セカンドを守ってる人

野球のセカンドは肩が弱くても問題ないと言われたりします。

でもセカンドの役割のなかには大遠投しないといけないこともあります。

なので今回は野球のセカンドの役割と適性がある人についてお話します。

また、

・守備位置

・動き方

・ポジショニングのコツ

これらについても解説するので、参考にしてください。

野球のセカンド役割

セカンドを守ってる人

まずは野球のセカンドの役割から解説します。

セカンドのプレーの役割は7つです。

打球の処理

1つ目のセカンドの役割は打球の処理です。

セカンドは野球で重要視されてるセンターライン!

センターラインは、ピッチャー、キャッチャー、
ショート、セカンド、センターです。

なのでゴロやフライがよく飛んできます。

それを上手く処理してアウトにするのがセカンドの役割です。

カバー

つぎがカバーです。

・ファーストカバー

・キャッチャーからピッチャーへの返球カバー

・キャッチャーからの二塁送球のカバー

このようなカバーをするのもセカンドの役割です。

キャッチャーからの二塁送球のカットプレー

3つ目はキャッチャーからの二塁送球のカットプレーです。

ランナー3塁、1塁のケースで1塁ランナーが盗塁した場合、
セカンドは二塁ベースとピッチャーの間に入りカットプレーに備えます。

【セカンドのカットの位置】

キャッチャーからの二塁送球をセカンドがカットする位置

キャッチャーからのセカンド送球をカットするかどうかは、
3塁ランナーの動きを見て、判断します。

・3塁ランナーがホームに突入したらカット。

・3塁ランナーが動かなかったらスルー。

セカンドはこのように3塁ランナーの動きを見て、
キャッチャーからの二塁送球をカットしてホームに投げるかどうかを決めます。

セカンドが判断を間違えると相手チームに得点を与えてしまうので、
とても大切なプレーになってきます。

中継プレー

つづいてが中継プレー。

センターからライトにかけて打球が飛んだ場合、セカンドは中継プレーをします。

どの位置にセカンドが中継プレーに入るのかがポイントです。

外野手の捕球態勢や肩の強さ、ランナーの足の速さを考えて、
適切な位置に入らないと中継プレーが崩れてしまいます。

普通なら2塁打なのが3塁打になってしまいます…。

適切な位置で中継プレーするのもセカンドの大切な役割です。

ピックオフプレー

セカンドを守ってる人

5つ目はピックオフプレーです。

・ランナー1塁

・ランナー1塁、2塁

・ランナー2塁

これらのケースではピックオフプレーがあります。

しかも各ケースともセカンドの動きが悪いと成功しないんですよね!

ピックオフプレーを決めるにはセカンドのプレーが重要になってきます。

ピックオフプレーの動き方はこちらで解説してます。

牽制のサイン&牽制球の対応

つぎが牽制のサイン&牽制球の対応です。

左ピッチャーのときにはセカンドが2塁牽制のサインを出します。

相手チームにサインがバレないようにね!

逆に右ピッチャーのときには牽制球の対応がメインです。

絶妙なタイミングで二塁ベースに入れれば、
アウトになる確率がグンっと上がります!

2塁牽制は数試合で1度アウトになるかならないかのプレーですが、
ランナーをアウトにできれば自チームに流れを呼び込めます。

外野手に球種をサインで伝える

最後7つ目は外野手に球種をサインで伝えるです。

セカンドはキャッチャーの球種サインを外野手(センター、ライト)に伝えるのも役割です。

球種が分かれば外野手も動きやすいよね!

コースはキャッチャーの構えを見ればわかるので伝えなくてOKです。

セカンドに適性がある人

セカンドに適正がある人

センターラインの一角を担うセカンド。

そんなセカンドに適性がある人の特徴をお話します。

守備範囲が広い

まず1つ目は守備範囲が広い人ですね。

セカンドの守備範囲はざっくり言うと、

・横の範囲:1塁ベースから2塁ベースの間

・縦の範囲:ピッチャー横からセンターとライトが捕れない前の範囲

【セカンドの守備範囲】

セカンドの守備範囲

セカンドの守備範囲が広さは一目瞭然ですよね!

なので守備範囲が広い人はセカンドの適性があります。

足が速いだけではなく「打球がどこに飛んできそうか?」みたいな勘が良い人は最適ですね!

打球処理が上手い

つぎが打球処理が上手い人です。

セカンドはセンターラインの一角なので、よく打球が飛んできます。

それをノーエラーで処理できる人はセカンドに適性があります。

また打球処理が上手いというのは、ボールを捕れるだけではありません!

