インフィールドフライを捕ってる守備陣

今回は、野球のインフィールドフライの条件をお話します。

むずかしいルールに思えるかもですが、もの凄くシンプルなプレーです。

ただ、いろいろな状況で混乱する時もあります。

・落球したら?

・タッチアップはできる?

・ファールゾーンだったら?

・バントのフライは適用される?

こんな風にインフィールドフライには、少しややこしいパターンもありますよね。

そんな状況になってもキャッチャーは落ち着いて内野手に指示を出しましょう!

インフィールドフライの条件

インフィールドフライの条件は、

「0アウト」か「1アウト」で、ランナーが「1塁、2塁」か「満塁」の場面で、バッターがフェアグランドに内野フライを打ったら適用されます。

(※外野フライ、ライナーでは適用されません)

審判がインフィールドフライを宣告したらバッターはアウトです。

ランナーは内野手がフライを捕るか捕らないかで、進塁方法は変わります。

なので、必ずしもランナーは帰塁しないといけないわけではないです。

ここがポイントです。(※繰り返します)

インフィールドフライが宣告されたら、バッターがアウトになるだけなんです。

ランナーはプレーの状況によって変わります。

守備側はここを抑えておけば、あらゆる状況にも冷静に判断できます。

なぜインフィールドフライなんてあるの?

なぜインフィールドフライなんてルールがあるんでしょうか?

それは攻撃側の不利な状況をなくすためなんです。

どういうことかって言うと、

インフィールドフライが適用される条件下で(「0アウト」か「1アウト」で、ランナーが「1塁、2塁」か「満塁」の場面)
内野手がフライを故意落球したらどうなるでしょうか?

簡単にダブルプレーを取られますし、下手したらトリプルプレーになります。

内野フライが上がったらランナーは帰塁しますよね。

でも内野手がフライを落としたら進塁しないといけません。(内野ゴロと同じ条件です)

そうなると、

たとえば「0アウト」でランナーが「1塁、2塁」で内野手が落球したら、内野手は2塁に投げて1塁に転送すればダブルプレーが簡単に成立します。

(1塁ランナーは帰塁してるので)

また内野手が3塁に投げて、次に2塁に転送し、1塁もアウトになれば、トリプルプレーの完成です。

明らかに攻撃側が不利になります。

なのでインフィールドフライは、攻撃側の不利的な状況をなくすためのルールなんです。

インフィールドフライを落球したら?

審判がインフィールドフライを宣告して、

内野手がフライを捕ったらランナーは帰塁する必要があります。

普通にフライが上がったときと同じです。

じゃあ、インフィールドフライを内野手が落球したらどうなるのか?

これはそこまでややこしくありません。

バッターはアウトで、ランナーは帰塁する必要はないです。

ランナーは内野ゴロと同じ条件になります。

なので内野手が落球したなら、ランナーは帰塁する必要がなく、次の塁を狙ってもOKなんです。

ただ内野手がフライを捕る可能性のほうが高いので、ランナーが進塁するのは結構きびしいです。

守備側はランナーは帰塁してるので、落球しても落ち着いて処理すると良いですね。

もしインフィールドフライを落球してランナーが進塁したら、フォースプレーではなく、タッチプレーになります。

(バッターはアウトになってるので)

なのでタッチを忘れないようにしましょう!

インフィールドフライでタッチアップはできる?

インフィールドフライで、タッチアップはできます。

普通のフライと同じですからね!

ただ内野フライなので、成功する確率は少ないと思います。

守備側はタッチアップが絶対にないとは言い切れないので、ランナーの状況をちゃんと見といたほうが良いです。

キャッチャーは声かけをしましょう!

インフィールドフライがファールゾーンだったら?

つぎにインフィールドフライがファールゾーンだったらどうなるか?

これはめっちゃ簡単です。

普通にファールです。

むしろファールゾーンにフライが上がったら、審判はインフィールドフライを宣告しません。

普通にファールですからね。

ただ「ファール」か「フェア」か微妙なときがあります。

この場合、審判はインフィールドフライと宣告することが多いです。

「ファールゾーン」だったら普通にファールで、「フェアゾーン」だったらバッターはアウトにするよ!

こんな感じです。

なので守備側はファールゾーンだったら、ランナーのタッチアップを気をつけましょう!

バントフライにインフィールドフライは適用される?

バントフライは、インフィールドフライを適用されません。

守備側がフライを捕ってから、バッターはアウトになります。

バントフライが上がった時点では、バッターはアウトにならないんです。

守備側はここに魅せ所があります。

フライが上がったら、ランナーは帰塁します。

インフィールドフライは適用されないのでバッターも1塁に走ります。

なので守備側はわざとフライをショートバウンドで捕球すれば、ダブルプレー、トリプルプレーのチャンスが生まれますよね。

たとえば「0アウト」でランナーが「1塁、2塁」の場面で、キャッチャー前にバントフライが上がったとします。

フライを捕る構えだけしておいてワンバウンドしてから捕球し、ボールを3塁に投げ、サードが2塁に転送し、1塁もアウトになればトリプルプレーの完成です。

この頭脳プレーのポイントは、故意落球と判断されないことです。

ショートバウンドで捕球すれば故意落球ではありませんが、グローブに触ったりしたら審判は故意落球と判断する可能性が高いです。

なのでバントフライが上がったらグローブでは触れずに、ワンバウンドしてから捕球するようにしましょう!

故意落球との違いはこちらで解説してます。

落球してもキャッチャーは冷静に指示を出そう!

インフィールドフライの条件を解説しました。

インフィールドフライのルールは簡単です。

そこまでややこしくはありません。

ただ、いろんな条件によって守備側のプレーは変わるので、キャッチャー は冷静に指示を出すと良いです。

とくに普通に落球してしまった場合ですね。

内野手はテンパることが多いので、次のプレーを大きな声で指示しましょう!

Twitterをフォローして最新情報を受け取る