「クローズドスタンス」で構えるバッター

「クローズドスタンス」で構えるバッターは、
インコースを打つのが窮屈そうだから内側中心で投球を組み立てたくなります。

バットを振り出すときに、
腰が回りにくそうに見えるからね。

だけど、それは先入観なんです!

クローズドスタンスでもインコースを打てるし、
実は自分のクセを熟知してるバッターこそクローズドスタンスにしてる可能性もあります。

今回はクローズドスタンスで構えるバッターの特徴をお話しながら配球(セオリー)を解説します。

「クローズドスタンス」で構えるバッターへの誤解

「クローズドスタンス」で構えるバッターが打席に入ったときに、
思わずこんなことを考えると思います。

身体が逆方向に向いてるってことはアウトコースを意識してるってことだし、
インコース中心で組み立てていこうかな。

こんな先入観がありますよね。

だけど、実はそうでもないんです!

アウトコースが苦手だからクローズドスタンスで構えてるバッターもいるし、
身体の開きが早いのを抑えるためにクローズドスタンスにしてるバッターもいます。

下手にインコースを攻めると、キレイにレフトオーバーを打たれるケースがあります。

そんな結果を招かないように、
クローズドスタンスで構えるバッターの配球(セオリー)を学んでいきましょう。

「クローズドスタンス」で構えるバッターへの配球

「クローズドスタンス」で構えるバッターへの配球(セオリー)を解説します。

クローズドスタンスで構えるバッターへの配球(セオリー)は、
アウトコースが苦手」です。

バッター視点になったら分かりやすいんですが、
打率を残すためにできるだけ弱点はなくしたいですよね。

苦手なコースをできるだけケアしたいのがバッター心理なので、
アウトコースを打ちやすそうな構え方なら逆にアウトコースが苦手なんです。

オープンスタンスのバッターにも
共通して同じことが言えます。

実際にクローズドスタンスで構えるバッターに話を聞いてみたら、
身体を早く開くクセがありアウトコースをこねる可能性が高いからクローズドで構えてるとのこと。

クローズドスタンスで構えるバッターは、アウトコースが苦手というのがセオリーなんです。

「クローズドスタンス」バッターへの投球の組み立て方

それでは「クローズドスタンス」バッターへの配球(セオリー)を念頭に置きながら、
投球の組み立てを解説します。

クローズドスタンスはアウトコースが苦手な傾向が多いので、
1打席目はアウトコースを中心に組み立てるのをおすすめします。

その際に注目すべきポイントは「足の踏み込み方」です。

バッターがクローズドからスクエアに戻しながら足を踏み出すのか、
それともそのままクローズド状態で足を踏み出すのか観察してみましょう。

もしスクエアに戻すバッターなら普通のスタンスで構えてると同じなので、
今までお話したセオリーではなく、一般的な投球の組み立て方を2打席目からはしましょう。

クローズド状態なら「アウトコースのボール球」や「インコースギリギリのボール」を
上手く活用しながら投球を組み立てるといいですね!

とくに「アウトコースに逃げる変化球」や「インコースに食い込む変化球」は効果的ですし、
アウトコースのボールの出し入れができれば、少しくらいのボール球でも手を出してくれます。

アウトコースかインコースのどちらかを強く意識させることができれば、
効果的に打ち取れます。

アウトコースのボール球の使い方

「クローズドスタンス」で構えるバッターへの配球(セオリー)を解説しました。

クローズドスタンスで構えるバッターの配球(セオリー)はアウトコースです。

またバッターもアウトコースを意識してると思うので、
外に外れるボールをいかに上手く活用するかが打ち取るときのポイントです。

意識してるからこそ、
多少のボール球でも手を出してくれるんだよね!

ただアウトコース一辺倒だとケアされてしまうので、
インコースのボールを意識させることも忘れないでくださいね。

Twitterをフォローして最新情報を受け取る