少年野球(ジュニア用)の冬用アンダーシャツの選び方

少年野球(ジュニア用)の冬用アンダーシャツの選び方を解説します。

少年野球(ジュニア用)の冬用アンダーシャツには、大きく分けて4種類あります。

・コンプレッション系の冬用アンダーシャツ

・ルーズ系の長袖アンダーシャツ

・ルーズ系裏起毛の長袖アンダーシャツ

・タートルネックの長袖アンダーシャツ

それぞれで特徴が違うので、使い方も変わってきます。

冬の練習は寒いですが動けば暑くなってくるので、
それぞれの特徴に合わせた少年野球用の冬用アンダーシャツを選びましょう!

めちゃくちゃ温かいアンダーシャツなら裏起毛がおすすめです。

少年野球(ジュニア用)の冬用アンダーシャツの種類

少年野球(ジュニア用)の冬用アンダーシャツの種類は4つあります。

・コンプレッション系の冬用アンダーシャツ

・ルーズ系の長袖アンダーシャツ

・ルーズ系裏起毛の長袖アンダーシャツ

・タートルネックの長袖アンダーシャツ

それぞれの特徴をもう少し詳しくお話します。

コンプレッション系

少年野球(ジュニア用)の冬用アンダーシャツの1種類目は、コンプレッション系です。

代表的なのはアンダーアーマーですね!

身体に密着して動きやすいアンダーシャツです。

生地が薄いのでルーズ系のアンダーシャツ と比べると寒いですが、
他のタイプと比べると身体の動かしやすさはダントツです。

冬のハードなトレーニングのときには最適です!

また、コンプレッション系には夏用冬用があります。

ルーズ系

つづいての少年野球(ジュニア用)の冬用アンダーシャツはルーズ系タイプ。

これが一般的な生地だね!

生地が厚いのでコンプレッション系と比べると温かいですが、
身体を少し動かしにくいんですよね。

なので冬のアップのときやキャッチボールなどで着るのがおすすめです。

ルーズ系裏起毛

少年野球(ジュニア用)の冬用アンダーシャツの3種類目は、ルーズ系裏起毛です。

ルーズ系をさらに温かくしたタイプになります。

ルーズ系裏起毛タイプは文字通り、
アンダーシャツの裏側が裏起毛になってるので温かさMAX!

ルーズ系でも寒さを感じる野球少年ならルーズ系裏起毛ですね。

タートルネック

最後の少年野球(ジュニア用)の冬用アンダーシャツはタートルネックタイプ

少年野球(ジュニア用)の冬用アンダーシャツの主流はハイネックですが、
それでも冬は首元が寒かったりします。

首元の寒さ対策でネックウォーマーを着ける人もいるよね!

タートルネックなら首元まで温かいです!

また、タートルネックで裏起毛タイプもあるので、
とにかく温かい冬用アンダーシャツが欲しいならコレでしょう!

ただ、ネックウォーマーが合わない場合もあるので気をつけてくださいね。

ユニフォームの上に着るタイプのウィンドシャツはこちらで紹介してます。

少年野球(ジュニア用)の冬用アンダーシャツの選び方

少年野球(ジュニア用)の冬用アンダーシャツの選び方は、
着用する場面で選ぶのがおすすめです。

・ハードなトレーニング時に着る

・アップなど軽い練習のときに着る。

走り込みなどのハードなトレーニング時にルーズ系だと暑くなるので、
コンプレッション系のアンダーシャツがいいですね!

速乾性があるからね!

冬のアップやキャッチボールなど軽い練習なら、
めっちゃくちゃ温かい長袖アンダーシャツがいいですね。

身体が温まりやすくて、冷えにくいですからね!

逆に冬の軽い練習のときにコンプレッション系だけだと寒くて凍えます…。

冬のどんな練習のときに着たいのか?

この基準で少年野球(ジュニア用)の冬用アンダーシャツを選ぶといいですね!

