ピッチング練習をしてるキャッチャーとピッチャー

「パスボールとワイルドピッチって、何が違うの?」

こんな風に思ってる方に向けて、パスボールとワイルドピッチの違いを解説します

結論から言うと「パスボール」はキャッチャーのエラーで、
「ワイルドピッチ」はピッチャーのエラーとなる記録です。

ただ言葉で説明するのは簡単なんですけど、見分け方はとても難しいんですよね。

本記事ではパスボールとワイルドピッチの違いと見分け方、
キャッチャーの捕逸をゼロにする考え方を解説します。

明らかなボール球はしょうがないですが、キャッチャーは後逸ゼロを目指しましょう!

パスボール(捕逸)とは?

まずはパスボール(捕逸)についてです。

パスボール(捕逸)は、公認野球規則で下記のように定義されてます。

普通の守備でなら保持することができたと思われるピッチャーの正規の投球を、キャッチャーが保持または処理しないで、ランナーを進塁させたときには、キャッチャーに捕逸が記録される。

公認野球規則

少し硬い説明なので簡単に説明します。

「普通に守れば捕れるピッチャーのボールを
キャッチャーが捕れなかったらパスボールになる」ってことです。

ただ、キャッチャーのパスボールが記録されるのは条件があります。

それはランナーがいる状況でキャッチャーがパスボールをし、
その影響でランナーが進塁したらキャッチャーのパスボールと記録されるんです。

なのでランナーがいない状況ならキャッチャーのパスボールは記録されませんし、
ランナーが塁上にいてもパスボールによって進塁されなければ記録されません。

キャッチャーが普通に捕れるピッチャーのボールを捕れなくて、
ランナーが進塁したらパスボールと記録されるんですよね。

ワイルドピッチ(暴投)とは?

つづいてワイルドピッチ(暴投)です。

ワイルドピッチ(暴投)は、公認野球規則で下記のように定義されてます。

ピッチャーの正規の投球が高すぎるか、横にそれるか、低すぎたためにキャッチャーが普通の守備行為では止めることも処理することもできず、そのためにランナーを進塁させた場合には、暴投が記録される。
(1)ピッチャーの正規の投球が、本塁に達するまでに地面に当たり、キャッチャーが処理できずそのためにランナーを進塁させた場合には、暴投が記録される。

公認野球規則

ワイルドピッチ(暴投)とは、
ピッチャーがキャッチャーの捕れないボールを投げたときに記録されます。

・キャッチャーがジャンプしても捕れないくらい高いボール

・キャッチャーズボックスから横に大きく外れたボール

・ハーフバウンドのボール

このようにピッチャーがキャッチャーの捕れないボールを投げたとき、
ワイルドピッチ(暴投)と記録されます。

ただ、こちらもパスボールと同様にワイルドピッチが影響して、
ランナーに進塁を許したときだけワイルドピッチの記録がつきます。

なのでランナーがいない場合にピッチャーがキャッチャーの捕れないボールを投げても、
記録上はワイルドピッチにはならないんですよね。

 

インフィールドフライと故意落球の違いはこちらで解説してます。

「パスボール」と「ワイルドピッチ」の違い

それでは「パスボール(捕逸)」と「ワイルドピッチ(暴投)」の違いをまとめます。

パスボールはキャッチャーのエラーで、ワイルドピッチはピッチャーのエラーです。

捕れるボールを捕れないのはキャッチャーの責任ですし、
捕れないボールを投げるのはピッチャーの責任になりますよね。

こんな感じで覚えておけばOKです!

 

ただ、パスボールもワイルドピッチもランナーがいない状況なら記録されませんし、
塁上にランナーがいても進塁されなかったら記録は残りません。

記録に残らないからって、
パスボールもワイルドピッチもしていいわけではないよ!

 

パスボールもワイルドピッチも自チームのリズムが悪くなるので、
いかなる状況でもパスボールやワイルドピッチはなるべくしないように気をつけましょう!

 

フィルダースチョイスとエラーの違いはこちらで解説してます。

キャッチャーは後逸ゼロを目指そう!

余談ですが…、キャッチャーは捕逸ゼロを目指しましょう!

キャッチャーが捕れないところにボールを投げるのはピッチャーのエラーですが、
エラーをカバーするのがチームワークですよね。

ピッチャーも一生懸命に投げてます。

そのなかでの暴投なのでキャッチャーは手の届く範囲であれば、
すべて捕ったり、ボールを前で止めたりしたいですね。

まさしく砦のように!

 

キャッチャーがショートバウンドをすべて前で止めることができれば、
ピッチャーは安心して低めのボールを投げられます。

また、その姿が守備陣を安心させるので自チームの守備は安定し、
相手ランナーもワンバンゴーをしにくくなるんですよね。

「手の届く範囲なら、すべて止めてやるから思い切って投げてこい!」

ピッチャーに胸を張って、こんな風に言えるキャッチャーになりましょう。

ただ…、ジャンプしても届かないボールや横っ飛びしても捕れないボールは無理です。

それはどうしようもないので、そんなボールをピッチャーが投げてきたら、
おい、しっかり投げろよ!」と声を掛けましょう!

 

キャッチャーのショートバウンド処理(ブロッキング)はこちらで解説してます。

ピッチャーに思いっきり投げてもらうために

「パスボール」と「ワイルドピッチ」の違いをお話しました。

パスボールはキャッチャーのエラーで、ワイルドピッチはピッチャーのエラーです。

パスボールもワイルドピッチもランナーが進塁されなければ記録されませんが、
キャッチャーなら手の届く範囲ならすべて止めるくらいの気概があったほうがいいと思います。

野球の勝敗の8割はピッチャーの調子で決まりますし、野球は助け合いのスポーツ。

ランナーが3塁にいる状況でもピッチャーが思い切り腕を振って低めに投げられるように、
キャッチャーなら手の届く範囲は、すべて止められるように練習をしましょう!

「すべて止めるから、思いっきりこい!」

こんなカッコいいことをサラリと言えるキャッチャーになりたいですね。

Twitterをフォローして最新情報を受け取る