インフィールドフライを捕ってる守備陣

「インフィールドフライって、なに?」

「審判がインフィールドフライと判断する条件を教えてほしい!」

「インフィールドフライでランナーが進塁したけど、これはどういうこと?」

こんな風に思ってる方に向けて、野球のインフィールドフライについて解説します。

インフィールドフライとは、ある条件下でバッターがフライを打つと、
守備側がフライを捕る・捕らないに関わらず、バッターがアウトになる野球のルールです。

インフィールドフライの概要だけだと簡単そうなルールなんですけど、
試合の状況によっては混乱するルールでもあります。

・野手がフライを落球したら?

・タッチアップはできるの?

・ファールゾーンのフライなら?

・バントのフライはインフィールドフライになる?

このようにインフィールドフライのルールには、
野球経験者でも一瞬「あれ?どうだった?」と迷ってしまう瞬間があるんですよね。

意外とややこしいんだよね。

 

そのためインフィールドフライの条件や特徴を知っておけば、
野球をもっと楽しめますし、野球をやってる人ならヒーローになれます。

本記事ではインフィールドフライの条件やどうしてインフィールドフライのルールはあるのか、
そして、試合の状況によってインフィールドフライのルールはどうなるのかをお話します。

インフィールドフライは野手が普通にフライを捕れば、なにも起こりません。

ただ、難しいフライだったり、落球したり、ファールゾーンへのフライだったりすると、
ランナーがどのタイミングで進塁できるのかが変わってくるんですよね。

インフィールドフライの細かい条件を把握して、野球をもっと楽しみましょう!

インフィールドフライの条件

まずはインフィールドフライの条件をお話します。

インフィールドフライの条件

・アウトカウント:0アウトや1アウト

・ランナー:1塁&2塁や満塁

・フライ:フェアグラウンド内の内野フライ

この条件が揃うと、審判はインフィールドフライと宣告します。

外野フライやライナーでは適用されません。

 

そして審判がインフィールドフライと判断したら、
バッターは内野手がフライを捕る、捕らないに関係なくアウトです。

内野手がフライを捕らなくても、
バッターはアウトっていうのがポイントだね。

 

バッターはインフィールドフライの時点でアウトになりますが、
ランナーは守備側がフライを捕るか捕らないかで進塁方法は変わります。

ここも重要なポイントなので抑えておきましょう!

詳しくは「インフィールドフライを落球したら?」で解説します。

インフィールドフライとはバッターが特定の条件下でフライを打ったらアウトになり、
ランナーは守備陣がフライを捕るか捕らないかで進塁方法が変わるルールです。

なぜインフィールドフライはあるの?

具体的なインフィールドフライのお話をするまえに、
なぜインフィールドフライはあるのかを少し解説します。

野球のルールにインフィールドフライがある理由は、攻撃側の不利な状況をなくすためです。

インフィールドフライが適用される条件下で、
内野手がフライを故意落球(わざとフライを落とす)したらどうなると思いますか?

「0アウト」か「1アウト」で、
ランナーが「1塁&2塁」か「満塁」の場面です。

 

「0アウト、ランナー1塁&2塁」のケースで詳しく解説します。

バッターが内野フライを打ったら、ランナーは帰塁するルール(タッチアップと同じ)があるので、
基本的に1塁ランナーは1塁ベースに、2塁ランナーは2塁ベースに戻らないといけません。

このような状況で内野手が故意落球をしたり、
フライを捕れなかったりしたらランナーは次塁へ進塁する必要があります。

内野ゴロと同じだからね。

 

でもランナーは帰塁してるので次塁までの距離がありますし、
ランナーがつまってる状況なのでタッチプレイではなく、フォースアウトプレイです。

なので「0アウト、ランナー1塁&2塁」で守備側がフライを落としたら、
3塁に投げても2塁になげても1塁に投げても攻撃側はアウトになってしまうんです。

そして、ボールはフライを落とした野手の近くにあります。

つまり、わざと守備側がフライを落とせば3塁にボールを投げて1アウト、
そのあとに1塁に投げれば2アウトでダブルプレー。

もしくは、3塁にボールを投げて1アウト、
つぎに2塁、最後に1塁に送球すればトリプルプレーを狙えるんです。

もし野球にインフィールドフライのルールがなければ、
このように特定の条件下でバッターが内野フライを打ったら、
圧倒的に攻撃側が不利になってしまうんですよね。

攻撃側の不利的な状況をなくすために、インフィールドフライのルールはあります。

インフィールドフライを落球したらどうなる?

それでは細かい状況下でのインフィールドフライのルールについて解説していきます。

まずは、内野手がインフィールドフライを落球した場合です。

審判がインフィールドフライと宣告して、
内野手がフライと捕ったらランナーは帰塁する必要があります。

普通にフライが上がったときと同じルールです。

 

では、インフィールドフライと宣告されたのに内野手がフライを落としたら、
ランナーの進塁方法はどう変わるのか?