ユニフォームの下に着るタイプのウィンドシャツはこちらで紹介してます。

おすすめの少年野球(ジュニア用)の冬用アンダーシャツ

それではおすすめの少年野球(ジュニア用)の冬用アンダーシャツを紹介します。

・コンプレッション系の長袖アンダーシャツ

・ルーズ系の長袖アンダーシャツ

・ルーズ系裏起毛の長袖アンダーシャツ

・タートルネックの長袖アンダーシャツ

それぞれのタイプでおすすめの1アイテムだけ厳選しました!

コンプレッション系の長袖アンダーシャツ

コンプレッション系のおすすめの少年野球(ジュニア用)冬用アンダーシャツは、
アンダーアーマーのコールドギアです。

 

コンプレッション系の少年野球(ジュニア用)冬用アンダーシャツなら、
アンダーアーマーのコールドギアの一択です。

アンダーアーマーには夏用、冬用、オールシーズン用があり、
コールドギアが冬用で生地が少し分厚いんですよね!

見た目は少し寒そうなんですけど、
着てみるとそうでもありません。

また、サイズは少年野球なら必ずSサイズにしましょう!

コンプレッション系は身体にフィットして始めて機能を発揮するので、
着用するときに多少キツかったとしてもSサイズのほうがいいです。

ルーズ系の長袖アンダーシャツ

ルーズ系のおすすめの少年野球(ジュニア用)冬用アンダーシャツはアシックスです。

アシックスは言わずと知れたメーカーで、大谷翔平選手も愛用するメーカーの1つです。

ただ正直な話…、ルーズ系の少年野球の冬用アンダーシャツは、
どこのメーカーもあまり変わらない感はあります。

でも、個人的にはアシックスは着心地が良くて、ルーズ系なのに動きやすいんです!

ハイネックなのも嬉しいポイントだね!

ルーズ系裏起毛の長袖アンダーシャツ

ルーズ系裏起毛のおすすめの少年野球(ジュニア用)冬用アンダーシャツもアシックスです。

 

ルーズ系のアンダーシャツは個人的にはアシックス一択なので、
裏起毛タイプもアシックスがおすすめです。

ルーズ系って、メーカーによってはダボっと感というか、
寝巻き感というか、どこかフィットしなさすぎる傾向があります。

アシックスのルーズ系裏起毛のアンダーシャツは良い感じにスマートなんですよね!

フィットしすぎず、ダボっとしすぎず。
バランスがめちゃくちゃ良いです!

ハイネックなのでネックウォーマーは寒さレベルで決めればOKです!

タートルネックの長袖アンダーシャツ

タートルネックのおすすめの少年野球(ジュニア用)冬用アンダーシャツはデサントです。

 

タートルネックならデサント一択です。

他のメーカーだとタートルネックなのに首元が短かったり、
逆にめちゃくちゃ長かったりします。

その点、デサントのターミナルネックはちょうど良い長さなんですよね!

しかも裏起毛だから、温かさはMAXだよ!

とにかく温かいアンダーシャツが欲しい、ネックウォーマーはめんどくさい。

そんな方はデサントのタートルネックのアンダーシャツで決まりです!

首元を温かくできるネックウォーマーはこちらで紹介してます。

寒すぎるなら二刀流がおすすめ!

少年野球(ジュニア用)の冬用アンダーシャツの選び方を解説しました。

少年野球(ジュニア用)の冬用アンダーシャツは、
どんなタイミングで着用するかで選びといいですね!

また、寒すぎる場合には二刀流をおすすめします。

コンプレッション系×タートルネック裏起毛

まずは冬用のコンプレッション系のアンダーシャツを着て、
その上からタートルエックの裏起毛を着る感じです。

この二刀流はめちゃくちゃ温かいですし、
ウィンドウシャツと違ってゴワゴワしないので動きやすいんです!

また身体が温まったら脱げばいいので、着替えるめんどくささもありません。

ぜひ、試してみてください!

Twitterをフォローして最新情報を受け取る