野球の試合でたまに見かける故意落球。

内野手がライナーを捕れるのに捕らなかったときに審判が判断するプレーで、
バッターはアウトになります。

でも、どうしてボールを捕れるのに捕らないのか?

その辺も含めて、故意落球について解説します。

また、インフィールドフライもバッターがアウトになるルールです。

故意落球とインフィールドフライもバッターはアウトなのに何が違うのかもお話します。

故意落球とは?

故意落球とは、言葉通りで故意に落球することです。

グローブに1回入ってるのに、わざとボールを落とすのが典型的なケースですね。

なぜ故意落球をするのか?

ボールを獲ればアウトなのに、どうして故意落球をするのか?

それはゲッツーを狙いたいからなんですよね!

ゲッツーを取れる状況のとき(ランナー1塁にいる場合)に、
バッターがフライやライナーを打ったらランナーはベースに戻りますよね。

バッターランナーは全速力で走ることも少ないです。

まさにゲッツーの狙いどきなので、
内野手はわざと落球させゴロにし、ゲッツーを狙います。

フライやライナーを捕球すれば1アウトですが、
ゲッツーが完成すれば一気に2アウトを奪えますからね!

どこからが故意落球?

ポイントは、どこからが故意落球なのか?です。

これは審判判断なので断定はできませんが、
一番わかりやすいのはグローブに入ったのに落とすケースですね。

これは完全に故意落球だと判断されます。

ただ、グローブにボールが触れてたら故意落球になるかっていうと、
そうでもありません。

ダイビングキャッチをしてグローブに1度は入ったんだけど、
ボールを弾いてしまったときには審判判断になります。

本気で捕りに行ってるかもしれないし、
わざとスタートを遅らせてるかもしれないからね!

審判に「わざと落としたな!」と思われたら故意落球になるってことですね!

故意落球と判断されるとどうなる?

審判が故意落球と判断されると、バッターはアウトでランナーはそのままです。

内野手がライナーを捕球した状況になるってことですね!

バッターはライナーを打ったのでアウトで、
ランナーはライナーなので進塁できませんよね。

たとえば1アウトランナー1塁で故意落球と判断されたら、
2アウトランナー1塁で次のプレーを始めます。

インフィールドフライとは?

インフィールドフライとは、
特定の状況下でバッターが内野フライを打ったらアウト宣告されるルールです。

インフィールドフライの条件

インフィールドフライは、フォースアウトになるときに発動します。

0アウトか1アウトで、
ランナーが1塁・2塁か満塁のときだね!

このような条件でバッターが内野フライを打ったらアウト宣告されます。

どうしてインフィールドフライはあるの?

インフィールドフライは、攻撃側の不利な状況をなくすためにあります。

フォースアウトが発生する状況で内野フライを落球したら、
簡単にゲッツーを奪われてしまいますよね!

フライなのでランナーは完全に塁に戻りますからね!

下手したらトリプルプレーにもなるので、インフィールドフライはあります。

インフィールドフライを落球したら?

インフィールドフライを内野手が落球してもバッターはアウトです。

ただ、ランナーは帰塁しなくても進塁ができます。

インフィールドフライは結局フライ扱いだからね!
フライを落としたらゴロ扱いになるんだよ!

なのでインフィールドフライでもタッチアップはできます。

成功する確率は低いですが…。

インフィールドフライは落球してもしなくてもバッターはアウトで、
ランナーはいつも通りの判断をすればOKってことですね!

インフィールドフライについてはこちらで詳しく解説してます。

故意落球とインフィールドフライのルールの違い

それでは故意落球とインフィールドのルールの違いを解説します。

故意落球とジャッジされたらバッターはアウトですし、
インフィールドフライと判断されてもバッターはアウトです。

また、2つともゲッツーを阻止するためのルールでもあります。

2つとも攻撃側の不利をなくすためのルールだよね!

ほぼ同じようなルールなんですけど、
大きな違いは「ライナーかフライか?」なんですよね!

故意落球とインフィールドフライの違い

ゲッツーが狙えるケースで…、

・バッターが内野フライを打ったらインフィールドフライ

・バッターがライナーを打って内野手がわざと落としたら故意落球

どんな打球をバッターが打ったのかで、
故意落球になるのか、インフィールドフライになるのかが決まります。

どちらにしても、この2つのルールは攻撃側を守るためにあるんですよね!

攻撃側を守るルール!

故意落球について解説しました。

故意落球とは、ゲッツーがありえるケースで内野手がわざとライナーを落とす行為です。

審判が故意落球と判断したらバッターはアウトで、ランナーはそのままになります。

インフィールドフライは、
ゲッツーがありえるケースで内野フライを打った打者がアウトになります。

この違いはライナーかフライかの違いだけで、2つとも攻撃側を守るルールなんですよね!

Twitterをフォローして最新情報を受け取る