少年野球用(ジュニア)のスパイクの選び方

これから野球を始めるお子さんをお持ちのお父さんとお母さんに向けて、
少年野球のスパイクの選び方を解説します。

バットやグローブも大切なんですけど、少年野球はスパイク選びも重要です。

選び方を間違えるとスパイクを履いてるだけで足が痛くなり、
プレーに集中できず大きな怪我につながるリスクもあります…。

少年野球だったら幅広で軽いスパイクがおすすめです!

また、それ以外にもスパイクを選ぶときにはポイントがあるので、
そちらについてもお話していきます。

最後におすすめのスパイクも紹介していきますね。

少年野球のスパイクの選び方

少年野球のスパイクを選ぶときのポイントは6つあります。

・スパイクの歯

・カラー

・サイズ

・重さ

・かたち(タイプ)

この6つのポイントで少年野球のスパイクを選びましょう!

スパイクの歯はゴム製を選ぶ

スパイクの歯(ポイント)には金属製とゴム製がありますが、
少年野球の場合にはゴム製を選びます。

これは軟式野球でも硬式野球(リトルリーグ)でも、です。

間違って金属製の歯のスパイクを購入してしまうと公式戦で使えないですし、
練習だとしても周りの少年たちが怪我する危険性もあります。

少年野球のスパイクは必ずゴム製の歯を選びましょう!

ちなみに…、ゴム製はゴム製だけど試合には使えない靴があります。

それはアップシューズ(トレーニングシューズ)です。

アップシューズのポイント(靴底)もゴム製なので稀に間違える方がいますが、
アップシューズはウォーミングアップやトレーニング用なので、
所属する連盟によっては公式戦で使えないんですよね!

スパイクとアップシューズは、
まったく別ものだから気をつけよう!

カラーはチームと連盟規定を確認する

スパイクのカラーは、所属するチームと連盟の規定を確認したほうが無難です。

連盟の規定ではカラーは自由になっててもチームで指定されてたり、
もちろん、その逆もあったりします。

スパイクのカラーを間違えると公式戦で使えない可能性もあるので、
気をつけたほうがいいですね!

サイズは少しだけ大きめの幅広タイプ

少年野球のスパイクを選ぶうえで、もっとも重要なのがサイズです。

運動靴や普段履く靴の場合には実際の足の長さより、
0.5センチ〜1センチほど大きいサイズを選ぶと思います。

でも、少年野球のスパイクは足の幅に合わせたほうがいいですね!

その理由については、後ほど詳しくお話します。

少年野球のアンダーソックスの選び方はこちらで解説してます。

なるべく軽いスパイクにする

少年野球ならなるべく軽いスパイクにしましょう!

練習量やハードさによってもスパイクの重さの重要性は若干変わりますが、
軽ければ軽いスパイクほど疲れません。

怪我するときは、大体が足に疲労が溜まってるときだよ。

なるべく軽いスパイクを選ぶといいですね!

スパイクの手入れ方法はこちらで解説してます。

ローカットにしておく

スパイクのかたち(タイプ)は大きく分けて3つあります。

・ハイカット

・ミドルカット

・ローカット

この3つのタイプがありますが、ローカットにしておきましょう!

今から少年野球を始めるならポジションがどこになるか分かりませんよね?

ローカットのスパイクならどこのポジションでも問題なく守れるので、
まずはローカットにしておくのがおすすめです。

ポジションが確定したら、
他のタイプを試してみるといいですね!

スパイクのタイプの特徴はこちらで解説してます。

少年野球に幅広で軽いスパイクをおすすめする理由

少年野球のスパイクの選び方でも少しお話したんですけど、
幅広で軽いスパイクを履くのをおすすめしてます。

その理由は、日本人の足は幅広だからです。

小学生だから足はまだ小さいし、そこまで考えなくても…

そう思うかもしれませんが小学生でも足の幅は広いので、
スパイクを選ぶときには必ず足の横が痛くないかをチェックしましょう!

足の横幅をちゃんとチェックしないとつま先よりも小指の側面(足の外側)が痛くなり、
スパイクを履くのがイヤになりますし…、

足の成長が止まったり、
足の形がイビツになったりするんだよね、成長期だから…。

足の横幅に合うスパイクなら縦幅も大体余裕があるので、
スパイクだけは横幅で選ぶといいですね!

また、軽いスパイクをおすすめする理由は疲れにくいですし、
シンプルに動きやすいからです。

怪我をするときって身体が疲れてる場合なので、
少しでも身体への負担を減らせるように軽いスパイクにしましょう!

ただ、軽さを追求しすぎて丈夫さがないのはNGです。

「軽さ」と「丈夫さ」
スパイクにはこのバランスが大切です。

少年野球用のアップシューズの選び方はこちらで紹介してます。

幅広で軽いおすすめの少年野球用スパイク3選

それでは幅広で軽いおすすめの少年野球用スパイクを3つ紹介していきます。

まだ足が成長中の少年なら迷わず、日本のメーカーのスパイクを選ぶといいですね!

日本メーカーのジュニア用スパイクは、
日本人の子供の足で設計されてるからね!

ミズノ・ウエーブセレクトナイン

幅広で軽いおすすめの少年野球用スパイクの1つ目は、
ミズノ・ウエーブセレクトナインです。


上のウエーブセレクトナインが18.0cm〜、
下のウエーブセレクトナイン23.0cm〜となってます。

ミズノ・ウエーブセレクトナインの最大の特徴はマジックテープ

野球少年にとって蝶々結びはかなり難しいですが、
マジックテープなら安心して履けるのでおすすめです。

蝶々結びは別で練習しましょう〜!

アシックス・スターシャイン

つづいての少年野球におすすめのスパイクは、アシックス・スターシャインです。



上のアシックス・スターシャインが18.0cm〜、
下のアシックス・スターシャインが19.0cm〜となってます。

アシックス・スターシャインの最大の特徴はアシックスであるということ

ご存知の通り、アシックスのスポーツシューズにかける想いは、
他のメーカとは一線を画しています。

マジックテープ形式も紐形式もあるのが、物語っていますよね!

多くの野球選手に愛される理由ですね!

ゼット・グランドヒーロー

最後3つ目の少年野球におすすめのスパイクは、ゼット・グランドヒーロー!


 

上のゼット・グランドヒーローが19.0cm〜、
下の
ゼット・グランドヒーローが20.0cm〜からです。

ゼット・グランドヒーローの最大の特徴は少年野球の1足目に合わせて設計されてるところ!

ここからもご理解いただけると思うんですけど、
少年野球の一足目のスパイクって、ホント大切なんですよね。

子供の足は成長期なので、
日に日に変わってしまうからです。

ゼット・グランドヒーローにもマジックテープ式と紐式があります。

少年野球用のアップシューズ(トレーニングシューズ)はこちらで解説してます。

少年野球のスパイク選びは慎重に!

少年野球のスパイクの選び方を解説しました。

野球少年の足は成長期なので日々伸びていくので、
合わないスパイクを選んでしまうと痛みや怪我につながります。

1足目の少年野球のスパイクは、ホント大切なので、慎重に選びましょう!

おすすめは「ミズノ」「アシックス」「ゼット」の3つです。

どれも日本のメーカーなのでサイズを間違わなければ、
お子さんの足にフィットしますし、痛くなりづらいです。

スパイクのカッコ良さはセルフイメージを上げてくれるので大切なんですけど、
まずはお子さんに最適なスパイクから履き始めるのを強く強くおすすめします!

Twitterをフォローして最新情報を受け取る