ファーストを守ってる人

ファーストはボールを捕るだけだし、めっちゃ簡単でしょ?
しばしば野球では、こんな風に言われてます。

たしかにファーストのメインプレーは内野手の送球を捕ることです。
でも、ファーストの役割はそれだけではありません。

・バント処理

・適切な状況判断

・ピックオフプレー

などなど、捕球以外のプレーも多いんです。

今回は野球のファーストの特徴(役割)と適正、あと守備位置や動き方のコツをお話していきます。

野球のファーストの役割

ファーストを守ってる人

まずはファーストの役割からお話します。

ファーストの役割は8つあります。

送球を捕る

まず1つ目のファーストの役割は送球を捕るです。

これはOKですよね。

ランナーなしの状態で内野ゴロが飛んだり、振り逃げされたりしたら、
内野手はボールをファーストに投げます。

内野手の送球を確実にキャッチするのがファーストの一番の役割です。

野球の試合で一番アウトが取れる場所はファーストですからね!

牽制球を捕る

つぎが牽制球を捕るです。

ランナーが1塁にいるなら、ピッチャーから牽制があります。

それも確実に捕球するのがファーストの役割です。

後逸したり、大きく逸らしたりするとランナーに進塁されてしまいます。

打球の処理

打球処理をしてるファースト

3つ目のファーストの役割は打球の処理

ファーストには左バッターの強烈な打球が飛んでくることもあります。

それを上手く捕ったり、最低でも前にボールを落としたりするのもファーストの役割です。

ファーストベースが近い分、エラーしてしまったときのチームのガッカリ感はかなり大きいです。

バント処理

つづいてがバント処理です。

ランナー1塁でのバントは、ファースト側がセオリーです。

またランナー1塁・3塁でのセーフティースクイズは、ファースト側にしてくる可能性があります。

点差や試合の流れを意識して、適切にバント処理をするのもファーストの役割です。

相手チームのバントを防げたら、
ファーストのファインプレーです。

ピックオフプレー

5つ目の役割がピックオフプレー

ランナー1塁、ランナー2塁、ランナー1・2塁のケースなら、ピックオフプレーがあります。

いずれのケースもファーストの動きが大切なので、状況に合ったプレーをするのもファーストの役割。

サインミスは論外ですがファーストの動き出しが早くて
相手バッターにバレてもダメです。

思いっきりヒッティングされて、ピンチ拡大に繋がってしまいます。

ピックオフプレーの動き方はこちらで解説してます。

外野手の中継プレー

中継プレイしたファースト

つぎが外野手の中継プレーです。

外野フライや長打などを打たれた場合、ファーストは中継プレーに入ります。

定番はセンター前やライト前ヒットの中継プレーだね!

外野手からの送球を中継するときには、
ボールを捕ってから早く正確に投げるのもファーストの役割です。

握り変えをミスったり、中途半端な送球をしたりするとセーフになってしまいます。

1塁ランナーの動きを伝える

7つ目のファーストの役割は1塁ランナーの動きを伝えるです。

ランナーが1塁にいるときには、盗塁の可能性がゼロではありません。

なのでランナーがスタートをきったら大きな声で「走った!」とバッテリーに伝えるのがファーストの役割です。

キャッチャーはランナーが見えるんですけど、投球が逸れたり、
ショートバウンドになったりしたらボールに集中しないといけません。

そのときにファーストの「走った!」の声があると、
キャッチャーも捕球姿勢を変えられるんですよね。

1塁ランナーの動きを伝えるのもファーストの大切な役割です。

カバー

カバーに入るファースト

最後8つ目のファーストの役割はカバーです。

相手バッターに長打を打たれたときにセカンドベースのカバーに入ったり、
三本間(三塁と本塁の間)プレーのときにはホームのカバーに入ったりするのもファーストの役割です。

またピッチャーが3塁に牽制したら、
サードの送球が逸れてもカバーできるように動くのもファーストの役割です。

ファーストに適正がある人

ファーストに適正がある人

それではファーストに適正がある人の特徴をお話します。

捕球能力が高い

まず1つ目は捕球能力が高いです。

これは内野手の送球だけではなく、

・内野ゴロ

・フライ

・ショートバウンド

・ハーフバウンド

これらすべての捕球能力が高い人はファーストの適正があります。

ファーストがボールを捕れば、
最低でも1つはアウトにできるからね!

どんなバウンドにも合わせられる捕球力があると最高ですね!

