野球のスコア『X(バツ印)』の意味と由来とは?

『野球のスコアボードに表示されてる「X(バツ印)」はなに?』

『野球の「X(バツ印)」の意味とか由来を知りたい!』

『「X(バツ印)」はサヨナラ以外でも使われる?』

こんな風に思ってる方に向けて、野球のスコア『X(バツ印)』についてお話します。

野球の9回スコアボードにたまに記載されてる『X(バツ印)』。

そのの意味や由来などは、意外と野球経験者でもはっきり答えられないんですよね。

え?あれバツじゃないの?

 

本記事では野球のスコア『X(バツ印)』の意味と由来、
そしてサヨナラゲーム以外での使い方を解説します。

実は『X』、『バツ』とは読みません。

 

マメ知識を増やして、もっと野球を楽しみましょう!

野球のスコア『X(バツ印)』の意味

まずは野球のスコア『X(バツ印)』の意味です。

厳密に言うと、野球のスコア『X(バツ印)』にはこの2つの意味があります。

攻撃せずに試合が終了

1つ目の野球のスコア『X(バツ印)』の意味は「攻撃せずに試合が終了」です。

スコア「0-4」で後攻チームが勝っていて、9回表を迎えた場合。

後攻チームが先攻チームに4点以上を奪われなければ、
9回裏の後攻チームの攻撃はせずに試合が終了します。

後攻チームが攻撃しても、
勝利は変わらないからね!

 

この場合はスコアボードの9回裏のところに、
数字の0などを入れずに、そのまま『X』と記入します。

コールドゲームも同じ考え方なので、
スコアボードにはコールドが成立した回の裏(5回なら5回裏)に『X』が書かれます。

攻撃中だけど試合が終了

つぎの野球のスコア『X(バツ印)』の意味は「攻撃中だけど試合が終了」です。

スコア「4-3」で先攻チームが勝っていて、9回裏の迎えた場合。

先攻チームが後攻チームを抑えれば勝利です。

 

ですが、9回裏に後攻チームが2点以上を奪った瞬間に、
野球は9回制のゲームなので、後攻チームの勝利が確定します。

後攻チームの勝利が決定した時点で、
それ以上試合を続けても意味がないので試合終了になります。

先攻チームは攻撃回がなく、
逆転のチャンスがないからね。

 

その場合にも野球のスコアボードには『X(バツ印)』が記載され、
上記の場合なら「4-5X」のような表記になります。

『X(バツ印)』の書き方は「攻撃せずに試合が終了」と違うんですよね。

 

野球が9回制になった理由はこちらでお話してます。

野球のスコア『X』の由来

つづいて野球のスコア『X(バツ印)』の由来です。

野球のスコア『X』の由来は、未知数を意味するエックスです。

攻撃せずに試合終了になっても、攻撃中に試合終了になっても、
あと何点入るのか分からないために未知数の『X』を使ったと言われてます。

そのため「エックスゲーム」と言われたりするんですよね。

でも、アルファゲームとも言うんじゃないの?

 

なかには『X』をアルファと読むパターンもあるようですが、
厳密に言うと正しくはありません。

『X』をアルファと読むきっかけが、
勘違いだったからです。

 

昔、外国人チームと日本人チームが試合をしたときに、
外国人チームがスコアボードに『X』を記入しました。

それを見た日本人が『X』を『α』と見間違えて、日本ではしばらく『α』が使われ、
『X』に変わってもアルファと読むパターンが残ったそうです。

正式な野球のスコア『X』の由来は、未知数を意味するエックスになります。

野球はアメリカから伝わったから納得だね!

 

三振『K』の由来はこちらでまとめてます。

野球のスコア『X』のサヨナラ以外の使い方

最後に野球のスコア『X(バツ印)』のサヨナラゲーム以外での使い方です。

この2つのケースにおいても『X』と表記されます。

後攻チームが勝利した場合の9回裏

まず1つ目のスコア『X』のサヨナラゲーム以外での使い方は、
後攻チームが勝利した場合の9回裏です。

攻撃せずに試合が終了するパターンです。

 

後攻チームが勝っていて、9回表の先攻チームを抑えた場合。

9回裏の後攻チームの攻撃をせずに、スコアに『X』と表記します。

コールドゲーム

つぎのスコア『X』のサヨナラゲーム以外での使い方は、コールドゲームです。

小学校や中学校などの学年レベルや所属する野球連盟には、
コールドゲームが設定されてる場合があります。

5回15点差、7回10点差とかだね。

 

たとえば5回コールド15点で、
後攻チームが先攻チームと15点以上の差をつけて5回表を抑えた場合。

5回裏の後攻チームの攻撃部分に『X』と表記します。

いつも後攻に『X』はつく

野球のスコア『X(バツ印)』について解説しました。

野球のスコア『X』はエックス(未知数)が由来であり、
下記2つのケースで使います。

もうお気づきかと思いますが、スコア『X』とつくのは、
いつだって後攻のチームなんですよね。

先攻チームにスコア『X』がつくのは、
まずありえません。

 

知ってるようで知らないマメ知識があれば、
さらに野球は楽しくなるのでおすすめです。

Twitterをフォローして最新情報を受け取る