冬の野球におすすめのコンプレッションタイツ(レギンス)

「冬の野球におすすめのコンプレッションタイツはどれ?」

「野球向けのコンプレッションタイツの種類を知りたい!」

こんな風に思ってる方に向けて、野球用コンプレッションタイツについてお話します。

冬の野球でユニフォームズボンの下に履きたいコンプレッションタイツ。

スライディングパンツだけだと寒いですし、
裏起毛だと逆に暑くなりすぎる人にはマストアイテムです。

暖かいし、動きやすくなるからね。

 

本記事では野球向けのコンプレッションタイツの種類と特徴、
そして厳選した冬の野球におすすめのコンプレッションタイツを紹介します。

ご自身に合う野球用コンプレッションタイツを見つけて、
冬の野球を少しでも快適プレーしたいですね!

〜最初に結論を知りたい方へ〜

最初に結論を知りたい方のために、
先にイチオシの野球用コンプレッションタイツをお話します。

一番のおすすめはアンダーアーマーです。

生地が冬用のコールドギアになってます。

マグダビッドもサポート力が高いので迷いましたが、
暖かさ、動きやすさ、金額のバランスが良さでアンダーアーマーがイチオシです。

冬の野球用コンプレッションタイツ(レギンス)の種類

冬の野球用コンプレッションタイツ(レギンス)の種類です。

この4つのポイントで冬の野球用コンプレッションタイツ(レギンス)には種類があります。

生地タイプ

冬の野球用コンプレッションタイツ(レギンス)は生地タイプに種類があります。

・厚め(秋冬用)

・通常(オールシーズン用)

・裏起毛(冬用)

おもにこの3つの生地タイプがあるので、
着用シーズンご自身の代謝レベルに合うものを選びます。

とくに代謝や暑がり具合が大切です。

 

「厚め」や「裏起毛」は抜群の暖かさをくれますが、
動けば暑くなって汗をかくので、風をひかないようにしましょう。

オールシーズン用でもユニフォームの下に履けば結構暖かいので、
まずは通常タイプのコンプレッションタイツを試すといいですね。

サポート力

冬の野球用コンプレッションタイツ(レギンス)はサポート力にもタイプがあります。

・動きやすさ最優先タイプ

・身体のフォーロー優先タイプ

・紫外線カットタイプ

どのメーカーの野球用コンプレッションタイツも同じように見えますが、
実は優先してるサポート力が違うんですよね。

どれも着用すれば暖かくなるのは同じだよ。

 

どんな状況で着用するのか」「どのような機能を求めるのか」、
この2つを決めると選びやすくなります。

丈の長さ

冬の野球用コンプレッションタイツ(レギンス)は丈の長さが違う種類もあります。

・ロングタイプ

・ミドルタイプ

ロングはくるぶしまで、
ミドルはふくらはぎの間くらいまでです。

 

アンダーソックスとコンプレッションタイツが二重になって違和感があるなら、
ミドルタイプのコンプレッションタイツがいいですね。

デザイン

冬の野球用コンプレッションタイツ(レギンス)はデザインも種類があります。

・一色タイプ

・デザインタイプ

野球用コンプレッションタイツはユニフォームの下に履くので、基本的に1色タイプです。

ただ、半ズボンで自主練習をするもありますよね。

春先や秋口など少し肌寒いシーズンだね。

 

そのときにデザインされてる野球用コンプレッションタイツを着用すれば、
ヒザ下がオシャレに見えるんですよね。

練習着のカッコ良さはモチベーションに繋がります。

冬の野球におすすめのコンプレッションタイツ(レギンス)5選

それでは冬の野球におすすめのコンプレッションタイツ(レギンス)です。

この5メーカーの野球用コンプレッションタイツを厳選しました。

アンダーアーマー

1つ目の冬の野球におすすめのコンプレッションタイツ(レギンス)は、アンダーアーマーです。

アンダーアーマーのコンプレッションタイツ(レギンス)は、
暖かくて動きやすいのが大きな特徴になります。

生地は冬用のコールドギアなので分厚めですし、
コンプレッション機能は、もはや説明不要の折り紙つきですよね。

日本初のコンプレッションはアンダーアーマーです。

 

