キャッチャーをチラ見してるバッター

たまにキャッチャーをチラ見してくるバッターがいます。

夏の高校野球やアマチュアの試合でも、
キャッチャーをチラ見するバッターっているよね!

そんな姿を見て「せこい!」と思われるかもしれませんが、
バッターがキャッチャーをチラ見するのは守備妨害ではありません!

僕も15年のキャッチャー生活のなかで、チラ見してくるバッターと何度も対戦してきました。

今回は、そのなかで考えついた「キャッチャーをチラ見するバッターへの対処法」を5つご紹介します。

キャッチャーをチラ見するバッターは守備妨害じゃない

プロ野球の試合ではあまり見かけませんが、
夏の高校野球やアマチュアの試合だとキャッチャーをチラ見するバッターってたまにいますよね。

ピッチャーが投球モーションに入った瞬間に頭を少しだけ後ろに動かして、
キャッチャーの構えやキャッチャーミット位置を見てきます。

「スポーツマンシップを感じられない…」

「それはカンニングと同じだろ!」

「そこまでして打ちたいのか?」

こんな風に「せこい!」と思われるかもしれませんが、
キャッチャーをチラ見するバッターに守備妨害は適用されません。

どれだけバッターがキャッチャーをチラ見しても、
注意されるくらいでペナルティは一切ないんです。

個人的にはマナー違反だと思うんですけど、審判にはどうすることもできません。

チラ見してくるバッターには、キャッチャーが対処するしかないんです!

キャッチャーをチラ見するバッターの心理状況

まずはキャッチャーをチラ見するバッターの心理状況を考えてみましょう。

主に3つの心理状況があると思います。

コースを絞りたい

キャッチャーをチラ見するバッターの心理状況のほとんどはコースを絞りたいからです。

次に来るボールがインコースアウトコースか分かるだけでも、バッターは打ちやすくなります。

球種を予測したい

次に考えられる心理状況は球種を予測したいからです。

試合の中盤や終盤になると、
ピッチャーの球種やキャッチャーのリードなどを相手チームは把握してきます。

そうなるとバッターは、キャッチャーミットの位置だけで球種を大体絞れるんですよね。

・初球のアウトコースはストレートが多め。

・スコアリングポジションなら変化球が多め。

・追い込まれたらアウトコースの変化球が多め。

こんな風にバッターはコースだけではなく、
球種も予測できるのでキャッチャーをチラ見したがるんです。

自信がない

これは上記2つの心理状況のまとめ的な感じです。

・コースを絞りたい。

・球種を絞りたい。

こんな目的でキャッチャーをチラ見するバッターって、自分に自信がない証拠です。

「そこまでして打ちたいの?」ではなくて、
「そこまでしないと打てる気がしない」に近いんだよね。

実際に良いバッターになるほどキャッチャーをチラ見しません。

本当に良いバッターはキャッチャーではなく、
ピッチャーと戦ってますからね!

実際にプロ野球で活躍してる一流のバッターたちは、キャッチャーのチラ見しません。

キャッチャーをチラ見するバッターは、
実はバッティングに自信がなかったり、打席に迷いがあったりします。

キャッチャーをチラ見するバッターへの対処法

それではキャッチャーをチラ見するバッターの心理状況を踏まえて対処法を解説します。

経験上、5つの対処法が有効です。

構えるタイミングを遅らせる

キャッチャーをチラ見するバッターへの1つ目の対処法は、「構えるタイミングを遅らせる」です。

バッターがキャッチャーをチラ見するタイミングは、
ピッチャーが投球モーションに入った瞬間です。

少しだけ構えるのを遅くすれば、バッターはキャッチャーの位置を確認できません。

ピッチャーの的としての役割がおろそかにはなりますが、
構えるタイミングを遅らせるのは効果的です。

逆コースに構える

2つ目の対処法は、「逆コースに構える」です。

チラ見するバッターは、キャッチャーの位置を見て「コース」と「球種」を予測してます。

バッターがチラ見するタイミングだけ
逆コースに構えるのは有効です。

ただ、注意点が2つあります。

・ピッチャーに伝えておく。

・何度もやらない。

ちゃんと共有しないとピッチャーはどこに投げたらいいのか分からないので、
「逆コースに構えるから!」と伝えておきましょう!

また、何度も同じことをやってるとバッターにバレるので、
「逆コースに構える」と「要求コースに構える」を状況に合わせて変えるといいですね!

バッターを完璧に封じ込めるのではなく、ときには気持ちよく打たせてあげるのも大切です。

逆球のサインを作る

3つ目の対処法は、「逆球のサインを作る」です。

これは「逆コースに構える」のアップデート版だね!

相手チームのほとんどのバッターがキャッチャーをチラ見してくるなら、
逆球のサインを作りましょう!

そのほうがピッチャーも混乱しませんし、逆コースに構えるよりもバッターは混乱します。

ピッチャーへのかけ声で迷わせる

4つ目の対処法は、「ピッチャーへのかけ声で迷わせる」です。

キャッチャーをチラ見するバッターは、
バッティングに自信がないか、打席のなかで迷うクセがあります。

ピッチャーへの声掛けで迷わせるのも十分に可能です。

・「ズバッと行こう」と言って、変化球を要求する。

・「低めを意識しよう」と言って、高めのボールを要求する。

・「変化球が調子いいね」と言って、ストレートを要求する。

ピッチャーへのかけ声と逆のボールを要求するだけでも、バッターには迷いが生じます。

バッターを迷わせたり集中させないようにしたりすれば、打ち取れる可能性はグンっと上がります。

またピッチャーへのかけ声はこちらで紹介してます。

キャッチャーミットを動かしまくる

最後5つ目の対処法は、「キャッチャーミットを動かしまくる」です。

これはバッターにコースや球種を絞らせない目的ではなく、バッターの集中を乱す目的です。

バッターがキャッチャーをチラ見したとき、ミットが動きまくってたらイヤですよね?

集中できないですし、迷うと思います。

そんな心理状況になったら、思い切ったバッティングはできません。

キャッチャーミットを上下に動かすだけでも効果的なので、ぜひ試してみてください!

バランスは意識しよう!

キャッチャーをチラ見するバッターの対処法を解説しました。

キャッチャーをチラ見しても意味がない
こんな風にバッターが思ってくれたら成功です。

今回ご紹介した5つの対処法を駆使して、トライしてみてください。

ただ、
キャッチャーをチラ見するバッターへの対処法を駆使すると、ピッチャーは投げづらいです。

ピッチャーが投げづらくなりすぎないように、対処法とのバランスを意識するといいですね!

Twitterをフォローして最新情報を受け取る