縦捕りと横捕りを使い分けてるキャッチャー

キャッチャーのキャッチングには「縦捕り」と「横捕り」の2パターンがあります。

多くのキャッチャーは捕りやすい方法を選んでると思うんですけど、
基本的にはコースで使い分けるんですよね。

今回は「縦捕り」と「横捕り」をコースで使い分けるキャッチング方法を解説します。

「縦捕り」と「横捕り」キャッチングの違い

まず「縦捕りキャッチング」と「横捕りキャッチング」の違いを解説します。

【縦捕りキャッチング】キャッチャーミットを立てた状態で捕球する。

左手の人差し指を1時の方向に向けながら捕球するイメージ。

【横捕りキャッチング】キャッチャーミットを寝かした状態で捕球する。

左手の人差し指は2時から3時の間くらいに向く。

ポイントは、キャッチャーミットの捕球後のカタチ!

「縦捕り」の場合は縦長ですが、「横捕り」の場合は横長になります。

当たり前なんですけど、ここがポイントです!

また、「縦捕り」よりも「横捕り」のほうが親指を突き指しやすかったり、
「縦捕り」よりも「横捕り」のほうが低めのボールをキャッチングしやすいです。

「縦捕りと横捕りはどっちが良い?」ではなく、
それぞれにメリット・デメリットがあるんですよね!

「縦捕り」と「横捕り」の両方のメリットを活かしたキャッチングをしましょう。

キャッチングの基本はこちらで解説してます。

キャッチャーミットにも「縦捕り」「横捕り」がある

具体的なキャッチング方法のお話をする前に、もう少しだけ…。

キャッチャーミットには「縦捕り」と「横捕り」に最適なカタチがあります。

縦捕りタイプのキャッチャーミットは「ポケットが親指寄りにあって、やや浅い」のが特徴で、
横捕りタイプのキャッチャーミットは「ポケットが中央寄りにあって、深い」のが特徴です。

縦捕りタイプのミットでは横捕りができなくて、
横捕りタイプのミットでは縦捕りができないってこと?

そういうわけではありません。

縦捕りの横捕りは左手の人差し指の方向で決まるので、
どちらのタイプのキャッチャーミットでもできます!

ただ、キャッチングのしやすさが違うんですよね。

縦捕りタイプは縦捕りがしやすいですし、
横捕りタイプは横捕りがしやすいんです。

使ってるキャッチャーミットがどちらのタイプなのかを考えて、
タイプとは別のキャッチングをするときには気を付けましょう!

キャッチャーミットの選び方は下記記事でお話してます。

キャッチングの「縦捕り」「横捕り」はコースで分ける!

それではキャッチングの「縦捕り」と「横捕り」の使い分け方法を解説します。

両サイド(インコース・アウトコース)は「縦捕り」、高低ボールは「横捕り」が基本です。

【両サイドの縦捕りイメージ】

両サイドの縦捕りキャッチング方法

【高めのボールの横捕りイメージ】

高めのボールの横捕りキャッチング方法

【低めのボールの横捕りイメージ】

低めのボールの横捕りキャッチング方法

こんな感じで「縦捕りキャッチング」にするか「横捕りキャッチング」にするか判断しましょう!

コースでキャッチングを使い分ける理由

どうしてコースでキャッチングを使い分けるのか?

ストライクゾーンが関係してます。

たとえば両サイドを横捕りした場合、
キャッチャーミットの位置が少しでも外れてたら、審判は「ボールかな?」と思ってしまいます。

縦捕りキャッチングなら、そうはなりませんよね!

ボールの高さは別にして、コースは入ってます。

また、高低ボールを横捕りキャッチングにするのも同じ理由です。

高めのボールを縦捕りしてしまったら、審判は「ちょっと高いかな?」と思ってしまいます。

この気持ちは、球審をやると凄くわかるよ!

コースによってキャッチングを使い分ける理由は、審判目線なんですよね!

審判を迷わせないために、使い分けましょう。

使い分ければフレーミング効果も!

キャッチャーの「縦捕り」と「横捕り」のキャッチングの使い分け方を解説しました。

「縦捕り」と「横捕り」は、コースで使い分けるのがおすすめです。
いきなり100発100中で見事に使い分けるのは難しいので、練習しましょう!

また「縦捕りキャッチング」と「横捕りキャッチング」を上手く使いこなせれば、
自然とフレーミング効果も上手くなっていきます。

キャッチャーミットを動かすフレーミングは美しくないので、
ボールの捕り方を工夫して綺麗なキャッチングを目指しましょう!

Twitterをフォローして最新情報を受け取る