野球で緩急を使ってるピッチャー

「緩急を使ったリードってなに?」

「緩急を上手く使いたいんだけど、上手くいかない…」

「ストレートと変化球を交互に要求すれば緩急なの?」

こんな風に思ってる方に向けて、緩急をつけるリード術を解説します。

投球を組み立てる上で「緩急」は大切です。

ストレートと変化球を上手く使って緩急を生み出せれば、
バッターを打ち取れる可能性はグンっとあがりますからね。

ただ「ストレートと変化球を使う=緩急」ではありませんし、
テキトーに交互に投げれば緩急を作れるほど簡単な話でもありません。

本記事では緩急を使った投球術の正しい考え方、
ストレートと変化球を上手く使って緩急を作り出すリード術とその注意点を解説します。

上手く緩急を使ってバッターの心理やスイング、タイミングを崩し、
アウトにできる確率を上げていきましょう!

 

緩急を使った投球術とは?

緩急を使って投球を組み立てる』とは、
単純に「ストレートと変化球を使えばOK」ではありません。

ストレートと変化球の球速の差が大切です。

・150キロのストレートと130キロのスライダーがある投手

・140キロのストレートと100キロのカーブがある投手

ストレートが速いのは前者ですが、球速差があるのは後者です。

ストレートと変化球さえあれば、
どんなピッチャーでも緩急を使ったリードはできます。

でも。球速差が大きければ大きいほど緩急は効果的になるんですよね。

球速差があれば130キロ~140キロくらいのストレートでも、
バッターの体感スピードは150キロ以上になります。

バッターの目を騙すイメージだね!

 

名投手の星野伸之選手今中慎二選手渡辺俊介投手は、
ストレートと変化球の球速差があったので、緩急自在の投球をしてました。

Twitterをフォローして最新情報を受け取る