野球におすすめの長袖ゆったり系アンダーシャツまとめ

「野球におすすめのゆったり系の長袖アンダーシャツはどれ?」

こんな風に思ってる方に向けて、ゆったり系の長袖アンダーシャツについてお話します。

春や秋、冬の野球で着たくなるのがゆったり系の長袖アンダーシャツ。

なんだかんだ着てる時期が長いよね。

 

ゆったり系の長袖のアンダーシャツは、どれも同じに見えますが、
実はメーカーごとで機能性が違います。

本記事ではゆったり系の長袖アンダーシャツの選び方、
そして厳選したおすすめのゆったり系の長袖アンダーシャツを紹介します。

ご自身の代謝や季節に最適なアンダーシャツを見つけて、快適にプレーしましょう。

〜最初に結論を知りたい方へ〜

先にイチオシのゆったり系の長袖アンダーシャツをお話します。

一番のおすすめはオンヨネです。

少しの汗で発熱し、多量の汗では冷却してくれる「熱&冷」で柔軟性がありますし、
オールシーズン着用できるタイプなのでコスパも抜群。

一般的なゆったり系の長袖アンダーシャツよりも動きやすいのでイチオシです。

ゆったり系の長袖アンダーシャツの選び方

野球のゆったり系の長袖アンダーシャツの選び方です。

この5つのポイントで選べば最適なゆったり系の長袖アンダーシャツが見つかります。

季節

1つ目のゆったり系の長袖アンダーシャツの選び方は季節です。

」「」「」、どのシーズンに着たいのか決めるのをおすすめしてます。

寒かったら着れば良いんじゃないの?

 

それでも悪くはありませんが…。

春と秋は野球のシーズン中なので防寒しつつ動きやすさも欲しいですし、
冬はシーズンオフなので暖かさだけを追求したくなります。

機動性を優先するなら生地が薄いタイプがいいですし、
暖かさを重視するなら生地は分厚めで、裏起毛なら最高です。

「春と秋」「冬」に最適なゆったり系の長袖アンダーシャツは違うので、
どの季節をメインに着るのかで決めたいですね。

保温性

つづいてのゆったり系の長袖アンダーシャツの選び方は保温性です。

冬に着る予定のゆったり系の長袖アンダーシャツなら保温性が抜群タイプ、
春や秋なら保温性はそこまで重視しなくてもOKだと思います。

暑くなりますからね。

 

ただ、代謝が良いのであれば冬でも保温性ではなく、
速乾性があるゆったり系の長袖アンダーシャツでもいいですね。

速乾性

3つ目のゆったり系の長袖アンダーシャツの選び方は速乾性です。

基本的に春や秋に着るなら速乾性が高いタイプ、
冬に着るなら速乾性はほぼ無視で問題ありません。

暑くなったら脱いだり、
寒くなったら着るのがめんどう…

 

そう思ってるなら保温性と速乾性の二刀流でもいいですね。

相反する機能性なんですけど、二つを持ち合わせたアンダーシャツもあります。

動きやすさ

つぎのゆったり系の長袖アンダーシャツの選び方は動きやすさです。

暖かさと動きやすさを両立できるアンダーシャツは少ないので、
どちらを優先するのか決めておくといいですね。

動きやすさをそこまで求めないなら生地が分厚め、
動きやすさを最優先にするなら生地はできるだけ薄めになります。

動きやすさの最高峰はコンプレッションなので、
比較するのをおすすめします。

 

冬でも着られるコンプレッション長袖アンダーシャツはこちらでお話してます。

生地タイプ

最後5つ目のゆったり系の長袖アンダーシャツの選び方は生地タイプです。

長袖ゆったり系アンダーシャツには主に4つの生地タイプがあります。

生地が薄め

生地が薄めで裏起毛

生地が分厚め

生地が分厚めで裏起毛

4つのなかで1番暖かいのは「生地が分厚めで裏起毛」、
1番涼しくて動きやすいのは「生地が薄め」です。

このように生地タイプも若干変わってくるので、
購入する前になにを求めるのか決めるのをおすすめします。

生地が薄めのアンダーシャツでもシャカシャカがあれば防寒対策はバッチリです。

おすすめのゆったり系の長袖アンダーシャツ

それでは野球におすすめのゆったり系の長袖アンダーシャツです。

数あるメーカーのなかで、この4つを厳選しました。

アシックス

1つ目の野球におすすめのゆったり系の長袖アンダーシャツはアシックスです。

アシックスの長袖ゆったり系アンダーシャツは、
動きやすさが大きな特徴になります。

一般的なゆったり系の長袖アンダーシャツはゴワつくので、動きやすくはありません。

アシックスは適度に生地が身体に密着し、
ゆったり系でも動きやすさを求めた加工になってるんです。

そのため速乾性もあるので着用のベストシーズンは、
春と秋、頑張れば冬でもといった感じになります。

コンプレッションほど密着はしなくて、
ルーズほどダボっとしてないよ。

 

