キャッチャーからピッチャーへの返球をしてるシーン

「キャッチャーからピッチャーへの返球は座ったままで良いの?立ったほうが良いの?」

「キャッチャーをしてて座ったまま返球をしたら監督に怒られた…」

「キャッチャーからピッチャーへの返球のコツってあるの?」

こんな風に思ってる方に向けて、キャッチャーからピッチャーへの返球について解説します。

キャッチャーからピッチャーへの返球はホント何気ないプレーですが、
実はピッチャーの調子を左右する大切なプレーなんですよね。

キャッチャーからの返球が悪いとピッチャーの体力を奪ったり、
余計な部分で神経を使わせたりして、ピッチングに悪影響を及ぼしていきます。

なのでキャッチャーからピッチャーへの返球は、常に捕りやすい位置にしましょう。

ただ、キャッチャーは激務なポジションです。

立ってピッチャーに返球したほうがコントロールが安定するのは分かってるけど、
座ったままピッチャーに返球したいという気持ちもわかります。

これが座ったまま返球するか立って返球するか問題です。

 

本記事ではキャッチャーからピッチャーに返球するときのポイントや注意点、
座ったままか立って返球するか問題について解説していきます。

「座ったままで返球する」か「立ったまま返球する」かはポイントではありません。

常に良いボールでピッチャーに返球できるなら姿勢は関係ないですし、
あとは試合の状況によって座ったままか立つかを決めればOKです。

キャッチャーからピッチャーへの返球時のポイント

まずはキャッチャーからピッチャーへの返球時のポイントです。

「ピッチャーがラクに捕れる場所に投げる」

キャッチャーからピッチャーへの返球のポイントは、これだけです!

ピッチャーの「ベルト以上、頭の高さ未満」、
ここが1番捕りやすい位置だよ!

 

キャッチャーからピッチャーに返球するときに、
常にピッチャーが捕りやすい位置に投げられれば100点満点です。

キャッチャーからピッチャーへの返球時の注意点

キャッチャーからピッチャーに返球するときは、
「ピッチャーがラクに捕れる位置に投げる」のがポイントです。

基本的にそれさえ出来ればOKですが、注意点もあります。

・1球でもピッチャーが疲れる返球をしない

・ランナーがいる時は座ったまま返球をしない

・ランナーを確認せずに投げない

キャッチャーからピッチャーに返球するときには、この3つを守りましょう!

1球でもピッチャーが疲れる返球をしない

まず1つ目のキャッチャーからピッチャーへの返球時の注意点は、
1球でもピッチャーが疲れる返球をしないようにすることです。

ピッチャーが少しジャンプしないと捕れなかったり、
返球がショートバウントしたりするとピッチャーはボールを捕るときに疲れます。

1球で大きなダメージを与えるわけではありませんが、疲労は蓄積するので、
ボールが甘くなって打たれたり、コントロールが乱れたりします。

試合中にピッチャーの調子が悪くなるのは、キャッチャーの返球が原因の可能性もあるわけです。

キャッチャーは負担の多いポジションではありますが、
野球で精神的にも肉体的にも負担が1番大きいのはピッチャーになります。

ピッチャーが余計なところで疲れないように、
キャッチャーは1球でもピッチャーが疲れるような返球をしないようにしましょう!

ランナーがいる時は座ったまま投げない

つぎのキャッチャーからピッチャーへの返球時の注意点は、
ランナーがいるときには座ったまま投げないことです。

塁上にランナーがいるなら、常に進塁される可能性があります。

座ったまま返球してたらディレードスチールされたときに対応しにくいですし、
ランナーが飛び出したときにスローイングをしにくいですよね。

このようにランナーがいるケースでは常にスローイングする可能性があるので、
キャッチャーは座ったままではなく、立ってから返球をしましょう!

また、ランナーがいるときに立って返球をするのは、もう1つ大切な理由があります。

それはキャッチャーのアップです。

キャッチャーはランナーが盗塁をしてきたら投げないといけないですし、
バントがキャッチャーの目の前に転がったらスローイングする必要があります。

そのときにベストを尽くせるように、ピッチャーへの返球で肩を温めておきましょう。

いつもの返球よりも少し強めに投げるといいよ!

