キャッチャーからピッチャーへの返球をしてるシーン

キャッチャーからピッチャーへの返球は、ホント何気ないプレーです。

でも実は、ピッチャーの調子を左右する大事なプレーなんです!

キャッチャーからの返球が悪いとピッチャーの体力を奪ったり、
余計な神経を使わせたりします。

ピッチャーの「ベルト以上、頭の高さ未満」の位置に返球するのがベストです。

ただ、キャッチャーも激務なポジション。

できれば座ったままピッチャーに返球したい、
その気持ちも分かります。

今回はキャッチャーからピッチャーへの返球時のポイント注意点
そして座ったまま投げるのか立って投げるのかについてお話します。

キャッチャーからピッチャーへの返球時のポイント

キャッチャーからピッチャーへの返球時のポイントは1つです。

それは「ピッチャーがラクに捕れる場所に投げる」です。

ピッチャーの「ベルト以上、頭の高さ未満」の位置に
常に投げるといいね!

これさえできれば、キャッチャーからピッチャーへの返球は100点満点です。

キャッチャーからピッチャーへの返球時の注意点

キャッチャーからピッチャーへの返球時のポイントは1つですが、注意点は3つあります。

1球でもピッチャーが疲れる返球をしない

まず、1球でもピッチャーが疲れる返球をしないようにしましょう!

ピッチャーが少しジャンプしないと捕れなかったり、
返球がショートバウントしたりするとピッチャーは疲れます。

それが影響してボールが甘くなって打たれたり、
コントロールが乱れたりしたらキャッチャーの責任です。

キャッチャーは負担の多いポジションですが、
ピッチャーのほうが精神的にも肉体的にも一番しんどいポジションです。

ピッチャーが余計なところで疲れないように、常に捕りやすい位置に投げましょう!

ランナーがいるときは立って投げる

ランナーがいるときには、立って投げましょう!

これはランナーのディレードスチール対策なんですけど、もう1つ大切な役割があります。

キャッチャーのアップです!

ランナーが盗塁したりディレードスチールしたり、
バッターがバントしたりしたら、キャッチャーの出番です。

どんなプレーでもベストを尽くせるように、
ピッチャーにしっかりと返球して肩を温めておくといいです。

あと、盗塁やバント処理って座ったままのプレーではありませんよね

足を使うプレーなのでピッチャーに返球するときには下半身を使うのも意識しましょう。

ずーっと座った状態だと、急に動けないからね!

ランナーを見てから投げる。

最後3つ目は、「ランナーがいるときには、ランナーを見てから投げる」です。

自分がランナーだったときキャッチャーに見られたら警戒されてると思ったり、
キャッチャー牽制が来るんじゃないかと思ったりしますよね。

相手ランナーにそう思わせるために、見てから返球をしましょう!

とくに1塁ランナー3塁ランナーです。

キャッチャーが返球するときに1塁ランナーを見ればリードが若干小さくなりますし、
3塁ランナーを見ればホームスチールされる可能性はなくなります。

キャッチャーがランナーを見てから返球するだけで、
自チームが有利になるんです。

またランナーを見るときのポイントは、「大袈裟に見る」です。

目だけで見るのではなく顔ごと向ければ、ランナーは確実に意識してくれます。

「座ったまま」か「立つ」か問題について

キャッチャーからピッチャーへの返球には、1つの議論があります。

座ったまま返球するか、必ず立って返球するか問題」です。

個人的には「ピッチャーが捕りやすい位置に投げられる」なら、どっちでも良いと思ってます。

実際にプロ野球のキャッチャーは、ランナーがいない状態なら座ったまま返球してます。

これってプロ野球選手だからOKではなく、
ピッチャーの捕りやすい位置に100発100中で投げられるからOKなんです!

常にピッチャーの捕りやすい位置に投げられるなら、
座ったままの状態でもまったく問題ありません!

むしろ立ったり座ったりしないでいいので、
キャッチャーの負担は少なくなり、良いことしかありません。

ですが、試合中に何球もピッチャーを疲れさせるような返球をするなら話は別です。

コントロールがついてない証拠なので、そこは基本に立ち返り、立って返球しましょう!

キャッチャーからピッチャーへの返球は最大の配慮を!

キャッチャーからピッチャーへの返球は座ったままか立つかをテーマにお話しました。

キャッチャーからピッチャーへの返球は、地味なプレーですが大切なプレーです。

ピッチャーが余計なところで疲れないように、
キャッチャーは捕りやすい位置に返球しましょう!

キャッチャーは何気ないプレーにも最大の配慮が必要です。

Twitterをフォローして最新情報を受け取る