「暖かくて動きやすいコンプレッションタイツはどれ?」

こんな風に思ってるならアンダーアーマーの野球用コンプレッションタイツで決まりです。

ナイキ

つぎの冬の野球におすすめのコンプレッションタイツ(レギンス)は、ナイキです。

ナイキのコンプレッションタイツ(レギンス)は、速乾性の高さが大きな特徴になります。

ナイキ特有の速乾性の高い生地を採用しつつ、
メッシュ加工もしてるので通気性は高いです。

ムレる可能性が少ないよ!

 

ただ、通気性が良いので、人によっては寒く感じるかもしれません。

「代謝がいいから、ムレにくいコンプレッションタイツがいいんだけど」

こんな風に思ってるならナイキの野球用レギンスでしょう。

マグダビッド

3つ目の冬の野球におすすめのコンプレッションタイツ(レギンス)は、マグダビッドです。

マグダビッドのコンプレッションタイツ(レギンス)は、
圧倒的なサポート力が大きな特徴になります。

マグダビッドはサポーターから始まり、リストガードやアームスリーブなど、
プロ野球でも愛用される商品を作ってる会社です。

コンプレッションタイツは独自加工で保温&速乾のバランスを保ち、
身体へのサポート力も高くなってます。

山田哲人選手もマクダビッドを愛用してます。

 

「冬はトレーニングが多いから、サポート力が高い野球用レギンスならどれが?」

そんな風に思ってるならマグダビッドの野球用コンプレッションタイツがおすすめです。

野球用アームスリーブはこちらで紹介してます。

ミズノ

つづいての冬の野球におすすめのコンプレッションタイツ(レギンス)は、ミズノです。

ミズノのコンプレッションタイツ(レギンス)は、抜群の暖かさが大きな特徴になります。

生地が裏起毛になってるので格別に暖かいですし、
ミズノの独自加工されてるので動きやすいです。

伸縮性も高いよ

 

ただ、裏起毛なので代謝がいい人は汗をかきます。

「とにかく暖かい野球用レギンスを探してる」

そんな風に思ってるならミズノの野球用コンプレッションタイツですね。

スラッガー

最後5つ目の冬の野球におすすめのコンプレッションタイツ(レギンス)は、スラッガーです。

スラッガーのコンプレッションタイツ(レギンス)は、
ふくらはぎの圧迫を軽くできるのが大きな特徴になります。

一般的なコンプレッションタイツの丈はくるぶしまであるので、
ストッキングを履くとふくらはぎが二重に圧迫されるんですよね。

スラッガーはミドル丈なので、ふくらはぎへの圧力を軽減できます。

夏でもハーフパンツの下に履けます。

 

ただ、ストッキングを着用しない場合は寒いです。

「ストッキングと二重にならない丈の野球用コンプレッションタイツがいい」

こんな風に思ってるならスラッガーの野球用レギンスがいいですね!

冬におすすめのコンプレッション系アンダーシャツはこちらでお話してます。

イチオシの野球用コンプレッションタイツ

冬の野球用コンプレッションタイツ(レギンス)について解説しました。

・生地タイプ

・サポート力

・丈の長さ

・デザイン

野球用コンプレッションタイツは、この4つのポイントで種類があるので、
選ぶときには注目してみてくださいね。

ご紹介した5つの野球用コンプレッションタイツはどれも特徴があり、優秀ですが、
個人的なイチオシはアンダーアーマーの野球用レギンスです。

アンダーアーマーは暖かくて、動きやすいバランスの良さがあります。

マクダビッドもサポート力が高いですし、金額も同じくらいなので迷いましたが、
アンダーアーマーのコールドギアのほうが万人受けタイプなんですよね。

アンダーアーマーとマクダビッドの甲乙は本当につけにくいですが、
コールドギアのほうが誰にでもフィットするのでイチオシにしました。

ご自身に合う野球用コンプレッションタイツを見つけて、
寒い冬の野球でも快適にプレーしましょう!

Twitterをフォローして最新情報を受け取る