野球のバッテリー

どうして投手と捕手でバッテリーと呼ぶのか?

野球経験者でもなかなか知らない豆知識だと思います。

今回は「なぜバッテリーと呼ぶのか?」その語源や由来をわかりやすく解説します。

今さら聞けない知識なので、ひっそりと身につけましょう!

野球のバッテリーとは?

まず「野球のバッテリー」についておさらいします。

野球のバッテリーとは、「ピッチャー」と「キャッチャー」のことを指します。

投手と捕手の2人でバッテリーです。

ピッチャーだけが良かったら「良いピッチャーだなぁ〜」、キャッチャーだけが良かったら「良いキャッチャーだなぁ〜」、両方とも素晴らしかったら「良いバッテリーだなぁ〜」。

こんな風に使い分けます。

なのでバッテリーのニュアンスは「コンビ」に近いです。

なぜ野球は9回までなのかはこちらでお話してます。

野球のバッテリーの由来

それでは今さら聞けない野球の「バッテリー」の由来です。

バッテーリーの由来は、「大砲」や「大砲を打つ人」なんですよね。

どういうことか詳しく解説します。

大砲とは、「ドーン」と打つやつです。漫画・ワンピースにもよく出てきます。

そして大体「大砲」って上から下に放ちますよね。

高い台の上に大砲を設置して、兵隊が打つと思います。

大砲を打つ兵隊のイメージ

その兵隊の姿が「ピッチャー」と重なったようです。

大砲の玉が「ボール」で、高い台が「マウンド」ってことになります。

なので最初、バッテリーって「ピッチャー」だけだったんです。

今はキャッチャーも含めてバッテリーと呼んでるんですけど、昔はピッチャーだけをバッテリーと呼んでたんです。

それがいつの間には投手と捕手の2人でバッテリーと呼ぶようになったそうです。

なぜキャッチャーの背番号は27なのかはこちらでお話してます。

野球のバッテリーの語源

次に野球のバッテリーの語源です。

バッテリーの由来である「大砲を打つ兵隊」を英語で「Battery」と言います。

これがバッテリーの語源です。

電池のバッテリーも語源かもと言われてますが、しっくりくるのはこちらの語源だと思います。

 

日本の野球の歴史はこちらでお話してます。

12月12日はバッテリーの日

野球のバッテリーの由来や語源を解説しました。

野球のバッテリーの由来は「大砲を打つ人」です。

最初はピッチャーだけどバッテリーと呼んでましたが、今ではキャッチャーと合わせてバッテリーと言います。

また豆知識の豆知識ですが、12月12日はバッテリーの日です。

ピッチャーの背番号は「1」、キャッチャーの背番号は「2」。

「1」「2」の組み合わせで12月12日がバッテリーの日になったみたいです。

Twitterをフォローして最新情報を受け取る