春の選抜高校野球に出場したバッターの歴代記録まとめ

春の選抜(センバツ)高校野球に出場し、いくつもの記録を残してきた高校球児たち。

今回は、春の選抜高校野球に出場したバッターたちの偉大な記録をまとめていきます。

・ホームラン

・安打

・打点

・盗塁

・出塁

・犠打

この6部門で春の選抜(センバツ)高校野球に出場した打者たちの歴代記録をご紹介します。

【春の選抜高校野球】歴代のホームラン記録

まずは春の選抜高校野球の歴代ホームラン記録です。

1試合の最多ホームラン数

選抜高校野球の1試合の最多ホームラン数は2本

今までに20人の高校球児たちが達成した記録です。

もちろん、そのなかにはプロ野球で活躍した選手たちもいます。

・桑田真澄選手(PL学園高校)→巨人

・清原和博選手(PL学園高校)→西武

・元木大介選手(上宮高校)→巨人

高木浩之選手(享栄高校)→西武

・松井秀喜選手(星稜高校)→巨人

・中田翔(大阪桐蔭高校)→日本ハム

・岡本和真選手(智弁学園高校)→巨人

錚々たるメンバーだよね〜

プロ野球でも4番を打ってるバッターがゴロゴロいます。

1大会の最多ホームラン数

続いて選抜高校野球の1大会の最多ホームラン数は3本

今までに10人の高校球児たちが達成してます。

そのなかでプロ野球選手になったのは現時点で6人です。

阿部慶二(PL学園高校)→広島

・藤王康晴(享栄高校)→中日

・清原和博選手(PL学園高校)→西武

・元木大介選手(上宮高校)→巨人

高木浩之選手(享栄高校)→西武

・松井秀喜選手(星稜高校)→巨人

清原和博選手、元木大介選手、高木浩之選手、松井秀喜選手の4人は、
1試合で2本のホームランを記録してるのでダブル受賞

元木大介選手って凄いね!

1大会の連続試合ホームラン数

最後に選抜高校野球の1大会の連続試合ホームラン数は3試合です。

3試合連続でホームランを打ったのは、2020年時点で1人。

平成13年の第73回春の選抜高校野球で東福岡高校の下野輝章選手が記録してます。

さぞかし強力な4番バッターかと思いきや、なんと9番ピッチャー!

清原和博選手や松井秀喜選手、中田翔選手などプロでも活躍してる
強力なバッターたちも最高は2試合連続のホームランです。

甲子園には魔物がいるんだろうね〜

ちなみに下野輝章選手は2017年から母校・東福岡高校の監督に就任してます。

【春の選抜高校野球】歴代のヒット記録

つづいて春の選抜高校野球の歴代ヒット記録です。

1試合の最多ヒット数

選抜高校野球の1試合の最多ヒット数は6本

2020年までに4人の高校球児が記録を達成してます。

田中幸男選手(滝川中)→阪急

・佐坂謙介選手(鳴門工業高校)

平本龍太郎選手(報徳学園高校)

畔上翔選手(日大三高校)

4名のうちプロ野球選手になれたのは田中幸男選手(阪急)の1名だけですが、
他の3名も輝かしい成績を残してます。

佐坂謙介選手は田中幸男選手以来67年ぶりに最多ヒット数を記録し、
平本龍太郎選手は1試合16塁打の記録も持ってます。

畔上翔選手は日大三高の主将としてチームを優勝に導きました。

日本ハム・横尾選手、阪神・髙山選手は同級生だよ!

1大会の最多ヒット数

選抜高校野球の1大会の最多ヒット数は13本

今まで2名の高校球児が記録してます。

室岡尚人選手(観音寺中央高校)

・山崎福也選手(日大三高校)→オリックス

室岡尚人選手は香川県観音寺中央高校を初出場初優勝に導いた4番バッターで、
山崎福也選手は5番ピッチャーでチームを準決勝まで導いています。

1大会の最多ヒット数を記録するには、
決勝までいくのがマストの条件だろうね。

ちなみに山崎福也選手は明治大学に進学後、オリックスにピッチャーとして入団してます。

1大会の連続ヒット数

選抜高校野球の1大会の連続ヒット数は8本

今まで5名の高校球児が記録してます。

富田虎人選手(中京商)→中日

・藤王康晴選手(享栄高校)→中日※1大会最多ホームラン数も記録

・平本龍太郎選手(報徳学園高校)※1試合最多ヒット数も記録

・我如古盛次選手(興南高校)

・高城俊人選手(九州国際大付属高校)→横浜

富田虎人選手は8打席連続ヒットもさることながら、
春の選抜高校野球で打率7割越えを記録してました。

藤王康晴選手は1大会最多ホームラン数、
平本龍太郎選手は1試合最多ヒット数も記録してるので甲子園に愛されたんでしょう!

