「オープンスタンス」で構えるバッター

「オープンスタンス」で構えるバッターへの配球(セオリー)を解説します。

オープンスタンスのバッターはインコースが得意そうだから、
アウトコースを中心に配球を組み立てようと思うかもしれません。

インコースが広いので、
多少のボール球でもヒットにされそうですからね。

でも、実はその考え方は違います!

インコースが苦手だから、オープンスタンスで構えてるんですよね。

「オープンスタンス」バッターへの誤解

オープンスタンスのバッターには、先入観でこう考えてしまいます。

インコースを広くしてるんだから、内側のボールが得意なんだろう

インコースを誘ってる感じがして内側は攻めにくいな…

オープンスタンス=インコースに強い」みたいに普通は思うんですけど、
その先入観は捨て去ったほうが良いですね!

インコースが苦手だからオープンスタンスで構えてるケースのほうが多いからからです。

「オープンスタンス」で構えるバッターの傾向

「オープンスタンス」で構えるバッターの傾向を解説します。

先程もお伝えしましたが「オープンスタンス=インコースが得意」ではなく、
インコースが苦手だからオープンスタンスにしてる場合が多いんですよね!

セオリー的には「インコースが苦手=オープンスタンス」なんです。

たとえば、インコースを打ちの天才・坂本勇人選手の打撃フォームを見てみてください。

オープンスタンスではありませんよね。

インコースが得意だからこそ、
オープンスタンスで構える必要はないんだよね!

インコース打ちは「いかに腕を畳んでコンパクトに振り抜くか」なので、
オープンスタンスで構える必要はないんです。

逆にバレンティン選手の打撃フォームを見てみましょう。

バレンティン選手は「THE オープンスタンス」。

そしてホームランにしてるボールを見てほしいんですけど、
ほとんどが「真ん中からアウトコースのボール」ですよね!

正真正銘のインコースのボールを
ホームランにしてるケースは少ないです。

最初はオープンスタンスで、踏み込みながら打ちにいってます。

なのでオープンスタンスで構えるバッターは、
インコースへのボールには弱く、外のボールに強い傾向があるんです!

「オープンスタンス」バッターへの配球の組み立て方

それでは「オープンスタンス」バッターへの配球(セオリー)を解説します。

オープンスタンスのバッターは、インコースに弱い傾向があります。

ですが、あくまでもセオリーです。

1打席目は「アウトコースギリギリのストライク」か「外に外れるボール」を要求して、
バッターのステップを観察しましょう!

内側に踏み込んで打ちにきたら、インコースが苦手なのは確定です。

2打席目からインコース中心に組み立てたり、
バッターに気づかれないように要所でインコースを効果的に使うのをおすすめします。

また、インコースが苦手なバッターには内側の変化球も効果的です。

内側の変化球はちょっとでも甘くなると長打を免れませんが、
インコースが苦手なら打ち損じる可能性は高いですし、打たれてもファールにしかなりません。

普段はあまり使わないボールだと思いますが、
投球の幅が広がるので、ぜひ試してみてください。

ただ、インコースを攻めすぎるとバッターに意識されるので、そこは気をつけましょう!

逆に、そこまで踏み込んでこないバッターはインコースもある程度ケアしてるので、
フラットな状態で投球を組み立てると良いですね。

インコースをどう使うか?

「オープンスタンス」で構えるバッターへの配球(セオリー)を解説しました。

オープンスタンスで構えるバッターのセオリーは「インコースは苦手」です。

もちろん、バッターによってそうでもないこともあるので、
1打席目で様子を見ながら投球を組み立てましょう!

いずれにせよ、インコースをどう使うかがポイントです。

得意にしろ苦手にしろ、バッターはインコースを意識してますからね。

インコースを上手く使いながら、バッターを抑えましょう!

Twitterをフォローして最新情報を受け取る