バッターのファールで絞り球を観察するキャッチャー

「相手バッターの絞り球は、どう判断すればいい?」

「ファールの仕方や方向で打者の狙い球がわかるって本当?」

こんな風に思ってる方に向けて、
相手バッターの絞り球をファールの仕方で判断する方法をお話します。

キャッチャーがリードを組み立てるうえで、
バッターがどの球種を待ってるのか仮説を立てることは重要です。

打者の狙い球を予想しないでサインを出して打ち取れても、それはまぐれですし、
そもそもバッターのことを考えてないリードなどリードではありません。

とはいえ、バッターの狙い球は簡単にはわかりませんよね。

バッターは「これ狙ってるから!」と教えてくれないですし、
打者の顔に書いてあるわけでもありませんからね。

 

そこで本記事ではバッターの絞り球をファールの打ち方や方向、
打球の強さで判断する方法を解説していきます。

バッターの狙い球の予測が高確率で当たるようになれば、
打ち取れる確率はグンっと上がりますし、リードもラクになっていきます。

打者がどのようなファールをどんな風に打ったのかに注目し、
相手打者の絞り球を予測して、バッテリー有利の展開を作っていきましょう!

バッターの絞り球を考えないリードはリードじゃない!

バッターの絞り球を考えないリードなど、リードではありません!

キャッチャーがリードを組み立てる上で、最も重要なのは「根拠」です。

・なぜその球種なのか?

・どうしてそのコースなのか?

誰かに聞かれたときに1球1球この質問に答えられなければ、
それはリードではなく、テキトーな配球でしかありません。

では、何をベースにしてリードを組み立ててれば良いのか?

それがバッターの絞り球です!

もし相手バッターの全打席の狙い球が分かっていれば、高確率で打ち取れますよね。

ストレートを狙ってるなら変化球を要求すれば良いですし、
変化球を狙ってるならストレートを要求すれば打たれる確率はかなり低くなります。

つまり1球1球に根拠を持つには、相手バッターがどのボールに絞ってるのかを考えることなのです。

「バッターは何を待ってるのか?」「どんな待ち方をしてるのか?」「どの方向に打とうとしてるのか?」、
バッターの一挙手一投足を観察して、狙い球の仮説を全バッター立てましょう!

すべての仮説が当たることに越したことはありませんが、
簡単ではないですし、あくまでも大切なのは根拠を持つことです。

根拠を持って1球1球を要求すればリードへの考え方が深くなりますし、
打たれたとしても次の打席や今後の試合のときに必ず活きてきます。

根拠を持ったリードをしていきましょう!

バッターの絞り球のパターン

「来た球を打つ」天才的なバッターもいますが、大半のバッターは絞り球があります。

・球種で絞る

・コースで絞る

・高さで絞る

・変化球待ちのストレート対応

主にこの4パターンでバッターは絞り球を決めてます。

球種で絞る

1つ目が球種で絞るバッターです。

これが一般的だね!

 

シンプルに言うと「ストレート待ち」「変化球待ち」になります。

ただ、カーブやスライダー、フォークやシュートなど球種が多い場合には、
曲がる系や落ちる系で待ってたり、球種を特定してたりします。

この辺りはバッターの反応を見て、仮説を立てるといいですね!

球種で絞ってるバッターは、
初球に待ってるボールが来たら積極的に振ってくる傾向があります。

コースで絞る

つぎがコースで絞るバッターです。

これはランナーを進塁させたい場面で多いです。

 

ランナー1塁のケースでとにかく進塁打を打とうと、
右方向に打ちやすいコースを待ってる感じですね。

この辺りはランナーの状況や試合の展開を考えてみると分かったりします。

また、球種関係なく得意なコースに絞ってるバッターもいます。

こういうバッターは狙ってないコースの場合は甘めのストライクでも見逃し、
狙ってるコースなら多少のボール球でもどんどん手を出してきます。

高さで絞る

3つ目は高さで絞るバッターです。

・高めのストレート

・すっぽ抜けの変化球

ハイボールヒッターローボールヒッターは、
球種は関係なくボールの高さで狙い球を決めてます。

ベルトの位置より高い・低いでボールを待ってる感じですね。

また、犠牲フライで得点が入るときには高めのボールを待ってる打者は多くなります。

変化球待ちのストレート対応

最後4つ目は変化球を待ちながらストレート対応してるバッターです。

これはバッターが追い込まれてる状態に多くなります。

打つポイントを身体の近く(手前)にして、
ストレートはファールで逃げて変化球に標準を合わせています。

また最初から変化球待ちでストレート対応してくるバッターは、
天才系のバッターか、ピッチャーのどんな球種でも打てると確信があるバッターですね。

こういうバッターは正直な話、リードではどうすることもできません。

バッターの絞り球はファールの仕方で判断する

それではバッターの絞り球をファールの仕方で判断する方法をお話します。

・スイングの体勢

・スイングの強さ

・打ったポイント

・ファールの方向

この4つのポイントを観察すれば、
ファールの仕方でバッターの狙い球の仮説は立ちます。

ファールを打った体勢

まずはバッターがファールを打った姿勢を見ます。

観察ポイントは3つです。

・泳がされているか?

・ベストスイングだったか?

・詰まってないか?