 

あと盗塁阻止やバント処理などは足を使ったプレーでもあるので、
ピッチャーに返球をするときには下半身を動かすのも意識するといいですね。

ランナーの進塁を防ぐためにもベストなスローイングをするためにも、
塁上にランナーがいるときには必ず立って返球をするようにしましょう!

ランナーを確認せずに投げない

最後3つ目のキャッチャーからピッチャーへの返球時の注意点は、
ランナーを確認せずに投げないことです。

これは自分がランナーになったときをイメージするとお分かりいただけるかと思います。

キャッチャーがこちらをチラチラ見てきたら警戒されてると感じたり、
キャッチャーからの牽制が来るんじゃないかと思ったりしますよね。

その結果、リードが少し小さくなったり、二次リードを大きく取れなかったりしませんか?

キャッチャーが投げる意志があろうがなかろうが、
キャッチャーに見られただけで、ランナーはこれだけの影響を受けるのです。

なので、キャッチャーはランナーを確認してからピッチャーに返球をしましょう!

とくに1塁ランナー3塁ランナーは忘れないようにしてください。

キャッチャーが返球するときに1塁ランナーを見ればリードが若干小さくなりますし、
3塁ランナーを見ればホームスチールされる可能性はなくなります。

キャッチャーがランナーを見てから返球するだけで、
自チームが有利になるんです。

 

ランナーを見るときのポイントは、大袈裟に見ることです。

目だけで見るのではなく顔ごと向ければ、ランナーは確実に意識してくれます。

「このキャッチャーは隙がないな…」

ランナーにそう思わせられるように返球をするときには必ず確認しましょう!

「座ったまま返球」か「立って返球」か問題について

キャッチャーからピッチャーへの返球には1つの議論があります。

座ったまま返球するか、必ず立って返球するか問題」です。

監督やコーチなどによって様々な意見はあると思います。

個人的にはランナーのいない状況なら、
ピッチャーの捕りやすい位置に投げられればどっちでも良いと思ってます。

実際にプロ野球のキャッチャーは、ランナーがいない状態なら座ったまま返球してますよね。

ただ、プロ野球のキャッチャーが座ったまま返球をしてるからOKというわけではなく、
プロのキャッチャーはピッチャーの捕りやすい位置に100発100中で投げられるからOKなんです!

常にピッチャーの捕りやすい位置に投げられるなら、
座ったままの状態でもまったく問題ありません!

 

むしろ立ったり座ったりしないでいいので、
キャッチャーの負担は少なくなり、良いことしかありません。

ですが座ったまま返球をして、
試合中にピッチャーを疲れさせるようなボールを何球も投げてるなら話は別です。

ピッチャーがラクに捕れる位置に投げられないのなら、
キャッチャーは立ってから返球をしましょう!

キャッチャーからピッチャーへの返球は最大の配慮を!

キャッチャーからピッチャーへの返球は座ったままか立つかについてお話しました。

キャッチャーからピッチャーへの返球は、地味ですが、大切なプレーになります。

・1球でもピッチャーが疲れる返球をしない

・ランナーがいる時は座ったまま返球をしない

・ランナーを確認せずに投げない

キャッチャーからピッチャーに返球をするときには、
この3つを必ず意識するようにしましょう!

また「座ったまま返球する」か「立って返球する」かは、キャッチャーのコントロール次第です。

ランナーのいない状況でコントロールに自信があるなら座ったままの返球でもOKですし、
コントロールに自信がないとか、たまにピッチャーの捕りにくいボールを投げてしまうなら、
1球1球立って返球するのはしんどいですが、必ず立ってから返球をしましょう!

キャッチャーからピッチャーへの返球は何気ないプレーです。

でも、キャッチャーはそんな僅かなプレーにも最大の配慮をするといいですね!

Twitterをフォローして最新情報を受け取る