適切な状況判断ができる

適切な状況判断ができる人もファーストの適正があります。

ファーストは、ピッチャーとキャッチャーの次に試合でボールを多く触るポジションです。

プレーに関わることが多いので、適切な状況判断が求められます。

たとえばランナー1塁で相手バッターがバントしてきた場合、
ピッチャーが捕るのか、キャッチャーが捕るのか、ファーストが捕るのかの判断もしないといけません。

キャッチャーの指示を待っていたら、
アウトにできない場合もあります。

またボールをセカンドに投げるのかどうかも、
ファーストも判断できればチームにとってはありがたいです。

試合の展開を客観的に見て、適切な状況判断をできる人はファーストの適正があります。

身長が高い

3つ目は身長が高い人です。

低いボールなら誰でも対応ができます。

でも高いボールの守備範囲は身長の高い人が遥かに有利です。

160センチの人が思いっきりジャンプしても
180センチの人が手を伸ばした高さに届かないんだよね。

なので身長の高い人はファーストの適正があります。

股関節が柔らかい

股関節が柔らかいファースト

つづいてが股関節が柔らかい人です。

これは内野手の送球を捕るときに役立ちます。

送球がハーフバウンドになりそうなとき股関節が硬いと伸びることができないので、
上手くハーフバウンドに合わせるか、とりあえずボールを身体で止めるしかできません。

でも股関節が柔らかい人なら思いっきり身体を伸ばせば、
ハーフバウンドをショートバウンドで捕ることも可能
になります。

股関節の硬い人と股関節の柔らかい人では、
アウトにできる可能性が変わるんですよね!

なので股関節の柔らかい人がファーストの適正があると言われてます。

股関節を柔らかくするストレッチ方法はこちらで解説してます。

左利き

左利きの人

最後5つ目は左利きの人ですね。

右利きよりも左利きの人のほうがファーストの適正があります。

これはファーストが送球をするときに有利なんですよね。

たとえばファーストゴロをセカンドに送球する場合、
右利きなら身体を反転させて(※背中をホームに向けて)投げることになります。

でも左利きならそのままセカンドにボールを投げれますよね。

わずかな違いなんですけど、
その分だけ早くセカンドにボールを送れます。

またランナー1塁、3塁で中間守備シフトを敷いててファーストゴロが飛んだ場合
左利きのファーストのほうが有利です。

この状況で右利きのファーストがセカンドにボールを投げようとすると
3塁ランナーから目を離すことになります。

3塁ランナーはこの瞬間に、
本塁突入を狙ってくるよね!

でも左利きのファーストなら、
セカンドにボールを投げるギリギリまで3塁ランナーを見れます!

なので3塁ランナーは走りにくいですし、
3塁ランナーがスタートしても直ぐにボールをホームに投げられますよね。

細かな部分なんですけど、そのコンマの瞬間で試合が決まることもあります。

なので左利きの人はファーストの適正があるんですよね!

ファーストの守備位置

一塁手(ファースト)の守備位置

ファーストの守備位置は主に3パターンです。

・1塁ベースの前

・1塁ベースの横

・1塁ベースの後ろ

この3つの守備位置を試合の展開や相手バッターなどを考えながら使い分けていきます。

ファーストベースの前

ファーストの守備位置:1塁ベースの前

ファーストベースの前で構えたほうがいい場面は、

・送りバント

・セーフティーバント

・バックホーム体制

この3つのケースですね。

ファーストベースの横

ファーストの守備位置:1塁ベースの横

ファーストベースの横が基本的な守備位置です。

この位置ならファーストベースを見失うことはありませんからね!

ファーストベースの後ろ

ファーストの守備位置:1塁ベースの後ろ

ファーストベースの後ろで構えたほうがいい場面は、

・左の強打者

・1塁ランナーがいても牽制をしない状況

この2つのケースですね。

左の強打者なら強い打球に備えたほうがいいですし、
ランナーを無視してバッター勝負をするならファーストベースの後ろにいたほうが守備範囲が広がります。

状況に合わせて守備位置を細かく変えましょう!

ファーストの捕り方や動き方のコツ

ポジショニングが上手いファースト

ファーストの捕り方と動き方のコツです。

内野ゴロやフライなど基本的なことは他のポジションと同じですが、
ファーストならではのコツがあります。

それについて少しお話していきます。

捕り方のコツ

ファーストの送球の捕り方はファーストミットを下から上に動かすのが基本です!

なので送球が来るまえはファーストミットを地面に着くまで下げて、
その位置から捕球するのがコツです。

そうすればショートバウンドやハーフバウンドが来ても焦らずに対応できます。

内野ゴロ処理の基本と同じです!

高めのボールは反応できるので大丈夫です!

動き方のコツ

動き方が上手いファースト

つぎにファーストの動き方のコツです。

いろいろとやることが多くて、動き方に迷うときもあると思います。

そんなときに思い出してほしいのは「何を優先するのか?」です。

・1塁ランナー

・得点圏ランナー

・バッター

試合の展開や点差、打順などで守備側の優先事項は変わってきます。

常に優先順位を考えながら守っていれば、
動き方に迷うことはありません。

逆に「このケースでは、この動き」みたいに覚えてしまうと、
柔軟性がなくなり、1度迷ってしまったらポジショニングが難しくなります。

『今の試合状況なら1番の優先はなにか?』

これを意識するのがファーストの動き方のコツです。

ファーストの上手いチームは常勝チーム!

野球のファーストの役割と適正をお話しました。

試合のなかで1番アウトを取れる場所であり、やることも実は多いのがファーストです。

なのでファーストの上手いチームは常勝チームになれます。

普通のチームは守れない人がファーストをやりますからね。

そこに守備の上手い選手を当てられるのが常勝チームなんです。

Twitterをフォローして最新情報を受け取る