高めのつり球を上手く使ってるキャッチャー

キャッチャーがリードするとき、

・高めのつり球ってどうやって使うの?

・そもそも「高めのつり球」って何の意味があるの?

そんな疑問を持ってる方に向けて、つり球の意味や効果的な使い方を解説します。

つり球が決まれば、
ピッチャーもキャッチャーも気持ちがいいです!

でも、ちょっとでも甘くなると長打を打たれる可能性があるので、
確信があるときにつり球を使いましょう!

高めのつり球とは?

高めのつり球とは、バッターの胸元へのストレートのことです。

ストライクではなく、
高めに外れるストレートってことですね。

ここまではOKだと思います。

ただ、よく勘違いされてるのは、
速いストレートを投げるピッチャーしか高めのつり球を使えないってことです。

別にめちゃくちゃ速いストレートじゃなくても、高めのつり球を使えます。

ポイントはバッターの体感スピードなんだよね!

バッターがストレートに振り遅れてたり、
振り負けてたりしたら球速に関係なく高めのつり球は効果的です。

逆に、どれだけ球速が速くてもバッターの目が慣れてるのであれば効果はありません。

球速ではなく、バッターの体感スピード!

体感スピードを早く感じてるバッターの胸元へのストレートは効果的です。

高めのつり球の意味

つぎに高めのつり球の意味です。

空振りを狙うだけではなく、他にもいろんな意味合いを持たせることができます。

空振りを狙う

まず1つ目が空振りを狙うです。

これは一般的な高めのつり球の使い方ですね。

バッターを追い込んだ状態で胸元へのストレートを要求して、空振りを誘います。

決まったら一番気持ちいいパターンです。

内野フライを打たせる

2つ目は内野フライを打たせるです。

これはいくつか条件があります。

・0アウトや1アウト

・ランナーが3塁

・ストレートに振り負けてるバッターの打席

こんな風に犠牲フライが考えられるケースで、
ストレートに振り負けてるバッターが打席に入った場合ですね。

このような状況で高めのストレートを要求すれば、内野フライに抑えられる可能性は高いです。

バッターは犠牲フライを狙ってるので若干アッパースイング気味になりますし、
高めのボールを狙ってたとしても意外と力んだりします。

バッターの目線を変える

最後3つ目はバッターの目線を変えるです。

これは打ち取るためではなく、次
の球を効果的に使うために高めのつり球を使うってことですね!

たとえば低めのボール球を見極めてるバッターの視点を一度高めに持ってこられれば、
低めのボール球にも手を出してくれたりします。

高めのボールを投げておいて、
次に低めの変化球を要求するのは配球の鉄板です。

左右だけではなく、上下も使うことでピッチャーの投球の幅を広げられます。

高めのつり球の効果的な使い方

それでは高めのつり球の効果的な使い方を解説します。

高めの胸元へのストレートって、基本的にボール球です。

バッターが見逃せばカウント的に不利な状況になるので、
手を出してくれたらラッキーな場面で高めのつり球を使いましょう!

・空振り三振してくれたらラッキー

・どん詰まりのフライを打ってくれたらラッキー

・見逃しても反応してくれたらラッキー

こんな風に高めのつり球を使えれば、手痛い一発をあびることもありません。

高めのつり球を使うときには、
打ったとしても見逃したとしても有利になるような場面で使うのが効果的です。

高めのつり球を使うときの注意点

最後に高めのつり球を使うときの注意点です。

それは「少しでも打たれそうなら要求しない」です。

高めのつり球って、ギャンブル的な配球です。

少しでも甘くなったら打たれますし、高めのボールなので長打になる可能性も高いです。

空振りを取れたら気持ちがいいけど、
ちょっとでもミスれば最悪なリードになるんだよね!

高めのつり球は、少しでも打たれそうなら要求しないほうがいいですね!

高めのつり球にハマりすぎないように!

高めつり球の意味や効果的な使い方を解説しました。

高めのつり球が決まれば気持ちがいいですし、キャッチャー冥利に尽きるリードでもあります。

でも何回も使うと効果がなくなりますし狙われる可能性も高くなるので、
高めのつり球にはハマりすぎないように気をつけたほうがいいですね!

Twitterをフォローして最新情報を受け取る