『3球勝負をする』か『1球外す』かの判断してるキャッチャー

バッターを2球で2ストライクと追い込んだとき、
1球ボールで外すのがリードの定番です。

でも、ピッチャーからすると『1球外すなんて勿体無い』という意見もあります。

ピッチャーは1球1球を真剣に投げてるので、
無意味なボール球を投げるのは勿体無いと思うからです。

僕もこの意見には賛成です。

2球で2ストライクと追い込んだら1球ボールで外すのはリードの定番なので、
野球をやってる人なら誰もが知ってる考え方。

なので2球で2ストライクと追い込んだら、
バッターも『次はボールにするだろう』と予測できてしまいます。

そうなれば1球ボールで外すのは、ほんと無意味ですよね。

とはいえ、1球ボールで外すリードにまったく効果がないというわけではなく、
意味のあるボール球にすればバッターを打ち取れる可能性はあがります。

つまり、大切なのは『3球勝負をする』か『1球外す』かの判断なんです。

本記事ではバッターを2球で2ストライクと追い込んだとき、
『3球勝負をする』か『1球外す』かの判断基準をお話します。

ピッチャーの球数を減らしつつ、バッターを打ち取る可能性もあげる!

こんなリードをして、チームを勝利に導きましょう!

2球で2ストライクを取られたバッターの心理

まずは2球で2ストライクを取られたバッターの心理を考えてみましょう。

主に3パターンかなと思います。

①ただただ焦る。

②ストライクゾーンを少し広めにする。

③つぎは1球外すだろうと予測する。

それではもう少し解説します。

ただただ焦る

まず1つ目の心理状況は、ただただ焦るパターンです。

「2球でテンポ良く2ストライク取られてしまった、どうしよう…」

「やばい、バッテリーのリズムになってる。」

「見逃し三振だけはしたくないから、バットを振らなきゃ!」

このような心理状況ですね。

これは下位打線に当てはまるケースが多いです。

とくに2球見逃して2球ともストライクだったら、
ほとんどの下位バッターは精神的に追い込まれてるはずです。
(大学野球〜プロ野球なら下位打線でも焦ることは少ないです)

打席のなかで自分を客観視できてない状態になります。

ストライクゾーンを広めにする

つぎの心理状況は、ストライクゾーンを広めにするパターン。

「見逃し三振しないように、ストライクゾーンを少し広めにするか!」

このような心理状況です。

ただただ焦るパターンとの違いは、冷静さが残ってる点。

あくまでも気をつけるのは見逃し三振だけで、
明らかなボール球などには手を出してきません。

この心理状況は上位打線に多いですね。

2球で2ストライクと追い込まれても冷静になれるから、
チームの上位打線を任されてると考えてOKだと思います。

次の1球は外すだろうと予測する

最後3つ目の心理状況は、次の1球は外すだろうと予測するパターンです。

「3球勝負はしてこないだろう。」

「このバッタリーの頭の中に3球勝負はないな。」

「変化球のボール球で空振りを誘ってくるかな。」

このような心理状況です。

ストライクゾーンを広めにするパターンとの違いは、より冷静という点です。

ストライクゾーンを広めにするバッターは、
ストライクからボールになる変化球に手を出してくれる可能性は高いです。

でも、次の1球は外すだろうと予測する打者はバットが止まります。

この心理状況は1番バッターとクリーンナップに多いです。

2球で2ストライクと追い込まれてもヒットを打てたり、
平行カウントまで持ち直せるから打線の主軸を任されてるんだと思います。

Twitterをフォローして最新情報を受け取る