ボールを捕ってアウトにするまでが打球処理です。
打球に追いついたとしてもアウトにできれなければ、ボールを捕れないのと同じです。

なのでボールを捕って、ちゃんとアウトにできる能力がセカンドには求められます。

肩が強い

3つ目が肩が強い人です。

セカンドは1塁まで近いので肩が弱くてもOKみたいな考え方があります。

それも一理あるんですけどセカンドは肩が強い人のほうが向いてます!

たとえばセンター寄りの打球が飛んだときにはアウトセーフのタイミングがギリギリなので、
強い送球ができたほうがいいですよね!

またバッターにライトオーバーの打球を打たれて右翼手の捕球姿勢が悪い場合、
セカンドが中継プレーに入って3塁まで大遠投しないといけません。

そのときに肩が弱かったら、絶対的にアウトにできませんよね。

セカンドは1塁までの距離は近いですが、
強い送球や大遠投が求められるプレーもあるので肩が強い人はセカンドに向いてます。

野球偏差値が高い

最後4つ目は野球偏差値が高い人です。

・牽制で2塁ベースに入るタイミングが上手い

・牽制のサインの出し方が巧み

・配球に合わせてポジションを微妙に変える

・セオリーを考えてポジション取りができる

こんな風に野球のセオリーを知ってたり、
試合の流れに敏感だったりする人はセカンドの適性があります。

絶妙なタイミングで2塁ベースに入ってランナーをアウトにしたり、
思い切った守備位置をしてヒットをアウトにできたり。

これがセカンドの醍醐味でもあるので、
野球偏差値の高い人はセカンドに向いてます!

セカンドの守備位置

二塁手(セカンド)の守備位置

セカンドの守備位置は主に4パターンです。

・定位置

・中間シフト

・ゲッツーシフト

・バックホームシフト

状況に合わせて守備位置を変えましょう!

定位置

セカンドの定位置は横は1塁ベースと2塁ベースの中央で奥行きは走路よりも少し後ろくらいですね!

【セカンドの定位置】

セカンドの定位置

横はセンター前とライト前にバランスよく追いつけるように中央くらいで構えて、
奥行きは肩の強さで決めるといいですね!

奥行きは深ければ深いほど、守備範囲は広くなります。

中間シフト

つぎが中間シフトです。

中間シフトはバックホームにも二遊間のゲッツーにも対応してるシフトです。

ランナー3塁、1塁でよく使われるシフトですね!

【セカンドの中間シフト】

セカンドの中間シフト

3塁ランナーがスタートしたらバックホームに、スタートしなかったらセカンドにボールを投げます。

中間シフトも肩の強さで守備位置は変わってきますが、一般的なのが走路よりも少し前くらいですね!

この位置ならバックホームにもゲッツーにも対応できます。

ゲッツーシフト

3つ目がゲッツーシフトです。

三遊間への内野ゴロがありそうなら定位置よりも少し2塁ベース寄りにポジション取りをします。

【セカンドのゲッツーシフト】

セカンドのゲッツーシフト

逆に左バッターで打球を引っ張ってきそうだったり、
右バッターでも右打ちを意識してそうだったりするなら1塁ベースに寄りましょう!

ここはセンスと勘がモノを言います。

バックホームシフト

最後がバックホームシフトです。

3塁ランナーを確実にアウトにできる位置で構えます。

【セカンドのバックホームシフト】セカンドのバックホームシフト

バックホームシフトの前後も肩の強さが影響します。

肩が強ければ少し後ろで守れるので、その分だけ守備範囲が広くなります。

セカンドの動き方とポジショニングのコツ

ポジショニングが上手いセカンド

セカンドの動き方とポジショニングのコツは、

・バッターのスイングの軌道

・バッテリーの配球

・試合の点差

・状況別のセオリー

頭をフル回転させてこの4つを考えることです。

理想はヒットをアウトにできるポジショニングですね!

これが抜群に上手かったのは巨人で活躍した仁志敏久選手です。
「え?そこにいたの?」みたいな思い切ったポジショニングでヒットをアウトにしてました。

いきなり出来ることではありませんし、予測が100%当たることもありませんが、
ヒットをアウトにできれば自チームに流れを呼び込むことができます!

いろいろと経験しながらポジショニングが当たる確率を増やしていきましょう!

セカンドは頭脳派

野球のセカンドの役割と適正をお話しました。

セカンドはポジショニングやキャッチャーの二塁送球のカット、
各シフトの立ち位置などで頭を使わないといけません。

なのでセカンドは頭脳派の人が向いてます。

また守備範囲が広くて、肩も強ければ最適です!

Twitterをフォローして最新情報を受け取る