我如古盛次選手3番バッターとして興南高校を史上6校目の甲子園春夏連覇に導き、
沖縄県名護市の久志区野外運動場には石碑が建てられてるそうです。

高城俊人選手は、プロ野球で活躍してますよね!

1大会の連続ヒット記録は、甲子園に愛された男の称号なのかもしれません。

【春の選抜高校野球】歴代の打点記録

選抜高校野球の1試合の最多打点数は8

今までの高校球児で1試合8打点を上げたのは1人だけです。

敦賀気比高校の松本哲幣選手。

2015年、春の選抜高校野球で背番号17の選手が2打席連続の満塁ホームラン。
この8打点が春の選抜の1試合最多打点記録になってます。

2打席連続の満塁ホームランは未だに松本哲幣選手だけです。

1大会の最多ホームラン数3を記録してたよね!

松本哲幣選手は同志社大学に進学し、現在は社会人チーム「エイジェック」で野球をしてます。

平本龍太郎選手が最も甲子園に愛された高校球児だと思ってましたが、
どうやら背番号17の松本哲幣選手に甲子園の女神は微笑んだのかもしれません。

【春の選抜高校野球】歴代の盗塁記録

つぎに選抜高校野球の1試合の最多盗塁数は5です。

今までに3人の高校球児たちが記録してます。

谷木恭平選手(北海高校)→中日

・宇草孔基選手(常総学院高校)→広島

・竹内諒選手(常総学院高校)※1イニング3盗塁を記録

谷木恭平選手は1大会9盗塁の記録の保持者であり、
「ゴー!ゴー!谷木」コールが甲子園中で叫ばれていたそうです。

宇草孔基選手竹内諒選手は、なんと同じ高校の同級生で、
当時の常総学院高校の1・2番コンビ!

さらに同じ試合で最多盗塁数5を記録してるので、
その試合の相手キャッチャーは本当に大変だったと思います。

竹内諒選手は、1イニング3盗塁の記録もあるよ!

選抜高校野球の歴史のなかで最速の1・2番コンビだったのは間違いないでしょう!

【春の選抜高校野球】歴代の出塁記録

選抜高校野球の1大会の連続出塁数は11です。

この記録は今まで1人の高校球児しか達成してません。

享栄高校の藤王康晴選手。

藤王康晴選手と聞いてお気づきの方も多いと思いますが、
1大会3本塁打8打席連続ヒットの記録も持ってます。

1試合2ホームランの記録も持ってるんだよね〜!

松本哲幣選手と同じくらい藤王康晴選手も甲子園に愛されたんでしょう!

ちなみに藤王康晴選手が連続出塁数を記録したのは同じ大会で、
8打席連続安打と3つのフォアボールで連続出塁11を達成してます。

この年の藤王康晴選手は手をつけられなったでしょうね。

春の選抜高校野球に出場したチームの歴代記録はこちらでまとめてます。

【春の選抜高校野球】歴代の犠打記録

選抜高校野球の1試合の最多連続犠打数は5

この記録も今まで1人の高校球児しか達成してません。

常総学院高校の佐久間尚喜選手です。

2番サードでスタメン出場していた佐久間尚喜選手が、
1回戦で驚異の5打席連続の犠打を記録してます。

バントなんて当てるだけでしょ?簡単そう!

こんな風に思われる方も多いですが難しいですし、
全国レベルの内野陣からバントを決めるのは容易ではありません。

またバントを1球だけで成功させることができれば、
打撃にリズムが生まれ、得点できる可能性が上がるんですよね。

実際に佐久間尚喜選手が出場した春の選抜高校野球では、
常総学院高校が決勝まで進出しています。

残念ながら優勝とはなりませんでしたが、
佐久間尚喜選手のようなプレイヤーがスタメンで出てるチームは強いですね。

春の選抜高校野球に出場したピッチャーの歴代記録はこちらでまとめてます。

今後の春の選抜高校野球に期待!

今回は春の選抜高校野球に出場したバッターの記録をまとめました。

春の選抜高校野球で大会記録を達成した多くの高校球児たちが
プロ野球の道に進み、活躍しています。

今後の春の選抜高校野球にも期待ですね!

Twitterをフォローして最新情報を受け取る