野球でバスターをしてるバッター

攻撃チームの作戦の1つに「バスター」があります。

今回は、「バスター」の利点欠点をお話します。

キャッチャーはそれらを把握して、バスターエンドランを防ぎましょう!

バスターとは?

バスターとは、ピッチャーが投球モーションに入るまではバントの構えをして、投球したらヒッティング姿勢になる打法です。

下記動画の後半でバスター打法が分かります。

バスター打法が上手いバッターは、本当にバントしそうな雰囲気からヒッティングに切り替えてきます。

上記動画の奥村選手も上手いですよね。

バントしそうな雰囲気から一点ヒッティングをしてます。

なのでキャッチャーは、

・バッターの雰囲気

・アウトカウント

・試合の状況

これらを考えてバスターがありそうかどうかを判断します。

バスターが考えられるケース

次にバスターが考えられるケースをお話します。

ランナー1塁

バスターはランナー1塁のケースでよくあります。

とくに守備側がバントシフトを置いてチャージをかけると、相手バッターはバントの構えからヒッティングに切り替えてきます。

ヒットゾーンが広くなりますし、速い打球を打てればエラーを誘えてますからね。

ランナー2塁

ランナー2塁でもバスターは考えられます。

この場合のバントのセオリーは、サードにボールを捕らせるですよね。

なので三塁手はバントの構えをしたらチャージをかけ、ショートがサードベースカバーにいきます。

そうなるとショートからセカンドベースの間がガラ空きになるので、バッターはそこに目掛けてヒッティングしてきます。

ランナー1塁・2塁

ランナー1塁・2塁でもバスターはありえます。

守備側からすると相手バッターがバントの構えをしたら、フォースアウト状況なので次塁でアウトを狙いたいところですよね。

そうなると自然とバントチャージをしたくなります。

そこをバスターで狙い打つ。上手いバッターならこんな風に考えてきます。

ランナーなし

普段のバッティングフォームがバスター打法のバッターもいます。

・タイミングが取りやすい。

・スイングに無駄がなくなる。

・ボールを引きつけられる。

バスター打法にはこんなメリットがあるからです。

バスターの利点と欠点

それではバスターの利点と欠点をお話します。

キャッチャーは頭に入れて、相手バッターの思惑を潰しましょう!

利点

バスターの利点は、上手くハマればチャンス拡大できる点です。

ランナー1塁、ランナー2塁、ランナー1・2塁のどのケースでもバスターがハマれば一気に得点のチャンスが広がりますよね。

またバントが上手くないバッターでも、転がせばランナーを進塁させることができます。

欠点

バスターの欠点は、失敗したらチャンスがなくなる点です。

とくにランナー1塁でのバスターは、打球が野手の正面に飛んだ場合に簡単にダブルプレーになります。

なのでバスターって意外とギャンブルプレーなんですよね。

バスターエンドランには要注意!

ランナー1塁、ランナー2塁、ランナー1・2塁のいずれのケースでバスターをやられたとしてもアウト1つ取ればOKです。

バントされたと思いましょう!

ただバスターエンドランには気をつけないといけません。

バスターエンドランとは、エンドランのバスター版です。

ランナーは盗塁をして、バッターはバントの構えからヒッティングに切り替えます。

ランナー1塁なら得点が入るケースは稀ですが、ランナー2塁、ランナー1・2塁でバスターエンドランを決められると相手チームに得点を許してしまいます。

また不思議とバスターエンドランを決められると、試合の流れが一気に相手チームにいってしまうことも多いんです。

なのでキャッチャーはバスターエンドランを未然に防ぐことが求められます。

キャッチャーはバスターエンドランを防ごう!

それではキャッチャーがバスターエンドランを防ぐ方法を解説します。

ポイントは、

・バントだと決めつけない。

・相手バッターのバントの上手さを考える。

・相手チームの監督の気持ちを考える。

・ボール球を効果的に使う。

この4つです。

バントだと決めつけない

一番は「バントだと決めつけない」ですね。

バスター打法は奇襲作戦です。

なので相手チームは守備側が「バントしかない」と決めつけてると感じたら、バスターをしてきます。

そのほうが成功する確率は高くなりますからね。

なのでバスターが考えられるケースなら、キャッチャー自身が意識することも大切ですが、守備陣に「バスターもあるよ!」と声をかけましょう!

そうすれば相手バッターも簡単にバスターをやれなくなります。

相手バッターのバントの上手さを考える

シンプルに相手バッターがバンドできなさそうならバスターがありえます。

バントの構え方やボールの見送り方を見て、相手バッターがバントをできる人なのかを判断しましょう。

バントが下手なバッターはヒザを上手く使えないことが多いです。

その辺を観察するといいですね!

相手チーム監督の気持ちを考える

これは相手バッターのバントの上手さにも関係するんですけど。

たとえばファーストストライクでバッターがバントできなかったとします。

でも、普通に考えてこのケースはランナーを進塁させたい。

こんな状況での相手チーム監督の気持ちって「バントでは無理かも…」ですよね。

しかも、バントするのが難しくないボールだったら余計にそう思うはずです。

それならバスターエンドランに切り替えたほうが進塁させられる確率は上がります。

野球は確率論ですからね。

なので相手バッターがファーストストライクでバントを失敗したら、バスターされる確率って意外と高くなります。

またバスターエンドランを決められるカウントって、意外と1ストライク以降が多かったりします。

守備側もバントの頭になりますしね。

なので相手チーム監督の気持ちを考えて、バスターエンドランを未然に防ぎましょう!

ボール球を有効活用する

バスターエンドランがありえそうな雰囲気なら「ボール球を有効活用」しましょう!

バスターエンドランと言っても、普通のエンドランと同じです。

バッターの打ち方がバスターになってるだけです。

・ストライクからボールになる変化球

・高めの速いボール

これらを有効活用してバッターの空振りを取れれば、普通の盗塁になるのでアウトにできる確率は上がります。

バスターエンドランがありそうなら、バッターの空振りを誘えるリードを心がけるといいですね!

決めつけない!

野球のバスターについて記載しました。

バスターは意外とギャンブルプレーです。

上手くいけばチャンス拡大ですし、ミスればチャンスはなくなります。

だからこそ、キャッチャーは気をつけないといけません。

相手チームの思惑通りになったら試合の流れが一気に変わります。

バスターエンドランだけは相手チームに決められないように、「このケースはバントだろう」と決めつけないようにしましょう!

Twitterをフォローして最新情報を受け取る