冬の少年野球におすすめのジュニア長袖アンダーシャツの種類と選び方

「冬の少年野球におすすめの長袖アンダーシャツはどれ?」

「冬用アンダーシャツの種類や選び方を知りたい!」

こんな風に思ってる野球少年のお父さん、お母さんに向けて、
冬の少年野球におすすめのジュニア向けアンダーシャツについてお話します。

少年野球の長袖アンダーシャツにも色んな種類があり、
それぞれに特徴があるので最適な着用シーンが変わります。

アップ、ノック、トレーニング、ランニング、
どんなシーンで着たいのかもポイントです。

 

本記事では冬の少年野球向け長袖アンダーシャツの種類と選び方、
そして厳選したおすすめの冬用ジュニア向け長袖アンダーシャツを紹介します。

お子さんの代謝レベルをイメージしながら、最適な長袖アンダーシャツを選びましょう。

冬の少年野球の長袖アンダーシャツの種類

まずは冬の少年野球の長袖アンダーシャツの種類です。

この5つが冬のジュニア向け長袖アンダーシャツになります。

冬用コンプレッション

1種類目の冬の少年野球の向け長袖アンダーシャツは冬用コンプレッションです。

コンプレッションとはアンダーアーマーに代表される、
生地が身体に密着するタイプのアンダーシャツになります。

身体に密着するから、動きやすいんだよ。

 

コンプレッション系アンダーシャツは夏に着るイメージが強いですが、
実は生地が分厚い冬用もあります。

他タイプのアンダーシャツと比べると肌寒いですが、冬のトレーニングやランニングにはおすすめです。

ゆったり系

つづいての冬のジュニア向け長袖アンダーシャツはゆったり系タイプ。

生地が身体に密着しない、
一般的なアンダーシャツのタイプになります。

 

ゆったり系はコンプレッションより生地が厚く暖かいので、
冬のアップやダウン、軽いキャッチボールのときには最適です。

ただ、コンプレッションよりは少し動きづらくなります。

ゆったり系の裏起毛

3種類目の冬の少年野球の長袖アンダーシャツは、ゆったり系の裏起毛です。

ゆったり系の裏起毛の長袖アンダーシャツは文字通り、
アンダーシャツの裏側が裏起毛になってるので暖かさはMAX!

極暖だよ。

 

ゆったり系の裏起毛は長袖アンダーシャツのなかで1番暖かいので、
寒すぎる冬の練習には持っておきたい一着です。

タートルネック

つぎの冬のジュニア向け長袖アンダーシャツの種類は、タートルネックタイプ

冬のジュニア向け長袖アンダーシャツの主流はハイネックですが、
それでも冬は首元が寒いのでネックウォーマーで対策してる人もいます。

それもありですが、タートルネックならアンダーシャツだけで首元が暖かくなるんですよね。

しかも、タートルネックで裏起毛タイプもあるので、
とにかく暖かい冬用アンダーシャツが欲しいならコレでしょう。

最高です、もうこたつです。

 

ただ「タートルネック×ネックウォーマー」は暑くなりすぎるので、
そこは臨機応変に対応したいですね。

長袖ウィンドシャツ(シャカシャカアンダーシャツ)

最後5つ目の冬のジュニア向け長袖アンダーシャツの種類は、長袖ウィンドシャツです。

長袖ウィンドシャツは別名シャカシャカアンダーシャツとも呼ばれ、
風を通しにくい素材になってます。

ちょっとした防寒着みたいなものだね!

