キャッチャーをやりたくない小学生

キャッチャーをやりたくない小学生や中学生は多いです。

僕も小学生や中学生だったときは、
キャッチャーなんてやりたくありませんでした。

小学生のときは特に酷くて、年に1回の市民ソフトボール大会でキャッチャーを任されたとき、
イヤすぎて練習をボイコットしたくらいです笑。

今はキャッチャーが大好きなんですけどね!

今回は、小学生や中学生がキャッチャーをやりたくない理由やる気にさせるコツをお話します。

小学生や中学生がキャッチャーをやりたくない理由

小学生や中学生には、キャッチャーは人気ないです。

野球で「やりたくないポジションNo.1」を争ってると思います。

どうして小学生や中学生はキャッチャーをやりたくないのか?

その理由を3つお話します。

面白くない!

まず1つ目の理由は、「面白くない!」です。

小学校や中学校レベルのキャッチャーでは、面白さを感じられません。

ほとんどのピッチャーはストライクを投げるので精一杯です。

キャッチャーは「ただのボール拾い」に感じるんだよね。

せっかく好きな野球をやってるのに、ボール拾いなんてしたくありません。

またボールを後ろに逸したら、監督やコーチに怒られます。

キャッチャーは、
捕れないボールを投げるピッチャーが悪いと思ってます。

小学校や中学校レベルだとキャッチャーの醍醐味を感じられませんし、
監督やコーチから褒められないので、とてつもなく面白くないポジションなんです。

キャッチャー防具が重い&臭い

2つ目の理由は、キャッチャー防具が重い&臭いです。

中学生ならまだマシですが小学生にとってキャッチャー防具は重たいので、
余計に疲れます。

また、ほとんどのチームの場合、キャッチャー防具はお下がりです。

そうなると諸先輩たちの汗や涙がキャッチャー防具には染み込んでおり、
臭かったりします…。

キャッチャー防具は重いし臭い…。

これも小学生や中学生がキャッチャーをやりたくない理由です。

キャッチャーのカッコよさが分からない

最後3つ目の理由は、キャッチャーのカッコよさが分からないです。

ピッチャーだったら三振を取ったらカッコいいです。

野手だったら難しい打球や捕れなさそうなボールを取ったらカッコいいです。

でも、小学生や中学生レベルのキャッチャーだとカッコいいプレーがありません。

唯一、キャッチャーのカッコいいプレーは盗塁阻止です。

でも、いくらキャッチャーの肩が良くてもピッチャーの投げるボールが遅かったり、
モーションが大きかったりするとランナーをアウトにできません。

また本来ならピッチャーの暴投やワンバウンドを捕ったり、
身体で止めたりしたらキャッチャーのファインプレーなのに褒められません。

小学生や中学生にとってキャッチャーとは、地味でツラいだけのポジションなんです。

キャッチャーをやる気にさせるコツ

野球のリストバンドの付け方

では、どうしたら小学生や中学生がキャッチャーをやる気になってくれるのか?

僕の体験談を含めて、やる気にさせるコツを3つお話します。

褒める

1つ目のコツは「褒める」です。

なぜなのか、小学生や中学生のキャッチャーは褒められることが少ないです。

どちらかと言うと、一番怒られるポジション…

キャッチャーをやりたくないのに怒られたら、やる気になるはずがありません。

ピッチャーの暴投を止めたり盗塁阻止したりしたら、やたらと褒めてあげるといいですね。

キャッチャーの役割を教える

2つ目のコツは、「キャッチャーの役割を教える」です。

小学生や中学生にとって、キャッチャーは地味でツラいだけのポジションです。

なのでキャッチャーの役割を教えるのをおすすめします。

・チームを元気にするポジション

・試合を動かすポジション

・守備位置を指示する司令塔

こんな感じで「試合を動かしてるのはキャッチャーなんだよ!」と教えましょう。

また難しいかもしれませんが、ちょっとしたサインを用意するのも効果的です。

・キャッチャーからの牽制のサイン

・バントシフトのサイン

・球種やコースのサイン

何かしらのサインがあれば頭を使うので、キャッチャーはより楽しくなってきます。

キャッチャーの素質があると伝える

最後3つ目のコツは、「キャッチャーの素質がある」と伝えるです。

大人になれば分かるんですけど、キャッチャーって難しいポジションです。

チームをまとめる統率力やピッチャーとのコミュニケーション力、
相手チームの作戦や相手バッターの心理を読むクレバーさなど。

やることが多くて重要なポジションがキャッチャーです。

誰でもできるポジションではないよ!

そんなキャッチャーに向いてると言われたら嬉しくないですか?

凄いキャッチャーになれる素質があるって言われたら、やる気になりませんか?

ぜひ、試してみてください。

ただ!

チーム内にキャッチャーがいなくて消去法で任せてるなら、絶対に言わないでください!

それは嘘つきです。

 

キャッチャーに向いてる人の特徴はこちらでお話してます。

キャッチャーは年齢を重ねると面白くなる

小学生や中学生がキャッチャーをやりたくない理由とやる気にさせるコツをお話しました。

小学生や中学生にとって、キャッチャーは地味でツラくて怒られるだけのポジションです。

それを払拭してあげれば「やりたい!」まではいかないですが、
「やってもいいかな」くらいにはなると思います。

でも、やっぱり思うのはキャッチャーは年齢を重ねると面白くなるポジションなんです!

ピッチャーのコントロールが良くなれば配球&リードができるようになるし、
野手のレベルが上がればトリックプレーなどもできるようになります。

そのレベルに到達するまでキャッチャーは楽しくありませんが、
そんな未来が待ってるよと伝えるのもいいかもしれません!

Twitterをフォローして最新情報を受け取る