キャッチャーの ファーストカバーの ポジショニング

今回は、キャッチャーのファーストカバーを解説します。

キャッチャーのファーストカバーは、ゴロの位置でポジションニングを変えます!

サードゴロが飛んでもセカンドゴロが飛んでも、
同じような位置にファーストカバーに行くのは、カバーではありません。

内野手がどんな姿勢でゴロを捕球したのかでも、
ファーストカバーのポジションニングは若干変わります。

ファーストカバー1つにもプレーの質はあるので、意識しましょう!

キャッチャーのファーストカバーが必要なケース

まずキャッチャーのファーストカバーが必要なケースですが、

・ランナーなし

・ランナー1塁

アウトカウント関係なく、このケースの内野ゴロならファーストカバーしましょう!

ランナー1塁でも
ファーストにボールを投げたりするからね!

ランナー2塁のケースだったら、ファーストカバーはいかなくてOKです。

もし内野手がエラーしたり暴投したりしたら、
2塁ランナーがホームに突入してくる可能性があります。

「ランナーなし」「ランナー1塁」の状況だけ、全力でファーストカバーをしましょう!

キャッチャーがファーストカバーをする目的

キャッチャーのファーストカバーの具体的なポジションニングを解説するまえに、
少し考えてほしいことがあります。

なんのためにファーストカバーに行くのか?

読みすすめるまえに、少し考えてみてください。

おそらく「内野手の暴投をフォローするため」という答えが多いんじゃないかなと思います。

たしかにそうなんですけど、
それだけでは少し足りないんです。

キャッチャーがファーストカバーに行く目的は、ランナーを進塁させないためです。

内野手が暴投しても、次の塁を与えないためにファーストカバーをします!

その意識があれば全力でファーストカバーをできるはずですし、
どんなポジショニングをすれば良いのかもイメージがつくと思います。

キャッチャーの全体的なカバーリングはこちらで解説してます。

ファーストカバーのポジショニング

それではキャッチャーのファーストカバーのポジションニングをお話します。

・どの位置にゴロが飛んだか?

・内野手はどんな姿勢で捕球したか?

・送球の方向はどうなりそうか?

・内野手の送球の速さはどのくらいか?

この4つを意識してポジションするといいですね!

サードゴロの場合

サードゴロの場合、キャッチャーのファーストカバーのポジションニングは2種類あります。

・ボテボテの当たりやバント

・三遊間寄りのゴロ

こんな場合はホームベース寄りにファーストカバーするといいですね!

サードゴロの場合のキャッチャーのファーストカバーのポジショニング1種類目

「ボテボテの当たり」や「バントがサード前に転がった場合」だと、
三塁手の送球の方向は下の赤矢印のようにライト向きになるのが自然です。

ライト方向への暴投はライトがカバーしてるので、
送球がすっぽ抜けた場合のカバーをしましょう!

「三遊間寄りのゴロ」は上の矢印のようにホームベース方向に送球するのが自然なので、
ホームベース寄りにファーストカバーに行ったほうがいいですね。

つぎに「ほぼ定位置のゴロ」なら、ファーストのほぼ後ろにカバーにいきましょう!

サードゴロの場合のキャッチャーのファーストカバーのポジショニング2種類目

この場合なら三塁手の送球の方向は、ファーストベースにほぼ直線になりますよね。

ただ、捕球姿勢が悪かったり送球のクセがあったりするなら、
それに合わせて微妙にポジションニングを変えると良いですね!

ショートゴロの場合

ショートゴロの場合のポジショニングは、基本的に1種類です。

ショートゴロの場合のキャッチャーのファーストカバーのポジションニング

「三遊間寄り」でも「定位置」でも「二遊間寄り」でもショートが送球する方向は、
ほとんどがホームベース寄りになりますよね!

ホームベース寄りにファーストカバーしましょう。

ただ、三遊間の深いゴロだとショートの捕球姿勢によってはライト方向への送球になるので、
ライトのカバーが遅かったらキャッチャーがフォローするといいですね!

セカンドゴロの場合

セカンドゴロの場合のポジショニングは2種類あるんですけど、
サードゴロやショートゴロとは少し違います。

サードゴロやショートゴロの場合は、
なるべくファースト方向に走ってカバーにいきます。

セカンドゴロの場合はファースト方向ではなく、ホームベース近くでポジショニングしたほうがいいです。

セカンドゴロゴロの場合のキャッチャーのファーストカバーのポジションニング

二塁手が「定位置」や「一二塁間寄り」でゴロを捕球した場合、
送球の方向のほとんどがホームベース向きになりますよね。

暴投が考えられるのもホームベース方向になるので、
ファーストの近くまでカバーしにいく必要はありません。

ホームベースから横にファースト方向に走って、
二塁手の捕球姿勢に合わせてカバーするといいね!

ただ、「二遊間ゴロ」の送球方向はファースト寄りになるので、
ファースト付近にポジショニングしましょう。

送球方向と距離が大切

キャッチャーのファーストカバーのポジショニングを解説しました。

キャッチャーがファーストカバーするときに意識したほうがいい点をまとめると、

・内野手の送球方向

・カバーする距離

この2つです。

内野手が捕球した位置や姿勢を見て、
キャッチャーは送球方向を予測してファーストカバーしたほうがいいですね。

そして、もう1つ重要なのは「カバーする距離」

ファーストの近くに寄りすぎて暴投を追いかけてるようではカバーにならないですし、
逆に距離を取りすぎてランナーに進塁を許してしまったら意味がありません。

内野手の送球の速さを考えて、適切なカバー距離を保ちましょう!

Twitterをフォローして最新情報を受け取る