プロ野球選手が目の下に貼ってる黒いシールの効果

「プロ野球選手が目の下に貼ってる黒いシールって、どんな効果がある?」

こんな風に思ってる方に向けて、プロ野球選手が貼ってる黒シールについてお話します。

プロ野球のデーゲームで、目の下に黒いシールを貼ってるプロ野球選手たちが増えました。

かっこいいよね!

 

黒いシールの効果はカッコ良さではなく、ちゃんとした理由があるんですよね。

本記事ではプロ野球選手が目の下に貼ってる黒いシールの正体や貼る理由、
そしてアマチュアでも黒いシールを目の下に貼っていいのかなどを解説します。

眩しいときこそ、目の下の黒いシールは活躍するんですよね。

プロ野球選手が目の下の貼ってる黒いシールの正体

まずはプロ野球選手が目の下に貼ってる黒いシールの正体です。

あれは「アイブラック」という商品です

目の下の黒いシールなので、アイブラック。

分かりやすい名前です。

 

プロ野球選手が目の下に黒いシールを貼る理由

プロ野球のキャッチャーや内野手、外野手がアイブラックを貼ってますが、どうして貼ってるのか?

その理由は、眩しさ対策なんですよね!

目の下に黒いシールを貼れば眩しくなくなるの?

 

目の下に黒いシール(アイブラック)を貼れば、そのシールが太陽の光を吸収してくれます。

デーゲームで試合をしてると太陽の光が地面に反射して眩しかったりしませんか?

グラウンドが黒土だったらそこまで眩しくありませんが、
それ以外のグラウンドだと眩しくて目がチカチカした経験はあると思います。

太陽の日差しが強すぎて、
ボールが見えにくい日もありますよね。

 

その対策として目の下に黒いシールを貼って、眩しさを軽減してるんです。

目の下の黒いシールの効果

目の下に黒いシール(アイブラック)を貼ることで、どのくらいの効果があるのか?

実際、どのくらい眩しさがなくなるの?

 

実はアイブラックの効果は科学的にも実証されていて、
黒いシールを貼った人と貼ってない人では、眩しさの度合いは変わるんです。

つまり、サングラス代わりにもなります。

サングラスでプレーするのが苦手な内野手や外野手、
キャッチャーはマスクがあるのでサングラスは付けにくいですよね。

そんな方にはアイブラックがおすすめです。

 

サングラスよりも眩しさの軽減率は少ないですが、
サングラスで気が散っていつも通りにプレーができないよりはいいですよね!

しかもサングラスのようにズレないですし、
アイブラックはそこまで高くないので試してみるのをおすすめします。

アマチュアでも目の下に黒いシールを貼ってOK?

プロ野球では目の下に黒いシールを貼ってる選手をよく見かけますが。

でも、夏の甲子園や六大学野球ではアイブラックを付けてる選手をあまり見ませんよね。

やっぱりアマチュアはダメなの?

 

実はアマチュアでは禁止されてるわけではないんです。

厳密に言うと野球規則にアイブラックに関する記述はありません。

また、高校野球は大会の主催者や試合の審判に許可をとれば、
派手なサングラスでないかぎり着用OKです。

なのでアイブラックも大会の主催者や試合の審判の許可をとれば、OKの可能性はあります。

ただ野球規則にアイブラックの記載がないので、
着用したいときには大会の主催者に確認してからのほうが無難ですね。

眩しいは敵

プロ野球選手が目の下に貼ってる黒いシールについて解説しました。

プロ野球選手が目の下に貼ってる黒いシールの正体は「アイブラック」です。

サングラスほどの効果はありませんが、日差しの光を吸収してくれるので、
眩しさ対策の効果があります。

サングラスが苦手な方やサングラスの装着が厳しいキャッチャーの眩しさ対策には最適です。

デーゲームは球場によって、眩しさが第三の敵になることがしばしばあります。

目の下に黒いシールを貼って対策し、いつも通りのプレーをできるようにしたいですね。

Twitterをフォローして最新情報を受け取る