爪にマニュキュアを塗ってるキャッチャー

「プロ野球のキャッチャーの指がカラフルなんだけど!」

「プロ野球のキャッチャーたちはネイルでも始めたの?」

キャッチャーがピッチャーにサインを出すときの爪が黄色かったり、
白っぽかったりするので、こんな風に思ってしまいますよね。

実はあれ、ネイルではなく、ネイルシールを貼ってます。

 

本記事ではなぜプロのキャッチャーがネイルシールを貼ってるのか
また一部のキャッチャーがマニュキュアを塗る理由をお話します。

キャッチャー用のおすすめのネイルシールについてもご紹介するので、
もしピッチャーから要望があれば、貼ってあげましょう!

キャッチャーが爪にマニュキュアを塗る理由

プロ野球で活躍してるキャッチャーの爪が蛍光系に光ってます!

あれは実はマニュキュアではなくマニュキュアシートなんですけど、
どうしてキャッチャーが爪にマニュキュアシートを貼ってるのか?

その理由をお話します。

ピッチャーにサインを見えやすくするため

まず1つ目の理由がピッチャーにサインを見えやすくするためです。

球場によってはキャッチャーのサインが見えにくかったり、
視力がよくないピッチャーもいたりします。

それらを解決するためにキャッチャーは爪に蛍光色のネイルシートを貼ってるんですよね。

野手にサインを見えやすくするため

もう1つの理由は野手にサインを見えやすくするためです。

内野手はキャッチャーのコース&球種のサインで、微妙に守備位置を変えてます。

あと半歩あったらアウトにできた!
こういうのをなくすためです。

元プロ野球選手・仁志選手のポジション取りが凄いのは、
有名な話だよね。

 

でもキャッチャーのサインが見えづらかったら、球種のサインがわからず、
内野手は守備位置を変えられません。

内野手たちにもコース&球種のサインが見えやすいように、
キャッチャーは爪にマニュアシートを貼ってるんです。

キャッチャーのネイルシールの種類

それではキャッチャーのネイルシールの種類です。

・アスリートネイル

・ゲームサインステッカー

この2種類が有名どころになります。

アスリート ネイル ATHLETE NAIL

1種類目が「アスリート ネイル(ATHLETE NAIL)」です。

日本発のメーカーです、色は3種類!

【ネイルシール】

まずはオーソドックスな黄色のネイルシールから試してみるのが良いと思います。

プロ野球でも黄色が一番多いですからね!

 

ちなみに白と黄色を交互に爪につけてるキャッチャーもいます。

ピッチャーによって見やすい色は違うので、
ピッチャーに感想を聞きながら、色々と試してみましょう!

ただ高校野球の場合、ネイルシールの利用は審判に確認したほうがいいですね。

ゲームサインステッカー

2種類目が「ゲームサインステッカー」。
アメリカのメーカーですね。

【ゲームサインステッカー】

 

野球の本場アメリカで作られたネイルシートです。

ただ、個人的には先程の「アスリート ネイル ATHLETE NAIL」のほうが良いと思います。

「アスリート ネイル ATHLETE NAIL」をプロ野球のキャッチャーたちは愛用してますし、
日本のメーカーなので日本人に手に合うんですよね!

ネイルシートは2種類ありますが「アスリート ネイル ATHLETE NAIL」にしておきましょう!

キャッチャーは爪にマニュキュアを塗るのもあり!

キャッチャーはネイルシールではなく、つ目にマニュキュアを塗るのもありです。

キャッチャーは1試合でピッチャーと同じくらいの投球数、
あるいはそれ以上の回数のボールを投げます。

ピッチャーと同じくらい爪にも負担をかけているので、
爪を補強するためにマニュキュアを塗るのはおすすめです。

実際に僕も大学時代までは、
爪に透明のマニュキュアを塗ってました。

 

【野球用の透明マニュキュア】

爪にマニュキュアを塗っておけば爪が割れる可能性が低くなるので、
プレーに集中できますし、思い切って腕を振って強い送球をできるようになります。

爪がよく割れたり欠けたりするなら、マニュキュアを塗ってカバーしましょう!

キャッチャーの爪も大切

キャッチャーが爪にマニュキュアを塗る理由やネイルシールの種類を解説しました。

キャッチャーが爪にマニュキュアシールを貼るのは、
ピッチャーにも野手にもサインを見えやすくするためです。

ピッチャーとのサインミスが減ればパスボールの可能性は減りますし、
野手がキャッチャーのサインを確認できれば、絶妙なポジション取りもできます。

キャッチャーのサインがちゃんと見えることで防げるミスは結構あるんです。

また爪を補強したいならマニュキュアを塗るといいですね!

試合中に爪が割れたり欠けたりしたら強いボールで送球をできませんし、
爪が気になってプレーに集中できなかったり、何よりテンションが下がります。

爪の負傷は事前に対策ができることが多いので、キャッチャーも爪を大切にしましょう!

Twitterをフォローして最新情報を受け取る