故意落球とインフィールドフライの違い

「故意落球とインフィールドフライの違いを知りたい!」

「そもそも打球をわざと落とすのがダメな理由は?」

こんな風に思ってる方に向けて、故意落球とインフィールドフライについてお話します。

故意落球は内野手がライナーを捕れるのに捕らなかった場合、
ノーバウンドで捕球してなくてもバッターはアウトになるルールです。

インフィールドフライは特定の状況下でバッターが内野フライを打ったら、
フライを捕る捕らないに関わらずバッターはアウトになります。

両方ともアウトになるのに、なにが違うの?

 

本記事では故意落球とインフィールドフライのそれぞれのルール説明と特徴の違い、
そして、なぜわざと落とすのがダメなのか理由も解説します。

しっかりとルールを理解して野球をしましょう!

故意落球とは?

故意落球とは、言葉通り故意に落球することです。

グローブに1回入ってるのに、わざとボールを落とすのが典型的なケースになります。

この3つのポイントで故意落球について詳しくお話します。

なぜ故意落球をするのか?

ノーバウンドボールを獲ればアウトなのになぜ故意落球をするのか?

それはゲッツーを狙いたいからです。

たとえばランナー1塁のケースでバッターがフライやライナーを打ったら、
ランナーはベースに戻ります。

バッターランナーも手を抜いて走りがちです。

 

この状況で内野手がフライやライナーを落としてゴロにすれば、
1塁ランナーもバッターランナーも簡単にアウトにできる可能性は高いです。

それを狙うために守備側は故意落球をします。

どこからが故意落球なのか?

つづいて「故意落球はどこからわざと落としたと判断されるのか?」です。

これは審判判断なので断定はできませんが、
一般的にはボールがグローブに入ってたのに落せば故意落球になります。

ただ、ダイビングキャッチなどボールを身体の正面で捕球してない場合は、
内野手の状況や打球の強さで審判が判断します。

本気で落としたのか、
わざと落としたのかは現場でしかわからないからね。

 

つまり、審判に「わざと落としたな!」と思われたら故意落球になるってことです。

故意落球になるとどうなるのか?

最後に「故意落球になるとどうなるのか?」です。

審判が故意落球と判断するとバッターはアウトでランナーはそのままになります。

内野手がライナーを捕球した状況になるってことです。

 

たとえば1アウトランナー1塁で故意落球と判断されたら、
2アウトランナー1塁で次のプレーを始めます。

 

「ワイルドピッチ」と「パスボールの違い」はこちらで解説してます。

インフィールドフライとは?

つづいてインフィールドです。

インフィールドフライとはフォースアウトの状況でバッターが内野フライを打ったら、
内野手がフライを捕る捕らないに関わらずバッターはアウトになるルールです。

0アウトか1アウトで、
ランナーが1塁・2塁か満塁のときだね。

 

この2つのポイントでインフィールドフライを詳しく解説します。

なぜインフィールドフライはあるのか?

まず「なぜインフィールドフライはあるのか?」です。

インフィールドフライは攻撃側の不利な状況をなくすためににあります。

たとえばフォースアウトが発生する状況で内野フライを落球したら、
ランナーは帰塁しますしバッターは全力で走らないので簡単にゲッツーを奪われます。

ランナーが2人いればトリプルプレーもありえます。

インフィールドフライを落としたらどうなるのか?

つづいて「インフィールドフライを落としたらどうなるのか?」です。

インフィールドフライでは内野手がフライを捕球してもしなくてもバッターはアウトになります。

ただし、内野手がインフィールドフライを落とした場合、
ゴロ扱いになるのでランナーは帰塁せずに進塁ができます

また、インフィールドフライでもタッチアップは可能です。

成功する確率は低いけどね…

 

まとめるとインフィールドフライは内野手が捕っても捕らなくてもバッターはアウトで、
ランナーはフライのケースでの走塁を心がければOKです。

 

インフィールドフライについてはこちらで詳しく解説してます。

故意落球とインフィールドフライの違い

それでは故意落球とインフィールドのルールの違いです。

故意落球とインフィールドフライの違い

ゲッツーが狙えるケースで…、

①バッターが内野フライを打ったらインフィールドフライ

②バッターがライナーを打って内野手がわざと落としたら故意落球

このような違いがあります。

故意落球もインフィールドフライもゲッツーを阻止するためのルールで、
大きな違いは「ライナーかフライか?」なんです。

どちらも攻撃側の不利をなくすルールです。

 

逆に共通してるのは故意落球もインフィールドフライもバッターはアウトになります。

基本的な野球のルールはこちらで解説してます。

わざと落とすのがダメな理由

故意落球とインフィールドフライについてお話しました。

故意落球とインフィールドフライの違い

ゲッツーが狙えるケースで…、

①バッターが内野フライを打ったらインフィールドフライ

②バッターがライナーを打って内野手がわざと落としたら故意落球

故意落球とインフィールドフライはこのような違いがありますが、
どちらも攻撃側を不利にさせないためのルールです。

フォースアウトの状況で守備側が落球すれば簡単にダブルプレーになります。

そのため内野手がわざとボールを落とすはダメなんですよね。

頭脳的なプレーではあるんだけどね。

 

ただ故意落球は審判判断ですし、インフィールドフライは落球したら状況は変わります。

その辺りの細かい部分も把握してプレーしましょう!

Twitterをフォローして最新情報を受け取る