バッターはアウトですが、ランナーは帰塁する必要がなくなります。

インフィールドフライを内野手が落球をしたら内野ゴロと同じ扱いになるので、
ランナーは帰塁することなく、次の塁を狙えるんですよね。

ただ、内野手がフライを捕る可能性のほうが高いですし、
フライを落としても野手の近くにボールはあるので、ランナーが進塁するのは厳しいと思います。

フライが上がれば基本的に帰塁するからね。

 

一方でインフィールドフライを落とした守備側はランナーは基本的に帰塁してるので、
落球しても落ち着いてボールを捕りにいけばOKです。

あと、もしインフィールドフライを落球してランナーが進塁したら、
フォースプレーではなくタッチプレーになります。

タッチを忘れないようにしたいですね。

 

インフィールドフライと審判が宣告をしたらバッターは無条件でアウトです。

そして、ランナーは守備側がインフィールドフライを捕れば帰塁しないといけないですが、
フライを落としたらランナーは帰塁する必要がなくなります。

これはインフィールドフライの大きなポイントです。

攻撃側にとっても守備側にとっても覚えておくべきポイントになります!

インフィールドフライでタッチアップはできる!

つづいて、インフィールドフライでタッチアップができるかどうかです。

結論から言うと、インフィールドフライでもタッチアップはできます。

普通のフライと同じだからね!

 

ただ、審判がインフィールドフライと判断するのは内野フライなので、
タッチアップが成功する確率はかなり低いです。

内野手の捕球姿勢が悪かったら、
狙ってみるのもありです。

 

守備側はインフィールドフライでタッチアップが絶対にないとは言い切れないので、
ランナーの状況をちゃんと確認するといいですね。

とくにキャッチャーはランナーの様子を見て、内野手に声かけをしましょう!

インフィールドフライがファールゾーンだったら?

つづいてインフィールドフライがファールゾーンに飛んだ場合です。

内野フライでも明らかにファールゾーンに打球が飛んでるなら、
審判はインフィールドフライを宣言しません。

守備側がファールフライを捕球すればバッターはアウトですし、
ボールを落としてもファールとなり、ランナーは進塁できませんからね。

普通のファールフライと同じだね。

 

「ファール」か「フェア」か微妙なときは、インフィールドフライと宣告する審判が多いです。

結果的にファールゾーンになって内野手がフライを捕ればバッターはフライアウト、
内野手がフライを落球したらファールとカウントし、バッターはアウトになりません。

一方でフェアゾーンだった場合は、通常のインフィールドフライと同じく、
内野手がフライを捕る、捕らないに関係なくバッターはアウトです。

インフィールドフライがファールゾーン&フェアゾーンのギリギリに飛んだら、
攻撃側はタッチアップを狙い、守備側はタッチアップに気をつけましょう!

バントフライにインフィールドフライは適用される?

最後に、バントフライがインフィールドフライになるかどうかです。

結論から言うと、バントフライにインフィールドフライは適用されません。

インフィールドフライの条件下でバッターがバントの構えをして、
打球がフライになってもインフィールドフライにはならないんですよね。

守備側がバントフライを捕ったら、
バッターをアウトにできます。

 

バントフライはインフィールドフライにはならないので捕りにいくべきですが、
実はここに守備側の魅せ所があります。

バントがフライになったら、基本的にランナーは帰塁しますよね。

そして、バントフライはインフィールドフライにはならないので、
フライを落とせばバッターランナーも1塁まで走る必要があります。

この流れを覚えておけば、
守備側の魅せ場にできるのです!

 

たとえば0アウト、ランナー1塁&2塁でキャッチャー前にバントフライが上がったとします。

普通にフライを捕れば1アウトしか奪えませんが、
フライをワンバウンドさせてから捕球をすればダブルプレー以上を狙えますよね。

フライが上がった時点でランナーは帰塁してるので3塁に投げれば余裕でアウトですし、
バッターはバントがフライになったら走らないことが多いので、1塁でのアウトも可能です。

ボールを3塁に投げ、サードが2塁に転送し、
1塁もアウトにできればトリプルプレーにもなるよね!

 

バントフライがインフィールドフライではないからこそできる頭脳プレーになります。

ただ、このプレーのポイントは故意落球だと審判に判断されないことです。

審判が故意落球とジャッジをすればフライキャッチと同じ扱いになり、
バッターの1アウトしか奪えなくなります。

審判に故意落球だと思われないように、
ショートバウンドのタイミングでバントフライを捕球するといいですね。

グローブにボールを当ててから落とすと、
審判は故意落球と判断する可能性が高いです。

 

バントフライはインフィールドフライではないので、いろいろと考えてプレーをしましょう!

 

故意落球についてはこちらで解説してます。

落球してもキャッチャーは冷静に指示を出そう!

野球のインフィールドフライの条件を解説しました。

インフィールドフライの条件

・アウトカウント:0アウトや1アウト

・ランナー:1塁&2塁や満塁

・フライ:フェアグラウンド内の内野フライ

このようにランナーが詰まってる状況で、
バッターが内野フライを打ったら審判はインフィールドフライと宣言します。

普通のインフィールドフライは、とてもシンプルなルールなんですよね。

ですが、試合の状況や内野手のプレーによってランナーの進塁ルールが変わるので、
その辺りは必ず覚えておいて、キャッチャー は冷静に指示を出しましょう!

Twitterをフォローして最新情報を受け取る