ただ、コンプレッション系には近いので暖かさのレベルは低いです。

「長袖ゆったり系アンダーシャツでも動きやすいタイプがほしい」

「春や秋のシーズン中に着られる長袖ゆったり系アンダーシャツを探してる」

こんな風に思ってるなら、アシックスのゆったり系の長袖アンダーシャツでしょう。

オンヨネ

つぎの野球におすすめのゆったり系の長袖アンダーシャツはオンヨネです。

あまり聞き馴染みのないメーカーかもしれませんが、
プロ野球選手のなかでは主流になってきてます。

オンヨネの長袖ゆったり系アンダーシャツは、
発熱性と冷却性の高さが大きな特徴になります。

オンヨネが採用してるハイグレーターは、
少しの汗で発熱、多量の汗は冷却をする特殊な生地。

これにより相反する発熱性と冷却性を両立させてるので、
オンヨネも着用ベストシーズンは春と秋、頑張れば冬もいけます。

「着るエアコン」とも言われてます。

 

ただ、ゼットやミズノと比べると暖かさは少し劣ります。

「着られるシーズンが長い長袖ゆったり系アンダーシャツがいい」

「シーズン通して着られる長袖ゆったり系アンダーシャツはどれ?」

そんな風に思ってるなら、オンヨネの長袖ゆったり系アンダーシャツを試しましょう!

ゼット

3つ目の野球におすすめのゆったり系の長袖アンダーシャツはゼットです。

ゼットの長袖ゆったり系アンダーシャツは、格別すぎる暖かさが大きな特徴になります。

ゼットの生地は分厚めの裏起毛なので、
暖かさは長袖ゆったり系アンダーシャツのなかでトップクラスです。

着用ベストシーズンは冬で、春と秋は少し暑く感じるかもしれません。

そこまで動きにくくないよ。

 

ただ、アシックスやオンヨネと比べると機動性は良くないです。

「とにかく暖かい長袖ゆったり系アンダーシャツが欲しい」

こんな風に思ってるなら、ゼットの長袖ゆったり系アンダーシャツで決まりです。

ミズノ

最後の野球におすすめのゆったり系の長袖アンダーシャツはミズノです。

ミズノの長袖ゆったり系アンダーシャツは、
保温性と速乾性の二刀流が大きな特徴になります。

ミズノが採用してるゼロプラスは速乾性がありつつ、
長袖ゆったり系アンダーシャツは裏起毛になってます。

それで保温性と速乾性を両立してるので、
着用のベストシーズンは春と秋、冬でも大丈夫ですが少し寒いかもです。

この二刀流はすごいです。

 

ただ、アシックスやオンヨネと比べると機動性は良くないです。

「一般的なバランスの良い長袖ゆったり系アンダーシャツを探してる」

こんな風に思ってるなら、ミズノの長袖ゆったり系アンダーシャツがおすすめです。

冬におすすめの長袖アンダーシャツはこちらで紹介してます。

イチオシのゆったり系の長袖アンダーシャツ

野球のゆったり系の長袖アンダーシャツについてお話しました。

この5つのポイントで選べば、最適なゆったり系の長袖アンダーシャツが見つかります。

イチオシはオンヨネです。

発熱性と冷却性があるので練習でも試合でも助かります。

動いたら暖かいけど、止まると寒いからね。

 

また、オールシーズン着られるのでコスパが良いですし、
防寒対策は少し弱いですが、Vジャン(シャカシャカ)でカバーすればOKです。

発熱性と冷却性の柔軟さ、コスパの良さがオンヨネのイチオシ理由です。

ご自身の代謝や環境に合う長袖ゆったり系アンダーシャツを着て、
寒い日の野球でも快適にプレーしましょう!

Twitterをフォローして最新情報を受け取る