盗塁阻止できたバッテリー

「盗塁阻止のコツを知りたい!」

「盗塁阻止はピッチャーとキャッチャーの共同作業って聞くけど、具体的にどうするの?」

「盗塁阻止をしたいときのピッチャーとキャッチャーの役割を知りたい!」

こんな風に思ってる方に向けて、盗塁阻止のコツを解説します。

ランナーの盗塁を阻止するには、キャッチャーの役割が一番大切です。

「ボールを捕って、早いスローイングフォームで強いボールを投げる」

これをキャッチャーができないと盗塁阻止はできません。

 

ただ!

いくらキャッチャーが素晴らしいセカンド送球をしたとしても、
ピッチャーのモーションが大きく、投球フォームを盗まれたら盗塁阻止はできません。

盗塁阻止するためには、「キャッチャー」にも「ピッチャー」にも役割があるんです!

本記事では盗塁阻止するためのピッチャーとキャッチャーの役割、
そして、それぞれの役割を果たすためのコツを解説していきます。

盗塁阻止はキャッチャーのほうが責任は重たいですが、
ピッチャーの協力がなければランナーをアウトにはできません。

盗塁阻止の1番のコツは、キャッチャーとピッチャーが協力することなのです!

盗塁阻止のコツはキャッチャーとピッチャーの協力

盗塁阻止をするためには、キャッチャーのスキルアップは必須です。

握り変えの精度を上げたり、コンマ1秒でも早く投げるために送球フォームを改善したり、
二塁ベースにドンピシャに投げられるようにコントロールを良くしたりと。

キャッチャーは盗塁阻止をするために、これらの技術を磨く必要はありますが、
実はそれだけでは限界があるんですよね。

盗塁阻止するためにはピッチャーの協力も不可欠になってきます。

たとえばピッチャーがランナーをまったく見ずに無警戒だったり、
投球モーションを盗まれたりすると、キャッチャーがどれだけ頑張っても盗塁阻止は不可能です!

盗塁阻止のコツは、キャッチャーとピッチャーが協力すること。

・キャッチャーは、二塁送球タイムを上げる。

・ピッチャーは、ランナーのスタートを少しでも遅らせる。

それぞれの役割をしっかりと果たすことが、盗塁阻止のコツです。

盗塁阻止はキャッチャー1人でも
ピッチャー1人でもできないんだよね。

 

ピッチャーはランナーのスタートを遅らせ、
キャッチャーはコンマ1秒でも早く投げてランナーをアウトにする。

この共同作業が一番の盗塁阻止のコツです。

盗塁阻止のキャッチャーの役割

まずは盗塁阻止のキャッチャーの役割です。

盗塁阻止のキャッチャーの役割は、
早いモーションで強いボールを内野手がタッチしやすい位置に投げる」ことです。

・早く捕る

・強いボールを投げる

・内野手がタッチしやすいところに投げる

盗塁阻止するためにキャッチャーは、この3つのスキルを磨きましょう。

早く捕る

1つ目の盗塁阻止するためのキャッチャーの役割は、早く捕ることです。

ピッチャーがランナーを警戒して投げやすいボールを投げても、
キャッチャーが早く捕れなかったら意味がありません!

どうやったら早くボールを捕れるのか?

これを極めることがキャッチャーの1つ目の役割です。

 

その役割を果たすには「正しいスローイングフォーム」を身につけるのがマストになってきます。

ただ、これは1日で身につくものではないので、
毎日のキャッチボールなどで正しいフォームを意識しつづけるといいですね。

キャッチャーのスローイングフォームはこちらで解説してます。

強いボールを投げる

つづいての盗塁阻止するためにキャッチャーの役割は、強いボールを投げることです。

・握り替えを早くする

・肩を強くする

キャッチャーが強いボールを投げるには、この2つが重要になります。

上手く握り変えをできなければボールに力が伝わりませんし、
肩が弱いよりも強いほうが速いスローイングをできますよね。

この辺りも1日で身につかないんだよね〜

 

どんなボールでも正確に握り替えができるように意識したり、
少しでも肩が強くなるように鍛錬したりするといいですね。

キャッチャーのボールの握り替えや肩を強くする練習方法はこちらで解説してます。

内野手がタッチしやすい位置に投げる

最後3つ目の盗塁阻止するためのキャッチャーの役割は、
内野手がタッチしやすい位置に投げることです。

当然ですが、キャッチャーがどれだけ早く捕って、強いボールを投げられたとしても、
内野手がランナーにタッチするまでに時間がかかったらアウトにできませんよね。

盗塁阻止をするには、キャッチャーのコントロールも重要です。

キャッチャーのベストな送球位置は、ベース左半分の上50センチ付近。

【キャッチャー送球のベストな位置】

キャッチャーの2塁送球の位置(内野手がタッチしやすい位置)

この位置なら内野手はタッチしやすいですし、
追いタッチにもならないですし、ランナーにボールを蹴られることもありません。

サードベースへの送球も同じ感じです。

 

キャッチャーは盗塁阻止をするために素早さだけではなく、
内野手がタッチしやすい位置にドンピシャで投げられるコントロールも磨きましょう!

