カウンタースイングとパワースラッガーの違いを知ってる人

「カウンタースイングとパワースラッガーの違いはなに?」

「カウンタースイングとパワースラッガーは、どっちが良いの?」

「カウンタースイングとパワースラッガーって、使い方も違うの?」

こんな風に思ってる方に向けて、
カウンタースイングとパワースラッガーの違いを解説します。

カウンタースイングもパワースラッガーも俗に言うカチカチバットなので、
同じような使い方をすれば同じような効果を得られるのかなと思いますよね。

ですが、カウンタースイングとパワースラッガーはかなり違うんですよね。

同じカチカチバットでも得られる効果や正しい使い方、
そしてバットの形状まで違います。

同じなのは「カチン」と音が鳴るところくらいです。

 

本記事ではカウンタースイングとパワースラッガーのそれぞれの特徴、
そしてカウンタースイングとパワースラッガーの違いやどっちが良いのかをお話します。

カウンタースイングとパワースラッガーは結構違うので、
ご自身が求める効果を得られるカチカチバットを選びましょう!

カウンタースイングとは?

まずはカウンタースイングについてお話します。

カウンタースイングは中村奨成選手が広陵高校時代に打撃練習で取り入れて、
夏の甲子園記録「1大会6本塁打」を達成したことで話題になったカチカチバットです。

カウンタースイングで得られる最大の効果は、
バットのしなりを活かしたインサイドアウトのスイング軌道」になります。

ポイントは「バットのしなりを活かした」です。

バットをムチのようにスイングすることでしなりが生まれ、
そのしなりが戻る瞬間にボールを捉えれば強い打球を打てます。

このスイング軌道を身につけられるのがカウンタースイングです。

また、カウンタースイングはあくまでもスイング軌道を習得するためのカチカチバットになります。

スイング力をつけたいとかスイングスピードを速くしたいとか、
そのような効果を得るための設計にはなってないんですよね。

バットのしなりを活かしたスイング軌道が身につけば、
その結果としてスイングスピードは速くなります。

 

カウンタースイングとはヘッドスピードを上げるためではなく、
バットのしなりを活かしたスイング軌道を身につけるためのカチカチバットです。

 

カウンタースイングの詳しい説明はこちらでしてます。

パワースラッガーとは?

つづいてパワースラッガーです。

パワースラッガーは内田販売システムだけが販売してるカチカチバットです。

カウンタースイングは、色んなメーカーが出してるよ!

 

パワースラッガーで得られる最大の効果は、「フォロースルーの大きいスイング軌道」になります。

ポイントは「大きなフォロースルー」です。

スイングの終わりに大きなフォロースルーを作ることで、
打球を遠くに飛ばしたり、強い打球を打てたりできます。

このスイング軌道を身につけられるのがパワースラッガーです。

「パワースラッガー=長距離ヒッター」ってことだね。

 

また、パワースラッガーはスイング力も強化できます。

パワースラッガーは85センチタイプなら重さは約1キロ、
少年野球用の80センチタイプなら重さは約870グラムです。

マスコットバットなどのトレーニングバットと重さが変わらないので、
パワースラッガーで練習をすれば、スイング力の強化にもつながっていきます。

パワースラッガーとは長距離ヒッターのような大きなフォロースルーが身につき、
スイング力も強化をできるカチカチバットです。

 

パワースラッガーの詳しい説明はこちらでしてます。

カウンタースイングとパワースラッガーの違い

それではカウンタースイングとパワースラッガーの違いをまとめていきます。

・バットの形状

・効果

・練習方法

カウンタースイングとパワースラッガーはこの3つが違うんですよね。

バットの形状

1つ目のカウンタースイングとパワースラッガーの違いは、バットの形状です。

カウンタースイングとパワースラッガーのバットの形状

・カウンタースイング:84センチ、約900グラム、重りが2つ

・パワースラッガー:85センチ、約1キロ、重りが1つ

カウンタースイングとパワースラッガーのバットの形状はこのような違いがあります。

また、少年野球用になるとカウンタースイングは78センチで約800グラム、
パワースラッガーは80センチで約870グラムになってます。

一般用も少年野球用も
パワースラッガーのほうが重たいんです。

 

