野球におすすめの長袖ウィンドシャツ(シャカシャカアンダーシャツ)

「ユニフォームの下に着る長袖ウィンドシャツが欲しい!」

「おすすめの長袖のシャカシャカってどれ?」

こんな風に思ってる方に向けて、野球の長袖ウィンドシャツについてお話します。

冬の野球の定番・長袖ウィンドシャツは、
別名「シャカシャカアンダーシャツ」とも言われてます。

ウインドブレーカーとかVジャンとは違うの?

 

ウインドブレーカーやVジャンはユニフォームの上から着るアウターの役割ですが、
長袖ウィンドシャツ(シャカシャカアンダーシャツ)は下に着るインナーです。

本記事では野球の長袖ウィンドシャツの種類、
そしておすすめの野球のシャカシャカアンダーシャツを厳選して3つ紹介します。

冬の野球は少しでも暖かい格好をして、身体を温めるのを早くし、
快適にプレーできるようにしましょう!

野球の長袖ウィンドシャツの種類

長袖ウィンドシャツ(シャカシャカ)を着てる人

まずは野球の長袖ウィンドシャツ(シャカシャカ)の種類です。

・生地の素材

・シャカシャカの範囲

長袖ウィンドシャツ(シャカシャカ)は、この2つの部分が違ってる種類があります。

生地の素材

まずは生地の素材です。

野球の長袖ウィンドシャツ(シャカシャカ)には、2種類の生地素材があります。

・シャカシャカしてる素材

・シャカシャカしてない素材

野球の長袖ウィンドシャツは別名「シャカシャカ」と言うくらいなので、
生地の素材はシャカシャカしてるのが一般的です。

ですが、実はシャカシャカしてない素材の長袖ウィンドシャツもあります。

意外と知られてませんが。

 

シャカシャカしてない素材の長袖ウィンドシャツは、
ノックやバッティング練習でも着れたり、試合でも着用可能だったりします。

シャカシャカの範囲

つぎがシャカシャカの範囲です。

・全体(腕、胸、背中)

・胸と背中だけ

野球の長袖ウィンドシャツは、
シャカシャカになってる部分(ウィンド部分)にも2種類あります。

アンダーシャツ全体がシャカシャカになってるのは至極の暖かさがあるんですけど、
汗を拭ける部分が少ないです。

一方で、胸と背中だけがシャカシャカになってるのは全体と比べると少し寒く感じますが、
腕の部分で思う存分に汗を拭くことができます。

どちらにもメリット・デメリットがあるので、自分の代謝と相談するといいですね!

長袖ウィンドシャツと相性の良いネックウォーマーはこちらで紹介してます。

おすすめの長袖ウィンドシャツ(シャカシャカ)

それではおすすめの長袖ウィンドシャツ(シャカシャカ)をご紹介します。

・デサント

・ミズノ

・ZETT(ゼット)

いろんなメーカーの中からこの3つを厳選しました。

ちなみに本記事で紹介する野球の長袖ウィンドシャツは、
基本的にユニフォームの下に着るタイプのものです。

ユニフォームの上から着るVジャンやウインドブレーカーとは違います。

ユニフォームの下に着るタイプなら、
ユニフォームの上から着てもOKだよ!

デサント

まず1つ目のおすすめの長袖ウィンドシャツはデサントです。

デサントの長袖ウィンドシャツの特徴は2つあります。

・アンダーシャツでもアウターでも着れるデザイン。

・生地が光沢テラテラ系じゃないから試合でも着れる。

デサントの長袖ウィンドシャツはシャカシャカ素材ではないので、
試合でも着用可能になってます。(※審判には要確認)

また、デザイン的にもユニフォームの上に着てもダサくありません。

練習にも試合にも使える、
万能型の長袖ウィンドシャツです。

 

「光沢のある長袖ウィンドシャツは着たくない!」

「長袖ウィンドシャツでも動きやすいのが良い!」

そんな風に思ってる方ならデサントの長袖ウィンドシャツで決まりです。

ミズノ

つぎのおすすめの長袖ウィンドシャツはミズノです。

ミズノの長袖ウィンドシャツの特徴は2つ。

・長袖部分がニットで、胸部分がウィンド系

・ハイネックが長い

ほとんどのウィンドシャツは長袖部分までウィンド系なんですけど、
ミズノは長袖部分がニット素材になってます。

普通のアンダーシャツと同じ生地だよ!

 

この生地なら試合で確実に着れますし、汗も拭けますし、
ハイネックになってるので首元は暖かいです。

ただ長袖部分がニットなので、他のシャカシャカと比べると少し寒いです。

「汗を拭ける長袖ウィンドシャツがいい」

「袖の部分はウィンドシャツじゃなくてもOK!」

こんな風に思ってるなら、ミズノの長袖ウィンドシャツでしょう!

ZETT(ゼット)

3つ目のおすすめの長袖ウィンドシャツはZETT(ゼット)です。

ZETT(ゼット)の長袖ウィンドシャツは特徴も2つあります。

・袖元にゴムが付いてる。

・生地がテラテラ系じゃない!

ZETT(ゼット)の長袖ウィンドシャツには袖元にゴムがついてるので、
手首部分から風を通さず、温かさはバツグンです!

また生地はテラテラ系じゃないので、試合に使える可能性もあります。

袖部分のゴムが怪しいので、
審判に確認しましょう!

 

「何よりも寒さ対策をしたい!」

「とにかく温かい長袖ウィンドシャツを着たい!」

こんな風に思ってるならZETT(ゼット)の長袖ウィンドシャツですね!

長袖ウィンドシャツに最適なタートルネック長袖アンダーシャツはこちらで紹介してます。

野球の長袖ウィンドシャツ(シャカシャカ)の着方

野球の長袖ウィンドシャツ(シャカシャカ)の着方です。

基本的に野球の長袖ウィンドシャツは、普通のアンダーシャツの上に着ます。

1枚目にコンプレッションの長袖アンダーシャツを着てから長袖ウィンドシャツを着用したり、
長袖タートルネックの上からシャカシャカアンダーシャツを装着したりするんですよね。

アンダーシャツを2枚着るってことだね。

 

長袖ウィンドシャツ1枚でもプレーできなくはないですが、
そこまで暖かくないですし、シャカシャカが擦れて痛くなりまし、汗も吸収してくれません。

コンプレッションの長袖アンダーシャツやゆったり系アンダーシャツなどなど、
その上から長袖ウィンドシャツを着るようにするといいですね!

ユニフォームと合わせると3枚になります。

 

冬の野球におすすめの長袖アンダーシャツはこちらで紹介してます。

イチオシの長袖ウィンドシャツ(シャカシャカ)はコレ!

冬の野球におすすめの長袖ウィンドシャツ(シャカシャカ)を紹介しました。

・デサント

・ミズノ

・ZETT(ゼット)

この3メーカーの長袖ウィンドシャツ(シャカシャカ)がおすすめです。

どれも暖かくて機能的な長袖ウィンドシャツではありますが、
個人的なイチオシはデサントのシャカシャカアンダーシャツです。

まず生地がテラテラしてないのでノックやバッティング練習、
そして試合でも使えるのが嬉しいポイントです。

また、デザイン的にユニフォームの下にも着られますが、
ユニフォームの上からVジャンのように着用しても違和感がありません。

トータル的なバランスが一番良いので、個人的にはイチオシです!

ご自身に合う長袖ウィンドシャツを装着して、
寒い冬の野球を少しでも快適にプレーしましょう!

Twitterをフォローして最新情報を受け取る