キャッチャーの二塁送球タイムを上げる7つのコツを下記ブログ記事で解説してます。

盗塁阻止のピッチャーの役割

つづいて、盗塁阻止するためのピッチャーの役割です。

盗塁阻止のピッチャーの役割は、ランナーのスタートを遅らせること。

・牽制をする

・クイックモーションで投げる

・投球テンポを変える

・キャッチャーが投げやすい位置に投げる

ピッチャーは盗塁阻止の役割を果たすために、この4つのスキルを磨きましょう。

牽制をする

まず1つ目の盗塁阻止するためのピッチャーの役割は牽制です。

牽制1つするか、しないかで
盗塁阻止できる可能性は変わるよ!

 

盗塁しそうなランナーだったり、足の速そうなランナーだったり、
相手ベンチが何か仕掛けてきそうな雰囲気があったりしたら、ピッチャーは牽制をしましょう!

ピッチャーの牽制には2種類あります。

・セットポジションに入る前の牽制

・セットポジションに入ってからの牽制

ピッチャーはランナーのリードの仕方を見ながら、
この2つの牽制を使い分けるといいですね!

また、キャッチャーから牽制サインを出すのも効果的になります。

キャッチャーの牽制サインの出し方はこちらで解説してます。

クイックモーションで投げる

つぎの盗塁阻止するためのピッチャーの役割は、クイックモーションで投げることです。

ピッチャーがセットポジションで投げてるけど、
ゆったりとしたフォームで投球したら、ランナーに余裕を与えてしまいます。

盗塁阻止をするには、ピッチャーのクイックモーションはマストです。

・全体的にフォームのスピードを早くする

・上げる足の動きを小さくする

・上げる足のスピードだけを早くする

このようにピッチャーには様々なクイックモーションがあるので、
いろいろと試して、しっくり来るものを選ぶといいですね。

ピッチャーが時々クイックモーションで投げたり、
クイックモーションに種類があったりするだけでも、ランナーのスタートは遅くなります。

ランナーに迷いが生まれますからね。

 

ただ、クイックモーションを意識しすぎて自分のボールを投げられなくなったら本末転倒です。

強いボールを投げられるクイックモーションをまずは身につけて、
それから他の種類のクイックモーションに挑戦しましょう。

投球テンポを変える

3つ目の盗塁阻止するためのピッチャーの役割は、投球テンポを変えることです。

・セットポジションに入って、すぐに投げる

・セットポジションに入って、長く持ってから投げる。

こんな風に投球テンポを変えるだけでも、
ランナーに迷いが生まれ、スタートが遅くなります。

ただ、注意点が2つあります。

まず1つ目は「完全静止する」です。

これはセットポジションに入ってすぐ投げる場合にありがちなんですけど、
完全静止してない状態で投げるのはボークです。

しっかりと静止してから投げよう!

 

もう1つは「ボールを受け取ってから20秒以内に投げること」

これはセットポジションに入ってから長く持って投げる場合にありえます。

キャッチャーからボールを受け取って20秒以内に投げないと、ボール宣告されます。

自分の頭のなかで時間を計る必要はありませんが、
あまり長く持ちすぎないようにするといいですね!

キャッチャーが投球テンポをコントロールする方法はこちらで解説してます。

キャッチャーが投げやすい位置に投球する

最後4つ目の盗塁阻止するためのピッチャーの役割は、
キャッチャーが投げやすい位置に投球することです。

単独スチールしか考えられないケースなら、
ピッチャーはキャッチャーが二塁に投げやすいところに投球しましょう。

なるべく「身体で止めないといけないワンバンド」や「ジャンプして捕る高いボール」などは、
投げないようにするといいですね!

相手バッターのベルト辺りがキャッチャーは投げやすいので、
その位置を目掛けて投球をしましょう。

キャッチボールと同じく、思いやりが大切です。

 

ただ、エンドランがありそうなケースなら話は別になります。

バッターがボールを見逃す気がなく、エンドランをしてくるなと思ったら、
バットに当てさせない位置に投球をするといいですね。

そのとき高めでボールを外すよりも、ショートバウンドにしたほうがバッターは打ちにくいですし、
キャッチャーも止めやすいのでおすすめです。

盗塁阻止は1人ではできない

盗塁阻止のコツを解説しました。

盗塁阻止は、1人ではできません。

ピッチャーとキャッチャーの共同作業なんです!

【キャッチャーの役割】コンマ1秒でも早くコントロールされたボールを投げる

【ピッチャーの役割】コンマ1秒でもランナーのスタートを遅らせる

それぞれがお互いの役割を果たせば、盗塁したランナーをアウトにできます。

そのために日々の練習でピッチャーもキャッチャーも個人スキルを磨き、
試合では協力して1つでも多くの盗塁を阻止しましょう。

ピッチャーとキャッチャーが一体になるが、盗塁阻止の最大のコツです!

Twitterをフォローして最新情報を受け取る