「少年野球の素振り用バットって、どう選べばいい?」

「素振り用バットにも色々あって、何が良いのかわからない…」

「ジュニアの素振り用バットでおすすめはどれ?」

こんな風に思ってる野球少年のお父さん、お母さんに向けて、
少年野球の素振り用バットの選び方を解説していきます。

少年野球の素振り用バットにも色んな種類があるので、
どんな風に選ぶのかがポイントになってきます。

『何を目的に素振り用バットを使いたいのか?』

ここを明確にしてから少年野球の素振り用バットは選ぶといいですね!

本記事では少年野球の素振り用バットの種類と選び方、
そしておすすめのジュニアの素振り用バットを紹介していきます。

お子さんの今のレベルに合った素振り用バットを選んで、
試合でガンガン打ってもらいましょう!

【少年野球】素振り用バットの種類

少年野球の素振り用バットは大きく分けると3種類あります。

・スイング力の強化

・スイング軌道の修正

・スイング力の強化とスイング軌道の修正

それでは1つずつ解説します。

スイング力の強化ができる素振り用バット

少年野球の素振り用バットの1種類目はスイング力を強化できるものです。

この代表的な素振り用バットが「マスコットバット」。

マスコットバットは試合で使うバットよりも重たいので、
それで素振りすることでスイング力の強化ができます。

ただ、スイング力が付くのと
スイングスピードが速くなるのは別の話です。

 

マスコットバットはスイングする力を強化する目的なので、
試合で使うバットを振り切れていない場合に効果的になります。

スイング軌道を修正できる素振り用バット

つぎの少年野球の素振り用バットはスイング軌道を修正できるタイプ

これは「カウンタースイングバット」が代表的です。

カウンタースイングバットはスイング力の強化やスイングスピードを上げるためではなく、
スイング軌道を修正するために使います。

『バットのしなりを活かしながら、インサイドアウトのスイング軌道を身につけたい!』

こんな風に思ってるならスイング軌道を修正できる素振り用バットになります。

スイング力の強化とスイング軌道を修正できる素振り用バット

少年野球の素振り用バットの3種類目は、
スイング力の強化とスイング軌道を修正できるタイプです。

これはハイブリット型になります。

 

代表的なのは「インパクトスイングバット」や「モンスタースラッガー」ですね。

これらの素振り用バットはインサイドアウトのスイング軌道を身につけつつ、
試合用のバットよりも少し重たいのでスイング力の強化にもなります。

スイング力の強化もスイング軌道の修正もしたいなら、このタイプですね!

【少年野球】素振り用バットの選び方

それでは少年野球の素振り用バットの選び方です。

・目的

・バットの長さ

・バットの重さ

この3つのポイントで少年野球の素振り用バットを選ぶといいですね!

目的

まず1つ目の少年野球の素振り用バットの選び方は目的です。

少年野球の素振り用バットには目的に合わせて種類があるので、
素振り用バットに何を求めるのか?」を決めましょう!

・スイングスピードを上げたい

・スイング筋力を増やしたい

・スイング軌道を修正したい

どんな効果を求めるかで、最適な素振り用バットは変わってきます。

スイングスピードを上げたい

スイングスピードを上げたいなら、試合で使うバットでOKです。

マスコットバットや他のトレーニングバットは、
スイング筋力はアップしますが、スイングスピードが上がるわけではありません。

マスコットバットなどの重たいバットは、
どうしてもスイングが遅くなるので、
身体がその動きに慣れてしまうんですよね。

 

なのでスイングスピードを上げたいなら、
今試合で使ってるバットや軽めのバットで素振りをしましょう!

そうすれば腕の使い方やバットを速くスイングする感覚が掴め、
スイングスピードは速くなっていきます。

スイング筋力を増やしたい

スイング筋力を増やしたいなら「マスコットバット」や「インパクトスイングバット」、
モンスタースラッガー」が最適ですね。

試合で使ってるバットでもOKですが、スイング筋力はつきません。

これは筋トレと同じ考え方です。

 

試合用バットで素振りをしてるけど、なかなかスイングスピードが速くならないとか、
試合用のバットが重そうに見えるとか。

このような場合ならスイングするための筋力が不足してる場合が多いです。

マスコットバットやインパクトスイングバット、モンスタースラッガーで素振りをして、
スイングする筋力を増やしましょう。

「マスコットバット」「インパクトスイングバット」「モンスタースラッガー」は、
こちらで詳しく解説してます。

スイング軌道を修正したい

スイング軌道を修正したいなら、カウンタースイングの一択です。

インパクトスイングバットやモンスタースラッガーでもインサイドアウトは身に付きますが、
カウンタースイングの場合は「バットのしなりを活かしたインサイドアウト」が身に付きます。

金属バットやウレタン系バットならバットのしなりはそこまで関係がありませんが、
これからレベルの高い野球をしていくと、バットのしなりを活かしたスイングは強力な武器になります。

木製バットでも十分に飛距離を出せる
スイングの軌道でもあるんですよね。

 

理想的なスイングの軌道を手に入れたいとか、スイング軌道を修正したいなら、
カウンタースイングで素振りをしましょう!

このように目的で、どの素振り用バットが良いのか変わってきます。

素振り用バットに何を求めるのか、どんなバッターになりたいのかを決めましょう!

カウンタースイングについてはこちらで詳しく解説してます。

バットの長さ

つづいての少年野球の素振り用バットの選び方はバットの長さです。

素振り用バットでも長さはポイントになってきます。

短すぎたら練習にならないし、
長すぎたら素振りすらできないからです。

 

試合用バットと同じように素振り用バットも最適な長さを選びましょう!

