キャッチャーが目の下に黒いシールを貼る効果

プロ野球のデーゲームで、目の下に黒いシールを貼ってる選手たちが増えました。

どうして目の下に黒いシールを貼ってるのか?
オシャレなのか、ちゃんとした理由があるのか、気になるところだと思います。

また、プロのキャッチャーでも目の下に黒いシールを貼ってる選手もいます。
どのくらいの効果があるんだろう…と、こっちも気になりますよね。

今回はプロ野球の選手たちが目の下に黒いシールを貼る理由とその効果を解説します。

プロ野球選手が目の下の黒いシール貼ってる

プロ野球選手が目の下に黒いシールを貼ってるのをよく見かけます。
あの黒いシールの名前は「アイブラック」です

目の下の黒いシールなので、アイブラック。
分かりやすい名前ですよね。

プロのキャッチャーが目の下に黒いシールを貼る理由は?

プロの内野手や外野手がアイブラックを貼ってるのをよく見かけますが、
プロのキャッチャーも貼ってたりします。

どうして貼ってるのか?

それは眩しさ対策

でも、どうして目の下に黒いシールを貼るのが眩しさ対策になるのかというと、
アイブラックが太陽の光を吸収してくれるからなんです。

目の下の黒いシールが太陽の光を吸収してくれるから眩しさが少し軽減されます。

デーゲームで試合をしてると太陽の光が地面に反射して眩しかったりしませんか?

グラウンドが黒土だったらそこまで眩しくありませんが、
それ以外のグラウンドだと眩しくて目がチカチカした経験はあると思います。

また太陽の日差しが強すぎて、ボールが見えにくい日もありますよね。

この対策としてプロのキャッチャーは目の下にアイブラックを貼ってるんです。

目の下に黒いシールを貼る効果は?

気になるのはアイブラックの効果です。
アイブラックの効果は科学的にも実証されてました。

黒いシールを貼った人と貼ってない人では、眩しさの度合いは変わるみたいです。
つまりアイブラックは眩しさ対策に効果あり!

内野手や外野手ならサングラスで眩しさ対策をできますが、
キャッチャーはマスクがあるので、サングラスを着けにくいです。

なのでキャッチャーが眩しさ対策をするなら、
ズレないサングラス」か「アイブラック」かになります。

アイブラックよりもサングラスのほうが眩しさを軽減できるんですけど、
キャッチャーの眩しさ対策はアイブラックのほうが個人的にはおすすめです。

サングラスのようにズレないですし、
アイブラック自体もそこまで高い買い物ではないのですからね!

アマチュアでも目の下に黒いシールを貼ってOK?

プロ野球では目の下に黒いシールを貼ってる選手をよく見かけますが、
夏の甲子園や六大学野球ではアイブラックを付けてる選手をあまり見ません。

でも、アマチュアでは禁止されてるわけではないんです。
厳密に言うと野球規則にアイブラックの記述がないんですよね。

また高校野球はサングラスを付けるのはOKです!
大会の主催者や試合の審判に許可をとれば、派手なサングラスでないかぎり着用できます。

なのでアイブラックも大会の主催者や試合の審判の許可をとれば、OKの可能性はあります。

ただ野球規則にアイブラックの記載がないので、
着用したいときには大会の主催者に確認してからのほうが無難です。

眩しいは敵

プロ野球のキャッチャーが目の下に黒いシールを貼る理由や効果を解説しました。

プロのキャッチャーが目の下に黒いシールを貼る理由は眩しさ対策です。

効果も科学的に証明されてるので、
試合中に眩しいと感じてるならアイブラックを付けてみるといいですね!

キャッチャーにとっては、眩しさは第二の敵ですので!

Twitterをフォローして最新情報を受け取る