少年野球用(ジュニア)トレーニングシューズの選び方

「少年野球用のトレーニングシューズって、どう選べばいいの?」

「そもそもトレーニングシューズって何?」

こんな風に思ってる方に向けて、
少年野球用(ジュニア)トレーニングシューズの選び方をお話します。

少年野球用トレーニングシューズの選ぶときのポイントは、

・使用目的

・サイズ

・デザイン

この3つですね!

おすすめの少年野球用(ジュニア)トレーニングシューズを3つ厳選したので、
ぜひ参考にしてみてください。

トレーニングシューズの目的

ジュニア用トレーニングシューズ

少年野球用(ジュニア)トレーニングシューズの選び方を解説する前に、
トレーニングシューズの目的からお話します。

トレーニングシューズには、靴底のタイプが2種類あるんです。

・グリップ力がある(靴底がイボイボになってる)

・グリップ力がない(靴底がランニングシューズのようになってる)

靴底にグリップ力があるタイプはアップ&ダウン時、
軽いキャッチボールやバッティングセンターで使うときに向いてます。

こっちはアップシューズって呼ばれてるよ!

グリップ力がないトレーニングシューズは、走り込むときに最適です。

それぞれのトレーニングシューズのタイプで目的が変わるので、
どのような場面でお子さんが使用するのかをまずは考えるのをおすすめします。

少年野球用トレーニングシューズの選び方

トレーニングシューズの選び方

少年野球用トレーニングシューズの選び方です。

・使用目的

・サイズ

・デザイン

この3つのポイントで選びましょう!

使用目的

まずは少年野球用トレーニングシューズの使用目的ですね!

どのタイミングでトレーニングシューズを履くか?です。

・野球がある日にしか履かない:グリップ力のあるトレーニングシューズ

・家での素振りやバッティングセンターでも履く:グリップ力のあるトレーニングシューズ

・ランニングのときにも履く:ランニングシューズ系のトレーニングシューズ

使用目的でどのタイプのトレーニングシューズが最適なのかが変わります。

基本的に野球の練習や試合でしかトレーニングシューズを履かないなら、
グリップ力のあるアップシューズのほうがいいですね!

逆にランニング(走り込み)のときにも履くなら、
ランニングシューズ系のトレーニングシューズをおすすめします。

グリップ力のあるトレーニングシューズより
ランニングシューズ系のほうがクッション性が高いんだよね!

家での素振りやバッティングセンターでも履くなら、
グリップ力のあるトレーニングシューズにします。

サイズ

少年野球用トレーニングシューズ

つぎの選び方がサイズです。

少年野球用のトレーニングシューズなので大きめを買いがちですが、
靴だけはやめたほうがいいと思います。

トレーニングシューズがブカブカだと走りにくいので、怪我に繋がるんですよね!

ユニフォームやアンダーシャツは大きめでもOK!

ただ、日本人の足は横広タイプです。

今の足よりも0.5センチ〜1センチくらい大きいサイズを選べば、
足の横が痛くなることも少ないと思います。

ランニングでも履くなら注意したほうがいいね!

足の縦の長さに合わせるのではなく、横幅も考えてサイズを選びましょう!

少年野球のアンダーソックスの選び方はこちらで解説してます。

デザイン

少年野球用トレーニングシューズの最後の選び方はデザインです。

とくにカラーですね!

チームカラーがあると思うので少年野球用のトレーニングシューズを購入するときには、
監督やコーチ、先輩ママさんにカラーを聞くといいと思います。

なんでもOK!」と言われても、まったく関係ないカラーは避けたほうがいいですね!

チーム内で浮いてしまいます…。

白や黒の一色にしたり、ワンポイントでチームカラーが入ってたり。

それくらいのデザインが無難です!

少年野球用のリュックの選び方はこちらで解説してます。

おすすめのジュニア用トレーニングシューズ3選

おすすめのジュニア用トレーニングシューズをご紹介します。

・ミズノ

・アンダーアーマー

・アディダス

この5つのメーカーのおすすめ少年野球用トレーニングシューズを紹介します。
(※今回はトレーニンシューズのみです。)

少年野球(ジュニア用)アップシューズを探してる方はこちらをどうぞ!

ミズノ

まず1つ目がミズノのトレーニングシューズです。

 

ミズノのトレーニングシューズは、
アップシューズ機能も備えてるのが大きな特徴になります。

アップでもランニングでも使えるんだよね!

また、紐だけではなくマジックテープもついてるので、
紐を結ぶのが苦手な野球少年でも履けるのもいいですね!

日本メーカーからトレーニングシューズを試したい、
アップシューズとトレーニングシューズの二刀流が良い。

そんな風に思ってる方はミズノのトレーニングシューズです。

アンダーアーマー

つづいてのおすすめ少年野球用のトレーニングシューズはアンダーアーマー

 

アンダーアーマーのトレーニングシューズの特徴はデザインです。

カラーはシンプルですが細部にまでデザインに拘ってるので、
シンプルだけどカッコいいトレーニングシューズになってます。

ただ、日本人の足向けには設計されてないので気をつけてください!

少し大きめを買うといいね!

アンダーアーマーを気に入ってる、
トレーニングシューズもオシャレでありたい、
カッコいい道具を身につけてセルフイメージをあげたい!

こんな風に思ってる方はアンダーアーマーのトレーニングシューズです。

アディダス

最後3つ目はアディダスです。

アディダスのトレーニングシューズは、
他メーカーよりもランニングに特化してるのが大きな特徴になります。

シンプルなデザインだけど、実用性は他2メーカーよりも高いです。

ただ、こちらも海外メーカーなのでサイズには気をつけてくださいね。

カッコいいトレーニングシューズも良いけど、1番重要なのは実用性だよね!

こんな風に本質を求めてる方は、アディダスのトレーニングシューズです。

少年野球用のスパイクのの選び方はこちらで解説してます。

目的に合わせて選びましょう!

少年野球用(ジュニア)トレーニングシューズの選び方をお話しました。

少年野球用(ジュニア)トレーニングシューズには、
グリップ力のあるタイプとランニング向けタイプの2種類あります。

・使用目的

・サイズ

・デザイン

この3つのポイントで選ぶといいですね。

それぞれのメーカーで特徴やデザインが大きく違うので、
使用目的をクリアしつつ、カッコいいトレーニングシューズを選びましょう!

Twitterをフォローして最新情報を受け取る