く

⑤スパイクの表面にシューズクリーム(保革剤)を塗り込む

⑥たまにミンクオイルを塗り込む

⑦スパイクが乾いたら2枚目のタオルで磨き上げる!

ご自身のスパイクに合う正しい方法で磨きあげましょう!

最後に野球スパイクの手入れでの禁止事項です。

野球スパイクにダイレクトに水をかけるのは避けましょう!

合成皮革でも天然皮革でも結局は革なので水に弱く、
良かれと思って水をかけて手入れをしても逆に劣化させてしまいます。

ブラシや濡らしたタオルで泥や砂を取りましょう!

Twitterをフォローして最新情報を受け取る