こちらがバットの長さの目安の測り方になります。

バットの長さの目安

①右腕を横に広げる。

②胸の中央から右手中指の先までの距離を測る。

この長さが最適なバットの目安になります。

「マスコットバット」や「モンスタースラッガー」を選ぶときには、
バットの長さの目安を測ってからにするといいですね。

インパクトスイングバットと
カウンタースイングは1サイズしかないよ!

バットの重さ

最後3つ目の少年野球の素振り用バットの選び方は、バットの重さです。

最適なバットの長さを選べていれば、そこまで気にするポイントではありません。

適した長さのバットを選べていれば、
重さも最適になってるからね!

 

ですが、あまりにも筋力が不足してる場合だと、
最適な長さの素振り用バットを選べていても重たすぎる可能性はあります。

ほとんどのケースでは、ありえませんけどね。

 

同じ身長くらいの野球少年と比べて、明らかに筋力が不足してるなら、
最適な長さの素振り用バットから1サイズ下げたものを選ぶといいですね。

1サイズ下げておけば、効果的な練習はできます。

【少年野球】おすすめの素振り用バット

最後に少年野球におすすめの素振り用バットを紹介します。

・マスコットバット

・モンスタースラッガー

・カウンタースイング

少年野球の素振り用バットは、この3種類がおすすめです。

マスコットバット

まず1つ目の少年野球におすすめの素振り用バットはマスコットバットです。

マスコットバットには「打席の前に少し振る用」と「スイング筋力を上げる用」、
この2つのタイプがあります。

この2つの違いは、マスコットバットの重さです。

 

「打席の前に少し振る用」は試合用のバットを少しでも軽く感じるために振るので重たくて、
「スイング筋力を上げる用」は、それよりも少し軽くなります。

重たすぎるバットだとスイングのフォームが崩れる可能性が高いので、
スイング筋力を増やしたいなら、試合用のバットよりも少し重たいくらいがいいです。

「スイング筋力を上げる用」のマスコットバットのおすすめはこちらになります。


ミズノのマスコットバットは長さが80㎝で重さは平均700グラム

これくらいなら小学校低学年〜中学年なら打席前の素振り用と併用できますし、
小学校高学年ならいつものバットよりも少し重たいかなと感じるくらいです。

このくらいの重さのマスコットバットで素振りをすれば、スイング筋力は増えていきます。

バッティングセンターでの練習方法はこちらで解説してます。

モンスタースラッガー

つぎの少年野球におすすめの素振り用バットはモンスタースラッガーです。

 

モンスタースラッガーは、
スイング筋力」と「スイング軌道の修正」できる素振り用バットになります。

モンスタースラッガーの長さと重さには3種類ありますが、
「65センチで750グラム」と「80センチで850グラム」がジュニア用です。

低学年〜4年生くらいまでなら「65センチで750グラム」、
5年生以上は「80センチで850グラム」が良いと思います。

 

モンスタースラッガーについてるカチカチをインパクトの瞬間で鳴らせるようになれば、
インサイドアウトのスイング軌道が身についてますし、

バットの重さが750グラムと850グラムで試合用のバットより少し重たいくらいなので、
これで素振りをすればスイング筋力もアップしていくんですよね。

また、65センチのモンスタースラッガーなら広い場所は必要ないので、
雨の日に家のなかでも素振りができるのも嬉しいポイント!

スイング筋力とスイング軌道の修正、そして雨の日に家のなかで素振りをしたいなら、
モンスタースラッガーがおすすめです。

インパクトスイングバットも同じような目的で効果を得られます。

カウンタースイング

最後3つ目の少年野球におすすめの素振り用バットはカウンタースイングです。

 

カウンタースイングは、スイング軌道の修正ができる素振り用バットになります。

スイング筋力が増えないわけではありませんが、
ほぼ皆無です。

 

また、カウンタースイングとモンスタースラッガーで得られるスイング軌道は、
インサイドアウトなのでほぼ同じですが、大きく違う部分が1つだけあります。

それはバットのしなりを活かせるかどうかです。

モンスタースラッガーやインパクトスイングバットは最短距離のインサイドアウトのスイング軌道、
カウンタースイングはバットのしなりを活かしたスイング軌道が身に付きます。

どちらのスイング軌道にもメリットとデメリットがあるので、
どんなバッターを目指したいかでスイング軌道を決めたほうがいいですね。

最短距離のインサイドアウトはアベレージヒッター向け、
バットのしなりを活かしたインサイドアウトは長距離ヒッター向けになります。

将来的に長距離ヒッターを目指し、そのスイング軌道を身につけたいなら、
素振り用のバットはカウンタースイングがおすすめです。

ちなみに、ジュニア用カウンタースイングがあるのはアシックスだけです。

目的に合う素振り用バットを選ぼう!

少年野球の素振り用バットの選び方を解説しました。

まずは「素振り用バットに何を求めるのか?=目的」を決めます。

・スイング力の強化

・スイング軌道の修正

・スイング力の強化とスイング軌道の修正

そして、それぞれの目的に合う素振り用バットを選びましょう!

あとはバットの長さと重さに注意するといいですね。

目的に合った素振り用バットで練習をすれば望みどおりの効果を得られますが、
「とりあえず重たいバット」みたいな選び方をすると練習効果は悪くなります。

お子さんだとわからないと思うので、親御さんが考えたり、
実際にお子さんに話を聞いたりして、最適な素振り用バットを選んであげるといいと思います。

Twitterをフォローして最新情報を受け取る