野球のクロスファイアの正しい効果と使い方

「野球のクロスファイアってなに?」

「クロスファイアーは右投手にもあるの?」

「クロスファイアの打者への効果や使い方を知りたい!」

こんな風に思ってる方に向けて、野球のクロスファイアについてお話します。

左ピッチャーが右バッターのインコースに投げたときに、
たびたび聞かれるクロスファイア。

ワンポイントの左サイドスローが出てくると、
実況がよく言ってるイメージがあるね。

 

逆に右ピッチャーが左バッターへのインコースに投げても
クロスファイアとは聞きません。

ですが、クロスファイアは右投手にもあります。

本記事では野球のクロスファイアの意味やバッターへの効果や使い方、
そして右投手にもクロスファイアが可能な理由を解説します。

正しくクロスファイアの効果や使い方を把握して、
右ピッチャーも左ピッチャーもクロスファイアを有効活用しましょう!

野球のクロスファイアとは?

野球のクロスファイアとは、ピッチャーの利き手と対角線のストレートです。

ポイントは2つあります。

①ピッチャーの利き手と対角線

②ストレート

この2つの条件をクリアしてる投球ならクロスファイアです。

右ピッチャーなら右バッターへのアウトコース
左ピッチャーなら右バッターへのインコースになります。

右左で逆になります。

 

また、クロスファイアの球種はストレートだけです。

右ピッチャーが右バッターのアウトコースにカーブを投げても、
左ピッチャーが右バッターのインコースにスライダーを投げてもクロスファイアにはなりません。

『ピッチャーの利き手と対角線のストレート』

これが野球のクロスファイアです。

クロスファイアは右投手も可能!

プロ野球や高校野球の試合を見ていると、
左ピッチャーが右バッターにインコースを投げたときだけ、

すごい角度のクロスファイアが決まりました!

こんな風に実況するので、
クロスファイアは左ピッチャー特有の投球だと思われがちです。

左だけがクロスファイアできるんじゃないの?

 

ですが、クロスファイアとはピッチャーと対角線のストレートなので、
右ピッチャーにもクロスファイアはあります。

右ピッチャーが右バッターへのアウトコース(左バッターならインコース)に、
ストレートを投げればクロスファイアです。

周りや実況が言わないだけで、右ピッチャーにもクロスファイアはあります。

クロスファイアのバッターへの効果

つづいてクロスファイアのバッターへの効果です。

最大の効果はバッターが打ちづらい部分なんですが
どうしてバッターはクロスファイアを打ちにくいのか?

それは2つの理由があるからです。

①ボールが近づいてくるように見える

②より厳しいコースになる

それでは1つずつ詳しく解説します。

ボールが近づいてくるように見える

まず1つ目のクロスファイアのバッターの効果は、
ボールが近づいてくるように見えることです。

クロスファイアはバッターから見るとボールの軌道が身体に向かってます。

デッドボールになるかも、
身体に当たるかも…

 

こんな恐怖心がバッターに生まれるので、
思うように踏み込めなかったり、避けてしまったりします。

その結果、打ちづらくなるんですよね。

より厳しいコースになる

もう1つのクロスファイアのバッターの効果は、より厳しいコースになることです。

クロスファイアのボールの通過位置は、
ホームベース上とキャッチャーミットでは若干違います。

より角度がつくんだよね。

 

つまり、バッターがイメージしてるボールの軌道よりも厳しいコースになるんです。

右ピッチャーの右バッターへのアウトコース、
左ピッチャーの左バッターへのアウトコース。

このような2つの投球ならバッターからすると遠くに見えるので、
手を出せなかったり、打ち損じたりする可能性が上がります。

クロスファイアの有効的な使い方

それではクロスファイアの有効的な使い方です。

クロスファイアのバッターへの効果を一言でまとめると、
「バッターのイメージと実際のボールとのギャップ」です。

つまり、ギャップがなくなれば打たれる可能性は上がります。

バッターの目が慣れてしまう、
ということです。

 

それを踏まえて、クロスファイアの効果的な使い方は3つです。

・ここぞの場面で使う

・見せ球として利用する

・バッターの目が慣れるまで使い倒す

それでは1つずつ解説します。

ここぞの場面で使う

1つ目のクロスファイアの有効的な使い方は、ここぞの場面で使うことです。

これはオーソドックスなクロスファイアの使い方になります。

・見逃しのストライクが欲しい

・見逃し三振が欲しい

・詰まらせたい

このようにここぞの場面でクロスファイアを使えば、
バッターを打ち取れる可能性は高いです。

ただ、ここぞの場面で使いすぎると相手チームにリードがバレます。

決めたいときにクロスファイアを使っていくなら、
バッターの心理状況が「来るかな?来ないかな?」を保ちたいですね。

「このカウントは、ほぼクロスファイア」
こう思われたら効果はないよ。

見せ球として利用する

つづいてのクロスファイアの有効的な使い方は、見せ球として利用することです。

クロスファイアは効果的なボールですが、
厳しく攻めすぎるとデッドボールになる可能性があります。

また、甘くなればバッターの絶好球にもなってしまうんです。

クロスファイアは、
コントロールの精度が求められます。

 

コントロールに自信のないピッチャーなら、
見せ球として利用する方法も有効的になります。

『厳しいインコースを見せておいて、アウトコースで勝負』

これがクロスファイアを見せ球として利用するリードですね!

バッターの目が慣れるまで使い倒す

最後3つ目のクロスファイアの有効的な使い方は、
バッターの目が慣れるまで使い倒すことです。

トーナメント戦が多い場合に有効的だよ!

 

同じピッチャーが同じコースにボールを投げても、
二度と同じ投球をできないという話がありますよね?

それと同様に同じようなピッチャーが同じようにクロスファイアを投げても、
まったく一緒のクロスファイアにはならないんです。

つまり、人それぞれクロスファイアのボールの軌道が違うので、
バッターが慣れるまでに時間がかかります。

この時間をどう考えるか、です。

 

最後まで相手バッターの目が慣れないまま試合終了になる可能性はありますし、
逆に序盤から対応されるケースもあります。

それならバッターの目が慣れるまでクロスファイアを使い倒すのは、
1つのリードですよね!

ただ、クロスファイア以外の効果的なボールがないと、
試合中に対応された場合、リードがキツくなります。

正しく効果や使い方を知ろう!

野球のクロスファイアについて解説しました。

クロスファイアとはピッチャーの利き手と対角線のストレートなので、
左投手だけではなく、右投手にもあります。

また、クロスファイアがバッターに効果的な理由は2つです。

①ボールが近づいてくるように見える

②より厳しいコースになる

クロスファイアは通常のボールよりも角度があるので、
このような効果が生まれ、バッターは打ちづらくなります。

この効果を正しく把握したうえで、リードのなかで上手く使いたいですね!

Twitterをフォローして最新情報を受け取る