キャッチャーミットとグローブの臭い消臭方法

「キャッチャーミットの臭い消臭方法はどうすればいい?」

「グローブから爽やかな香りを漂わせたい!」

こんな風に思ってる方に向けて、キャッチャーミット&グローブの消臭方法をお話します。

キャッチャーミットやグローブは何も対策をしなければ、
手の汗が革に染み込み、いつしか臭うようになります。

臭い…、ヤバイ…、どうにかしたい!

 

本記事ではキャッチャーミットやグローブが臭くなる原因や抜群の消臭方法、
そして消臭できるようになるまでの対策についてお話します。

キャッチャーミットやグローブから爽やかな香りを漂わせ、
試合や練習が終わったあともテンションを下げないようにしたいですね。

〜最初に結論を知りたい方へ〜

先にイチオシのグローブ消臭グッズをお話します。

一番のおすすめはミズノの爽香守です。

ミズノの爽香守はグローブ用のファブリーズなので、
これを手を入れる部分に吹きかけて乾かせば消臭できます。

まずは汗を乾かしてから、使ってくださいね。

キャッチャーミットやグローブが臭くなる原因

どうしてキャッチャーミットやグローブは臭くなるのか?

それは手の汗が原因です。

手の汗がグローブの革に染み込み、細菌と結託し、あの独特なニオイに変わります。

無意識に手汗はかいてますからね…

 

なのでキャッチャーミットやグローブのニオイをとるには、

・キャッチャーミットやグローブを乾かす

・何かしらの方法で消臭する

この2つの方法が効果的です。

キャッチャーミット&グローブの消臭方法

それではキャッチャーミットやグローブのニオイ消臭方法です。

この4つの方法が抜群の消臭方法になります。

汗を拭き取って乾かす

まず1つ目のキャッチャーミットとグローブの消臭方法は、汗を拭き取って乾かすことです。

キャッチャーミットやグローブを使ったら、
まずは新聞紙や軍手などで手を入れる部分の汗を拭き取ります。

そして、キャッチャーミットやグローブを天日干しします。

乾かすときのポイントは手を入れる部分に日光が当たるようにすることです。

手を入れるところが臭くなるからねぇ〜。

 

キャッチャーミットやグローブのウェブ部分を下にして、
手を入れる部分に日光が入り込むように乾かすといいですね。

スパイクの手入れ方法はこちらで紹介してます。

固形石鹸を入れる

つぎのキャッチャーミットやグローブのニオイ消臭方法は、固形石鹸を入れる方法です。

キャッチャーミットやグローブを天日干しして汗が乾いたら、
つぎに手を入れるところに固形石鹸をいれます。

ポイントは袋のまま入れることです。

封を開けると石鹸でベタベタします。

 

石鹸の爽やかな香りがキャッチャーミットやグローブに移っていきます。

グローブ用の消臭材を使う

3つ目のキャッチャーミットやグローブのニオイ消臭方法はグローブ用の消臭材です。

キャッチャーミットやグローブの手の入れるところに十分に吹きかけ、
ちゃんと乾かせば、ニオイが取れていきます。

グローブ用のファブリーズ的な商品だよ。

保管場所に気をつける

最後4つ目のキャッチャーミットやグローブのニオイ消臭方法は、保管場所に気を付けることです。

汗と細菌が結託するのは高温多湿な場所なので、涼しくて湿気のない場所に保管しましょう。

バックにいれたままは危険です。

 

自宅に帰ったらキャッチャーミットやグローブをバックから取り出し、
家のなかで一番涼しくて湿気のないところに保管してたいですね。

キャッチャーミットの手入れ方法はこちらで解説してます。

キャッチャーミットやグローブが臭いときの最終手段

ご紹介した消臭方法を駆使すれば、大抵の匂いは対処できます。

が、しかし…。

あまりにも強烈に臭う場合は、完全に消臭はできません。

変な臭いになる可能性もあるよ。

 

臭いが完全に取れないときの最終手段は守備用手袋の装着です。

守備用手袋ならちゃんと洗えばニオイは取れるので、
それで自分を騙しながら我慢するしかありません。

これはもう致し方ないのです。

 

『まずは固形石鹸やグローブ用の消臭剤を試して、
それでもニオイが取れなかったら守備用手袋を装着する』

この流れでキャッチャーミットやグローブのニオイと戦うのがおすすめです。

おすすめの守備用手袋はこちらで紹介してます。

早めの対策を!

キャッチャーミットやグローブの消臭方法を解説しました。

この4つの消臭方法を駆使すれば、爽やかな香りを取り戻せます。

ただ、末期レベルの臭さなら迷わずに、守備用手袋を装着するといいですね。

そして、つぎのキャッチャーミットやグローブを購入したら、
早めの臭い対策をすると誓いましょう。

私は誓いました。

 

野球の試合もキャッチャーミットやグローブの臭い対策も先手先手が大切です。

Twitterをフォローして最新情報を受け取る