補殺しようとしてるキャッチャー

「野球の捕殺って、なに?」

「捕殺と刺殺の違いを知りたい!」

「キャッチャーの捕殺を増やすためにできることってなにがある?」

こんな風に思ってる方に向けて、野球の守備記録である捕殺について解説します。

野球には捕殺という守備記録がありますが、
イマイチどんなプレーなのか分からないですよね。

野球をやってる人でも明確に答えられないこと、
結構多いと思います。

 

また、捕殺と似たような言葉で刺殺という守備記録もあります。

本記事では捕殺とはどのような守備記録なのか、捕殺と刺殺の違い、
そしてキャッチャーが捕殺を増やすためにできることを解説します。

捕殺の数が多いほど良いキャッチャーなので、
1つでも捕殺を増やせるように日々の練習に取り組みましょう!

野球の補殺とは?

まずは補殺から解説します。

補殺とは、野手がボールを投げてアウトにしたときの守備記録です。

たとえばショートがゴロを捕ってファーストにボールを投げてアウトにした場合、
ゴロを捕ってボールを投げたショートに補殺が記録されます。

フライアウトは、
ボールを投げないので補殺にはなりません。

 

なのでキャッチャーの補殺とは…、

・バント処理

・盗塁阻止

・振り逃げした打者を1塁でアウトにした場合

・ランダウンプレー

こんな風にキャッチャーがボールを投げて、
打者やランナーをアウトにしたときに補殺が記録されます。

つまり、捕手の補殺の多さは「どれだけ捕手主導でアウトにできたか?」なので、
多ければ多いほど優秀なキャッチャーということなんですよね!

「補殺」と「刺殺」の違い

補殺と似たような守備記録の刺殺があります。

刺殺とは、直接アウトにした野手の守備記録です。

たとえばショートがゴロを捕ってファーストでアウトにした場合は、
ボールを捕った1塁手に刺殺が記録されます。

この場合の捕殺はショートだったよね。

 

また、フライも直接アウトになるのでフライを捕った人に刺殺と記録されます。

なのでキャッチャーの刺殺とは…、

・ホームのクロスプレー

・ホームのフォースアウト

・振り逃げ打者へのタッチアウト

・ランダウンプレー

・キャッチャーフライ

このようにキャッチャーがボールを捕って、直接アウトにした場合に刺殺が記録されます。

ホームを守るキャッチャーによって、刺殺も重要なプレーです。

野手からの送球をしっかり捕って、
ランナーをアウトにした証拠ですからね。

 

刺殺はどこのポジションでも大切なプレーではありますが、
とくにキャッチャーはミスをしてはいけないプレーになります。

キャッチャーが補殺を増やすためにできること

それではどうやってキャッチャーは補殺を増やすのか?

・スローイング

・フィールディング

・自分でバント処理する意識

キャッチャーが捕殺を増やすには、この2つのスキル1つの心構えを身につけることです。

スローイングを磨く

1つ目のキャッチャーが捕殺を増やすためにできることはスローイングです。

・盗塁

・バント処理

盗塁をされたときの2塁送球や3塁送球はもちろんですが、
バントされたときの1塁、2塁、3塁へのスローイングを磨けば捕殺は増えます。

とくにタッチプレイのケースでのスローイングを
練習するといいですね!

 

フォースアウトは内野手が捕れる位置に投げればOKですが、
タッチプレイの場合はコントロールが求められますからね。

内野手がタッチしにくい位置にボールを投げたり、
逆球になったら間一髪でセーフになり、捕殺が成立しません。

タッチプレイの時はランナーのスライディング位置に、
ドンピシャで投げられるようしたいね!

 

スローイングの精度を上げれば、キャッチャーの補殺数は劇的に伸びていきます。

スローイングの基本はこちらで解説してます。

フィールディングを磨く

つづいてのキャッチャーが捕殺を増やすためにできることは、フィールディングを磨くことです。

・盗塁されたときのスローイングフォーム

・キャッチャー前のバントの1歩目の速さ

・キャッチャー前のバントの捕り方

・キャッチャー前のバントのステップと送球

キャッチャーの補殺を増やすには盗塁阻止だけでは足りないので、
バント処理がポイントになってきます。

バントされたときの1歩目を早くしたりボールの捕り方の無駄をなくしたり、
正しいステップや送球方法を身につけましょう!

フィールディングが良くなれば守備範囲が広がりますし、
チームの信頼度が上がるのでバント処理を任せてもらいやすくなります。

ピッチャーや内野手に信頼してもらえれば、
どんどん補殺は増えていきます!

 

捕殺を増やすために盗塁阻止を磨いてるキャッチャーは多いですが、
バントの守備範囲を広げようと練習してる人は少ないです。

半歩でもバント処理の守備範囲を広げて、捕殺を増やしましょう!

キャッチャーのバント処理方法は下記ブログ記事で解説してます。

自分でバント処理する意識

最後3つ目のキャッチャーが捕殺を増やすためにできることは、自分でバント処理する意識です。

野球もそうですし、他のスポーツもそうなんですけど、
メンタルは大切です!

 

盗塁されたときに2塁送球の自信がなければ阻止するのは難しいですし、
バント処理も「自分がアウトにしてやる!」くらいの気持ちがないと1歩目は遅れます。

捕れる範囲のバントなら、すべて自分がアウトにする!

これくらいの心構えでプレーしましょう!

また、キャッチャーはホーム以外のベースに対して、身体を正面に向けやすいですよね。

ボールを捕る位置にもよりますが、
基本的には1塁にも2塁にも3塁にもボールを投げやすいのがキャッチャーになります。

バント処理に1番対応しやすいポジションは、
キャッチャーなんだよね!

 

キャッチャーがバント処理をする意識を強く持ち、
少しでもピッチャーの負担を減らせるようにしたいですね。

守備範囲を広くしよう!

キャッチャーの補殺について解説しました。

・捕殺:ボールを投げてアウトにした守備記録

・刺殺:ボールを捕ってアウトにした守備記録

野球の守備記録である捕殺と刺殺には、このような違いがあります。

そして、捕殺数がキャッチャーの良し悪しを判断する1つの目安です。

キャッチャーが補殺数を増やすには盗塁阻止だけでは足りないので、
バント処理できる守備範囲を広げていきましょう!

キャッチャーは唯一どこのベースにも投げやすいポジションなので、
フィールディングとスローイングを磨けば捕殺数はどんどん増えていきます。

ピッチャーの負担を少しでも減らすためにも、キャッチャーは守備範囲を広くしましょう!

Twitterをフォローして最新情報を受け取る