バッターのファールで絞り球を観察するキャッチャー

「相手バッターの絞り球は、どう判断すればいい?」

「ファールの仕方や方向で打者の狙い球がわかるって本当?」

こんな風に思ってる方に向けて、
相手バッターの絞り球をファールの仕方で判断する方法をお話します。

キャッチャーがリードを組み立てるうえで、
バッターがどの球種を待ってるのか仮説を立てることは重要です。

打者の狙い球を予想しないでサインを出して打ち取れても、それはまぐれですし、
そもそもバッターのことを考えてないリードなどリードではありません。

とはいえ、バッターの狙い球は簡単にはわかりませんよね。

バッターは「これ狙ってるから!」と教えてくれないですし、
打者の顔に書いてあるわけでもありませんからね。

 

そこで本記事ではバッターの絞り球をファールの打ち方や方向、
打球の強さで判断する方法を解説していきます。

バッターの狙い球の予測が高確率で当たるようになれば、
打ち取れる確率はグンっと上がりますし、リードもラクになっていきます。

打者がどのようなファールをどんな風に打ったのかに注目し、
相手打者の絞り球を予測して、バッテリー有利の展開を作っていきましょう!

バッターの絞り球を考えないリードはリードじゃない!

バッターの絞り球を考えないリードなど、リードではありません!

キャッチャーがリードを組み立てる上で、最も重要なのは「根拠」です。

・なぜその球種なのか?

・どうしてそのコースなのか?

誰かに聞かれたときに1球1球この質問に答えられなければ、
それはリードではなく、テキトーな配球でしかありません。

では、何をベースにしてリードを組み立ててれば良いのか?

それがバッターの絞り球です!

もし相手バッターの全打席の狙い球が分かっていれば、高確率で打ち取れますよね。

ストレートを狙ってるなら変化球を要求すれば良いですし、
変化球を狙ってるならストレートを要求すれば打たれる確率はかなり低くなります。

つまり1球1球に根拠を持つには、相手バッターがどのボールに絞ってるのかを考えることなのです。

「バッターは何を待ってるのか?」「どんな待ち方をしてるのか?」「どの方向に打とうとしてるのか?」、
バッターの一挙手一投足を観察して、狙い球の仮説を全バッター立てましょう!

すべての仮説が当たることに越したことはありませんが、
簡単ではないですし、あくまでも大切なのは根拠を持つことです。

根拠を持って1球1球を要求すればリードへの考え方が深くなりますし、
打たれたとしても次の打席や今後の試合のときに必ず活きてきます。

根拠を持ったリードをしていきましょう!

Twitterをフォローして最新情報を受け取る