甲斐拓也捕手のキャッチャーミットモデルと防具・守備手袋の特徴

「甲斐拓也選手のキャッチャーミットモデルの特徴は?」

「甲斐拓也選手の防具や守備手袋のこだわりを知りたい!」

こんな風に思ってる方に向けて、甲斐拓也選手のキャッチャー道具の特徴をお話します。

キャノンと称されるほどの強肩を持つ甲斐拓也選手。

甲斐拓也選手のスローイングを支えるキャッチャーミットには大きな特徴があり、
ブロッキングを支えるキャッチャー防具や守備手袋も凄いんですよね。

一流選手は道具の拘りも一流ですからね。

 

本記事では甲斐拓也選手のキャッチャーミットのモデルや特徴、
そしてプロテクターや守備手袋の特徴なども解説します。

甲斐拓也捕手のキャッチャーミットモデルの特徴

甲斐拓也捕手のキャッチャーミットのモデルの特徴です。

・ポケットが浅い

・キャッチャーミットが小さめ

これはTHE 送球重視のカタチです。

ポケットが浅いほどボールを掴みやすいですし、小さいほど小回りが効きます。

このカタチが甲斐キャノンのベースです。

 

ただ、このタイプのキャッチャーミットは捕球がむずかしいので、
キャッチャーミットの芯でタイミングよく捕球しないとポロっとします。

本人も「捕球するのがむずかしい」って
コメントしてたよ。

 

甲斐拓也捕手モデルのキャッチャーミットを使うなら、捕球スキルの向上は必須です。

【軟式用】甲斐拓也選手のキャッチャーミットモデル

【硬式用】甲斐拓也選手のキャッチャーミットモデル

キャッチャーミットのスタンダード型とボックス型の違いはこちらで詳しく解説してます。

甲斐拓也捕手のキャッチャー防具の特徴

つづいて甲斐拓也捕手のキャッチャー防具の特徴です。

甲斐拓也捕手のプロテクターも「ハタケヤマ」で、大きな特徴が隠されています。

甲斐拓也捕手は「ハタケヤマ」愛好家なんでしょうね。

甲斐キャノンばかりが目立つ甲斐拓也捕手ですが、実はブロッキングも凄いんです。

実際に甲斐拓也捕手は「盗塁阻止率よりも守備率を大切にしたい。」とコメントしてます。

そのこだわりがプロテクターにも反映されてるんだよ。

 

甲斐拓也捕手のプロテクターには「ビブソーブ」が貼り付けられています。

「ビブソーブ」とはボールの回転を抑止でき、威力も吸収してしまう素材です。

ボールの威力を抑止してくれるプロテクターは多いですが、
回転まで止めてくれる素材は今のところ「ビブソーブ」だけ。

キャッチャーミットへのこだわりも凄いですが、
甲斐拓也捕手のプロテクターへのこだわりも強くあります。

甲斐拓也捕手の守備用手袋の特徴

甲斐拓也捕手の守備用手袋の特徴です。

守備用手袋も「ハタケヤマ」で、大きな特徴があります。

・人差し指の全体にパッドが付いてる。

・中指の根本にもパッドが付いてる。

・手首部分にクッションが付いてる。

このようにキャッチャー専用の守備用手袋なんですよね。

人指し指と中指の根本のパッドは捕球のダメージを柔らげてくれますし
左手首部分のクッションは左手首にボールが当たったときの怪我防止になります。

さすがの「ハタケヤマ」です。

 

『ワンバウンドを左手首に当てても良いからブロッキングしてやろう!』

甲斐拓也捕手のそんな気合が伝わってくる守備用手袋です。

他の守備用手袋については下記ブログ記事で解説してます。

甲斐拓也選手の道具への拘りはすごい!

甲斐拓也捕手のキャッチャーミットモデルと防具と守備手袋の特徴をお話しました。

甲斐拓也選手のキャッチャーミットの特徴

・ポケットが浅い

・キャッチャーミットが小さめ

甲斐拓也捕手のキャッチャーミットモデルは「THE 送球重視」です。

このキャッチャーミットが甲斐キャノンを支えてます。

甲斐拓也選手の防具と守備手袋の特徴

・プロテクター:ボールの回転を止めるビブソーブ素材

・守備用手袋:人差し指の全体と中指の根本にパッド、手首部分にクッションが付いてる。

プロテクターや守備用手袋にもこのような特徴がありますが、
甲斐拓也捕手の守備へのこだわりがにじみ出ています。

ここまでのこだわりがあるからこそ、
甲斐拓也捕手のキャッチャー姿は僕たちを魅了してくれるんでしょうね。

Twitterをフォローして最新情報を受け取る