 

ただ、長袖ウィンドシャツ1枚で着るものでなく、基本的に二刀流です。

コンプレッションのアンダーシャツを着てから長袖ウィンドシャツを着たり、
ゆったり系の長袖アンダーシャツの上から着用したりします。

だからこそ、格段の暖かさを手に入れられるんですよね。

ユニフォームの上に着るタイプのウィンドシャツはこちらで紹介してます。

冬の少年野球の長袖アンダーシャツの選び方

それでは冬の少年野球の長袖アンダーシャツの選び方をお話します。

この3つのポイントで選べば、お子さんに合う冬用のアンダーシャツが見つかります。

着用シーン

1つ目の冬の少年野球の長袖アンダーシャツの選び方は着用シーンです。

アップやダウン

ノックやバッティング

トレーニングやランニングメニュー

冬の少年野球のシーンを分けると大体この3つです。

どのシーンで着用したいか、
決めるといいですね。

 

アップやダウンなら暖かさを最優先にしたほうがいいので、
ゆったり系ゆったり系で裏起毛タイプになってきます。

ノックやバッティングなら暖かさも動きやすさも大切なので、
コンプレッションとゆったり系の二刀流ネックウォーマーもおすすめです。

トレーニングやランニングメニューなら動きやすさが最優先なので、
冬用コンプレッション一択

このように着用したいシーンでどんな長袖アンダーシャツが良いのか決まります。

少年野球におすすめのネックウォーマーはこちらで紹介してます。

代謝レベル

つぎの冬のジュニア向け長袖アンダーシャツの選び方は代謝レベルです。

暑がりなら冬用コンプレッションだけでも十分の可能性はありますし、
少なくとも裏起毛の長袖アンダーシャツは必要ありません。

相当、暖かいからね。

 

逆に寒がりなら裏起毛はマストですし、
冬用コンプレッションと裏起毛の2枚着も選択肢になります。

冬の2枚着はおすすめです。

 

お子さんの代謝レベルで最適なアンダーシャツは変わるので、
日頃からお子さんの代謝レベルをチェックしましょう。

ユニフォームの下に着るタイプのウィンドシャツはこちらで紹介してます。

速乾性&保温性

最後3つ目の冬のジュニア向け長袖アンダーシャツの選び方は、速乾性&保温性です。

冬でも汗をかきやすいなら速乾性は必要ですし、
あまり汗をかかないなら保温性が大切になってきます。

冬の長袖アンダーシャツには速乾性に優れているもの、
保温性を重視してるものなど様々な特徴があるんです。

よく見てみると違うよ。

 

着用するシーンやお子さんの代謝レベルを考慮して、
速乾性&保温性のある長袖アンダーシャツにするかどうか決めたいですね。

冬の少年野球におすすめの防寒対策バッチリの服装一覧はこちらです。

冬の少年野球におすすめの長袖アンダーシャツ

それでは冬の少年野球におすすめの長袖アンダーシャツを紹介します。

この5つのジュニア向け長袖アンダーシャツが優秀です。

アンダーアーマーのコールドギア

1つ目の冬の少年野球におすすめのジュニア長袖アンダーシャツは、
アンダーアーマーのコールドギアです。

冬の少年野球のコンプレッション長袖アンダーシャツは、
アンダーアーマーのコールドギアの一択です。

アンダーアーマーには「夏用」「冬用」「オールシーズン用」の3種類あり、
コールドギアは冬用で生地が少し分厚いんです。

見た目は寒そうですが、
着てみるとそうでもありません。

 

サイズは少年野球ならSサイズをおすすめします。

コンプレッション系は身体にフィットして機能を発揮するので、
多少キツくても小さめのほうがいいんです。

「バッティングやトレーニング時に着たい。」

「暑がりだから、冬用コンプレッションで十分かも。」

こんな風に思ってるかたなら、アンダーアーマーのコールドギアで決まりです。

他の冬におすすめのジュニア向けコンプレッション長袖アンダーシャツはこちらで紹介してます。

アシックスのゆったり系

つづいての冬の少年野球におすすめのジュニア長袖アンダーシャツは、
アシックスのゆったり系の長袖アンダーシャツです。

アシックスは大谷翔平選手が愛用するメーカーの1つです。

ただ、ゆったり系のジュニア向け長袖アンダーシャツは、
どこのメーカーもそこまで変わらない感はあります。

それでもアシックスを選んだのは着心地が良く、
ゆったり系なのに割と動きやすいからです。

ハイネックなのも嬉しいポイント。

 

「アップやダウンのときに着る予定」

「暖かいゆったり系で少しでも動きやすい長袖アンダーシャツがいい。」

そんな風に思ってるならアシックスのゆったり系長袖アンダーシャツでしょう!