体勢を泳がされながらのファールなら遅いボールや変化球は頭になかったはずですし、
詰まったファールだったならストレートを待っていなかった可能性は高いです。

ほぼベストスイングでのファールなら、打ち損じの可能性は高くなります。

三塁線ギリギリのファールやライトポールに当たりそうだったファール、
真後ろへのファールなどはバッターの狙い球だった可能性は高いです。

スイングの強さ

つづいてのファールの観察ポイントは、スイングの強さです。

たとえ絞り球ではなかったとしても、
タイミングを合わせるためにバットを振ってくるバッターもいます。

そんなバッターにも対応するために、スイングの強さを観察したほうがいいですね!

合わせにいってるならスイングが弱くなりますし、
狙ってたならスイングは強くなります。

 

また、バッターを追い込んだときにもスイングの強さを観察するのは効果的です。

変化球を狙ってるならストレートがきたときに軽く当てるスイングになったり、
ストレート待ちで変化球がきたら泳いだり踏ん張ったりしたスイングになります。

こんな風にスイングの強弱を見れば、バッターの絞り球は分かってきます。

ファールを打ったポイント

ファールの仕方の3つ目の観察ポイントは、バッターの打つポイントです。

これは2巡目からでOKです。

 

まずは1順目で各打者のヒッティングポイントを把握して、
2巡目から打つポイントを観察して、絞り球は何なのかを考えるイメージですね。

打つポイントが前寄りのバッターがストレートに振り遅れてるなら待ってませんし、
変化球を打ったポイントが更に前になってるなら、変化球は待ってないです。

これは打つポイントを身体寄りにしてるバッターなら逆になります。

打つポイントがさらに身体の近くになってるならストレートは待ってませんし、
打つポイントが前寄りになったなら変化球は待ってないです。

こんな風に2順目からバッターの打つポイントを観察してみると、
各打者の絞り球は意外と明確に分かってきます。

ファールの方向

最後4つ目のファールの仕方の観察ポイントはファールの方向です。

ここが最も重要な観察ポイントになります。

・引っ張り方向のファール

・流し方向のファール

・真後ろのファール

この3つのファールの方向を見て、バッターの狙い球を考えてみましょう!

引っ張り方向のファール

まずは引っ張りのファールから考えられるバッターの絞り球です。

もしストレートを引っ張ったファールなら、ストレート待ちの可能性は高いです。

少しタイミングが早かっただけだからね!

 

変化球を引っ張ったファールなら、つぎに打球の強さを確認します。

打球が速かったなら変化球を待っていた可能性が高いですし、
ストレート待ちで変化球に対応してるバッターかもしれません。

逆に泳がされながらの弱い打球だったり、打つポイントが通常よりも前になってたり、
フラフラ〜と上がった飛球でのファールなら、ストレートを待ってる可能性は高いですね!

流し方向のファール

つづいて流し方向のファールで考えられるバッターの狙い球です。

変化球を流しの方向でファールを打ったなら、変化球待ちの可能性は高くなります。

変化球を引きつけられてるってことですからね!

 

一方、ストレートを流し方向のファールにしたバッターなら、
スイングの強さ打った体勢をチェックしましょう。

当てにいったようなスイングなら変化球待ちのストレート対応ですし、
ベストスイングしてるなら振り遅れただけなので、ストレート待ちの可能性は高いです。

ここまでわかれば、次のボールに何を要求すれば打ち取れる可能性が高いのかわかりますよね!

真後ろのファール

最後に真後ろのファールで考えられるバッターの狙い球です。

ストレートでも変化球でもキャッチャーの後側にファールが飛んだなら、
その球種を待ってる可能性は高くなります。

ちゃんとバットに当たってれば、
センター方向に打球が飛んでますかね。

 

ただ、真後ろのファールでも打球の強さだけはチェックしましょう!

ライナー性で真後ろ方向に飛んだファールなら狙い球の可能性は高いです。

でも、弱いフライやバットにかろうじて当てた真後ろのファールなら、
その球種には絞っていない可能性は高くなります。

ベストスイングできてないなら、なおさら狙っていない可能性は高いですね。

 

バッターのファールの仕方1つにも色々な情報が詰まってるので、
ぜひ様々な角度から観察して、絞ってる球種やコースはどこなのかを考えてみましょう!

バッターの絞り球が分かったときのリード

バッターのファールの仕方を観察して、
絞り球が分かってからがキャッチャーのリードの面白いところです。

・絞り球を外す

・同じ球を要求する

この2つしか選択はないんですけど、これが実に面白いんです!

バッターによって鋭い当たりのファールを打ったら狙い球を変えたり、
追い込まれるまでは同じ球を待ってたり、追い込まれたら待ち方を変えたりします。

この辺りはファールを打ったあとのバッターの顔を見たり、
仕草を観察したりして、どのタイプのバッターなのか考えてみるといいですね。

正解はないですが、根拠を持ってリードをしましょう!

それができるようになれば、もっとリードが楽しくなります。

ファールには情報がたくさんある

バッターの絞り球をファールの仕方で判断する方法を解説しました。

・スイングの体勢

・スイングの強さ

・打ったポイント

・ファールの方向

この4つのポイントで打者のファールの仕方を観察してみましょう!

ファールにはバッターの情報がたくさん詰まってるので、
冷静に分析すれば絞り球や待ち方が分かってきます。

1球1球に意図を持たせるために、キャッチャーは常にファールに目を光らせるといいですね。

Twitterをフォローして最新情報を受け取る