ちなみに、パワースラッガーには65センチで約780グラムのコンパクトサイズもあるので、
室内でスイング練習をしたいときには最適です。

このバットの形状の違いが
練習方法の違いにも繋がってくるんだよね。

効果

つづいてカウンタースイングとパワースラッガーは効果も違います。

カウンタースイングとパワースラッガーの効果

・カウンタースイング:バットのしなりを活かしたインサイドアウトのスイング軌道

・パワースラッガー:フォロースルーを大きくするスイング軌道、スイング力の強化

先ほども少しお話しましたが、カウンタースイングは「スイング軌道の修正」のみ、
パワースラッガーは「スイング軌道の修正」と「スイング力強化」の効果があります。

また、パワースラッガーでもインサイドアウトのスイング軌道は身に付きます。

パワースラッガーについてる重りをミートポイントで「カチン」と音を鳴らすには、
インサイドアウトのスイング軌道がマストだからです。

なので、パワースラッガーで練習をすればインサイドアウトが身につきます。

ただ!

パワースラッガーで身につくインサイドアウトのスイング軌道は、
カウンタースイングで身につくインサイドアウトとは違います。

パワースラッガーで身につくのは、
バットを最短距離で出すインサイドアウトのスイング軌道です。

バットを最短距離で出すことができれば、
ボールへのコンタクト率は上がります。

 

カウンタースイングとパワースラッガーには練習効果の違い、
そしてインサイドアウトのスイング軌道の違いがあるんですよね。

練習方法

最後3つ目のカウンタースイングとパワースラッガーの違いは、練習方法です。

「バットの形状」「練習効果」の2つが違うので、
カウンタースイングとパワースラッガーの練習方法も違います。

まずはカウンタースイングの練習方法です。

カウンタースイングの練習方法

・ゆっくり振る

・スイングのなかで音を鳴らす

・イメージは「カチっ、ブーン」

・逆の腕の使い方を意識する

・音が1回だけになるまで練習する

カウンタースイングの練習方法の大きなポイントは2つ。

「ゆっくりスイングする」「音が1回だけになるまで練習する」です。

カウンタースイングはスイング軌道の修正が目的なので強くスイングするのではなく、
ゆっくりスイングをして、スイング軌道を修正していきます。

また、カウンタースイングには重りが2つ付いてます。

これはバットのしなりを活かしたインサイドアウトのスイング軌道ができないと、
「カチ、カチ」と2回音が鳴ってしまうんですよね。

なので「音が1回だけになるまで練習する」のもポイントになります。

つづいて、パワースラッガーの練習方法です。

パワースラッガーの練習方法

・ミートポイントで音を鳴らす

・グリップからバットを出す

・下半身を意識する

・打席をイメージする

・しっかりフォロースルーの形を作る

パワースラッガーの練習方法のポイントも2つ。

「ミートポイントで音を鳴らす」「しっかりとフォロースルーの形を作る」です。

パワースラッガーは重りが1つしかないので基本的に音も1回しか鳴りませんが、
音を鳴らすのはミートポイントの位置になります。

インサイドアウトじゃないと、
ミートポイントで音は鳴らないからね!

 

また、パワースラッガーの最大の目的は大きなフォロースルーなので、
しっかりと最後までスイングをする練習方法になってきます。

このようにカウンタースイングとパワースラッガーの練習方法は違いますが、
1番違うポイントが「音を鳴らす位置」です。

カウンタースイングはスイングする前に、
パワースラッガーはミートポイントで音を鳴らします。

ここの練習方法を間違えてしまうとカウンタースイングでもパワースラッガーでも、
期待できる効果を得られないので気をつけましょう!

