ピッチング練習をしてるキャッチャーとピッチャー

パスボールとワイルドピッチの違いは何のか?

結論からいうと、
「パスボール」はキャッチャーのエラーで、「ワイルドピッチ」はピッチャーのエラーです。

ただ見分け方が難しいので、その違いをお話します。

明らかなボール球ならしょうがないですが、キャッチャーなら後逸ゼロを目指したいですね!

パスボール(捕逸)とは?

パスボール(捕逸)は、野球規則では下記のように定義されてます。

普通の守備でなら保持することができたと思われるピッチャーの正規の投球を、キャッチャーが保持または処理しないで、ランナーを進塁させたときには、キャッチャーに捕逸が記録される。

公認野球規則

パスボール(捕逸)とは塁上にランナーがいる状況で、
ピッチャーが捕れるボールを投げたのにキャッチャーが捕れず、
ランナーが進塁した場合に記録されます。

ランナーがいない状態なら、記録上ではパスボールにはなりません。
記録上のミスではないといって、パスボールをしていいわけではありませんよ!

リズムが悪くなるので、どんな場面でも止めるようにしましょう!

ワイルドピッチ(暴投)とは?

ワイルドピッチ(暴投)は野球規則で下記のように定義されてます。

ピッチャーの正規の投球が高すぎるか、横にそれるか、低すぎたためにキャッチャーが普通の守備行為では止めることも処理することもできず、そのためにランナーを進塁させた場合には、暴投が記録される。
(1)ピッチャーの正規の投球が、本塁に達するまでに地面に当たり、キャッチャーが処理できずそのためにランナーを進塁させた場合には、暴投が記録される。

公認野球規則

ワイルドピッチ(暴投)とは、ピッチャーが捕れないボールを投げたときに記録されます。

・キャッチャーがジャンプしても捕れないボール

・キャッチャーズボックスから横に大きく外れたボール

・ハーフバウンドのボール

ピッチャーがこのようなボールを投げて、
ランナーが進塁したときにワイルドピッチと判断されます。

「パスボール」と「ワイルドピッチ」の違い

「パスボール(捕逸)」と「ワイルドピッチ(暴投)」の違いをまとめます。

パスボールはキャッチャーのエラーで、ワイルドピッチはピッチャーのエラーです。

捕れるボールを捕れないのはキャッチャーの責任だし、
捕れないボールを投げるのはピッチャーの責任ですよね。

こんな感じで覚えておけばOKです!

キャッチャーは後逸ゼロを目指そう!

キャッチャーが捕れないところにボールを投げるのは、ピッチャーのエラーです。

でもエラーをカバーするのがチームワーク!

キャッチャーは手の届く範囲なら後逸ゼロを目指しましょう!

ショートバウンドをすべて止めれば、
ピッチャーは安心して低めのボールを投げられるし、
パスボールやワイルドピッチが怖いケースでも思い切って腕を振れます。

また自チームからの信頼を勝ち取れるし、ランナーもワンバンゴーをしにくくなるんですよね!

キャッチャーは勝利に導くことが一番の役割です。

手の届く範囲であれば、すべて止めてやる!」そんな気概をもちましょう!

ただ…、ジャンプしても届かないボールとか横っ飛びしても捕れないボールは無理です。

そんなボールをピッチャーが投げないように練習に付き合ったり、
日頃からコミュニケーションを取ったりするといいですね!

ショートバウンドの止め方は下記ブログ記事で解説してます。

ピッチャーに思いっきり投げてもらうために

「パスボール」と「ワイルドピッチ」の違いをお話しました。

パスボールはキャッチャーのエラーで、ワイルドピッチはピッチャーのエラーです。

ただ勝敗の8割はピッチャーの調子で決まりますし、野球は助け合いのスポーツ!

ピッチャーが思いっきり腕を振れるように
すべて止めてやるから思いっきりこい!」と声をかけてあげましょう。

Twitterをフォローして最新情報を受け取る