他のジュニア向けゆったり長袖アンダーシャツはこちらで紹介してます。

アシックスのゆったり系×裏起毛

3つ目の冬の少年野球におすすめのジュニア長袖アンダーシャツは、
アシックスのゆったり系で裏起毛タイプの長袖アンダーシャツです。

ゆったり系の長袖アンダーシャツの裏起毛タイプもアシックスがおすすめです。

ゆったり系はメーカーによってダボっと感やあり身体にフィットしなさすぎる傾向がありますが、
アシックスのゆったり系×裏起毛はスマートです。

フィットしすぎず、ダボっとしすぎず。
バランスが丁度いいんです。

 

「アップやダウンのときに着用したい。」

「寒がりだから裏起毛を着させてあげたい。」

こんな風に思ってるならアシックスのゆったり系×裏起毛の長袖アンダーシャツです。

他におすすめのジュニア向け裏起毛のアンダーシャツはこちらで紹介してます。

デサントのタートルネック

つぎの冬の少年野球におすすめのジュニア長袖アンダーシャツは、
デサントのタートルネック長袖アンダーシャツです。

タートルネックはデサント一択!

他のメーカーだとタートルネックなのに首元が短かったり、逆にめちゃくちゃ長かったりしますが、
デサントのタートルネックはちょうど良い長さになってます。

しかも裏起毛だから、温かさはMAX!

 

「アップやダウン、軽いキャッチボールで着る予定。」

「とにかく極暖のジュニア向けの長袖アンダーシャツが欲しい。」

そんな風に思ってるなら、デサントのタートルネックがイチオシです。

おすすめのジュニア向けタートルネック長袖アンダーシャツはこちらでも紹介してます。

デサントの長袖ウィンドシャツ

最後5つ目の冬の少年野球におすすめのジュニア長袖アンダーシャツは、
デサントの長袖ウィンドシャツ(シャカシャカアンダーシャツ)です。

デサントの長袖ウィンドシャツはデザインがスマートなので、
アンダーでもアウターでも着られます。

一般的な長袖ウィンドシャツはシャカシャカしててテラテラ系の生地ですが、
デザインのウィンドシャツはテラテラ系ではないので試合でも着用OKです。

一般的な長袖ウィンドシャツは試合で着られません。

 

アンダーシャツとしてもアウターとしても問題なくて、
試合でも着られるデサントの長袖ウィンドシャツは万能です。

「コンプレッション系と2枚着できる長袖ウィンドシャツがほしい。」

「ウィンドシャツを買うならアウターとしても着られるデザインがいい。」

こんな風に思ってるなら、デサントの長袖ウィンドシャツの一択になります。

他のジュニア向け長袖ウィンドシャツはこちらで紹介してます。

寒すぎるなら三刀流がおすすめ

冬の少年野球におすすめの長袖アンダーシャツについてお話しました。

着用シーン

代謝レベル

速乾性&保温性

この3つのポイントで選べば、お子さんに最適な冬の長袖アンダーシャツが見つかります。

もし、寒すぎるなら三刀流がおすすめです。

コンプレッション×タートルネック裏起毛×長袖ウィンドシャツ

まずは冬用コンプレッションアンダーシャツを着て、その上からタートルネックの裏起毛、
そして最後に長袖ウィンドシャツを着る感じです。

この三刀流はゴワゴワ感はあります。

 

でも、アップで身体が温まったら長袖ウィンドシャツを脱いで、
トレーニングやランニングメニューになったらタートルネックを脱ぐ。

そうすれば格別な暖かさを維持しながら、動きやすさも確保できます。

コンボではなくトリプルも、ぜひお試しください。

Twitterをフォローして最新情報を受け取る