カウンタースイングとパワースラッガーはどっちが良い?

カウンタースイングとパワースラッガーの違いをご理解いただいたところで、
1つ気になることがあると思います。

「カウンタースイングとパワースラッガーはどっちが良いのか?」

これですよね。

 

結論から言うと、どっちが良いの話ではないんですよね。

カウンタースイングはバットのしなりを活かしたインサイドアウトのスイング軌道が身につき、
パワースラッガーは大きなフォロースルーとスイング力が身につくカチカチバットになります。

つまり、使用する目的が大きく違うのです。

なので、カウンタースイングとパワースラッガーのどっちが良いのかではなく、
どんな効果を求めてるのか、どんなスイングにしたいのかがポイントになります。

バットのしなりを活かしたスイングを身につけたいならカウンタースイング。

 

大きなフォロースルー&スイング力を身につけたいならパワースラッガー。

 

このようにご自身が求める効果でどちらにするのかを選びましょう!

もし、カウンタースイングと似たようなバットを他に探してるなら、
同じ系統のバットがパワースラッガーNEOになります。

カウンタースイングとパワースラッガー以外のトレーニングバットはこちらで紹介してます。

カウンタースイングとパワースラッガーNEOの違い

カウンタースイングとパワースラッガーは得られる効果が大きく違うので、
どっちが良いかで選ぶのではなく、自分の求める効果で選んだほうがいいです。

でも実は、カウンタースイングで得られる効果と同じようなカチカチバットがあります。

それはパワースラッガーNEOです。

 

パワースラッガーNEOはパワースラッガーの進化版のような商品名なんですけど、
得られる効果は大きく違います。

パワースラッガーNEOで得られるメイン効果はインサイドアウトのスイング軌道で、
スイング力を強化するためのカチカチバットではないんですよね。

そうなんです、カウンタースイングと同じ効果をパワースラッガーNEOでも得られるんです。

迷うなら「カウンタースイング」か
「パワースラッガーNEO」かってことだね。

 

では、カウンタースイングとパワースラッガーNEOは何が違うのか?

身につけられるインサイドアウトのスイングアウトの軌道が違います。

カウンタースイングはバットのしなりを活かしたインサイドアウト、
パワースラッガーNEOは最短距離でバットを出すインサイドアウト。

ここはパワースラッガーも
パワースラッガーNEOも同じです。

 

カウンタースイングとパワースラッガーは違う効果を得られるので、
自分が求める効果で選んだほうがいいです。

ただ、カウンタースイングとパワースラッガーNEOは、
どんなインサイドアウトのスイング軌道を身につけたいかで選ぶのをおすすめします。

パワースラッガーNEOについてはこちらで詳しく解説してます。

どんなスイング軌道を身につけたいか?

カウンタースイングとパワースラッガーの違いを解説しました。

カウンタースイングもパワースラッガーも同じカチカチバットですが、
バットの形状、得られる効果、練習方法などの違いがあります。

カウンタースイングとパワースラッガーの違い

【バットの形状】

・カウンタースイング:重りが2つ

・パワースラッガー:重りが1つ

【得られる効果】

・カウンタースイング:バットのしなりを活かしたインサイドアウトのスイング軌道

・パワースラッガー:フォロースルーを大きくするスイング軌道、スイング力の効果

【練習方法】

・カウンタースイング:音を鳴らしてからスイングする

・パワースラッガー:ミートポイントで音が鳴るようにスイングする

このような違いがあります。

カウンタースイングもパワースラッガーも得られる効果が違うので、
どっちが良いのかは自分が求める効果で決めるといいですね!

また、カウンタースイングとパワースラッガーはほぼ類似商品になりますが、
こちらもどんなスイング軌道を身につけたいのかで選ぶのをおすすめします。

そして、理想のスイングを手に入れて、試合でガンガン打ちましょう!

Twitterをフォローして最新情報を受け取る