「野球のスクイズの成功率を上げるコツを知りたい!」

「スクイズを仕掛ける最高のタイミングは?」

こんな風に思ってるかたに向けて、野球のスクイズについて解説します。

野球のスクイズとは3塁ランナーがホームへ盗塁し、
バッターはバントをして1点を奪うプレーです。

3塁ランナーはピッチャーがモーションに入った瞬間にスタートするので、
相手バッテリーにバレたり、バッターがバントをフライにしたりすればジ・エンド。

成功すれば1点を取れ、
大失敗したら2アウトを奪われる作戦です。

 

スクイズはギャンブルプレーなので、成功率を上げることが大切になってきます。

本記事では野球のスクイズの成功率を上げるコツ、
そしてスクイズを仕掛けるタイミングを解説していきます。

3塁ランナーはなるべくバッテリーにバレないように、
バッターは何が何でもバントを転がし、スクイズを成功させましょう!

野球のスクイズとは?

簡単に野球のスクイズについておさらいします。

野球のスクイズとは、3塁ランナーが本塁へ盗塁して、バッターはバントする作戦です。

3塁ランナーがホームスチールをしてもアウトになる確率が高いので、
バッターはバントして3塁ランナーのホームへの生還を手助けします。

なので必然的に野球のスクイズがありえるケースは、
ランナーが3塁にいて、アウトカウントは0アウトか1アウトになります。

バントしたバッターはアウトになる確率が高いからね。

 

スクイズがありえるケース

アウトカウント:0アウト or 1アウト

ランナー:ランナー3塁、ランナー2塁・3塁、ランナー1塁・3塁、ランナー満塁

このような試合状況ならスクイズをできます。

スクイズの成功率を上げるコツ

それではスクイズの成功率を上げるコツです。

スクイズの成功率を上げるにはバッター、ランナー、
そして仕掛けるタイミングの3つのポイントが重要になってきます。

ここでは「バッター」と「ランナー」に焦点を絞って、
スクイズの成功率を上げるコツを解説します。

仕掛けるタイミングは次でお話しします。
ちょっと視点が違うので。

 

・バントに切り替えるタイミングをギリギリにする(バッター)

・バントの転がす方向を決めておく(バッター)

・スタートするタイミングに気を付ける(ランナー)

・いつも通りの雰囲気を出す(バッター&ランナー)

それでは1つずつ解説していきます。

バントに切り替えるタイミングをギリギリにする

まず1つ目のスクイズの成功率を上げるコツは、
バッターがバントに切り替えるタイミングをギリギリにすることです。

早めに構えるとピッチャーに外されるからね。

 

バッターはピッチャーが投げる瞬間くらいにバントに切り替えましょう!

そうすればピッチャーはウエストできないので、
バントをしやすいところにボールがきます。

バッターがバントをちゃんと決めるのが、
スクイズの鉄則です。

バントの転がす方向を決めておく

つづいてのスクイズの成功率を上げるコツは、
バッターはバントの転がす方向を決めておくことです。

ちゃんと転がすコースを狙うことで決まる確率はあがります。

とにかく転がせばOKではありますが、
コースをしっかり狙うことでより確実になります。

 

スクイズバントを転がす方向はケースバイケースです。

スクイズバントを転がす方向

・3塁側:ランナー3塁、ランナー2塁・3塁、右ピッチャー

・1塁側:ランナー1塁・3塁、左ピッチャー

このようにケースバイケースでスクイズバントを転がす方向は変わりますが、
ポイントは相手の守備の動きを考えることです。

右ピッチャーなら3塁側のバントをホームにグラブトスしにくいですし、
3塁ランナーしかいないならファーストはチャージをかけやすいので1塁側は厳しくなります。

逆に左ピッチャーなら1塁側のバントをホームにグラブトスしにくしですし、
ランナー1塁・3塁ならファーストはチャージしにくいので1塁側でも良いですよね!

相手の守備の動きをイメージして、
バントを転がす方向を決めよう!

 

監督からスクイズのサインが出たら、転がす方向を決めておきましょう!

スタートするタイミングに気を付ける

3つ目のスクイズの成功率を上げるコツは、
ランナーはスタートするタイミングに気を付けることです。

右ピッチャーは3塁ランナーの動き方を正面で見られるので、
あまりにも3塁ランナーのスタートが早いとウエストされます。

3塁ランナーはピッチャーの目がホームに向いてからスタートしましょう。

ギャンブルプレーですが、
ギャンブルしすぎる必要はないです。

 

左ピッチャーの場合ならモーションに入ったら3塁ランナーはスタートしても良いですが、
センスのいいピッチャーの場合、守備陣の「走った!」の声でウエストしてきます。

左ピッチャーの場合は「ここからではウエストできない」くらいのモーションになったら、
3塁ランナーは走り始めるといいですね!

ランナーが1塁にもいるときは、
偽投に気をつけてね!

いつも通りの雰囲気を出す

最後4つ目のスクイズの成功率を上げるコツは、
バッターもランナーもいつも通りの雰囲気を出すことです。

スクイズがありえるケースの相手守備陣は、かなり敏感になってます。

前の打席までは一切声を出してないバッターがいきなり声を出したり、
ランナーの細かい動きがいきなり増えたりと。

さっきまでしてない動きや雰囲気が出ると、
「スクイズがあるな」と相手守備陣に気づかれてしまいます。

ソワソワするけど、そこはポーカーフェイス!

 

監督からスクイズのサインが出ても、
バッターとランナーはいつも通りの雰囲気を出しましょう!

スクイズが成功しやすいタイミング

最後にスクイズが成功しやすい仕掛けるタイミングをお話します。

スクイズを仕掛ける一般的なタイミングは、
「点が欲しいけど、タイムリーヒットを期待できない」ときですよね。

ランナー3塁でバッターが8番とかが典型的です。

 

ですが、スクイズは相手チームにバレたら一巻の終わりなので、
重要なのは相手チームに勘づかれないことです。

つまり、意外なタイミングが最もスクイズを成功させやすくなります。

・初球

・バッター有利なカウント

・打席にチームの主軸打者

・左ピッチャー

スクイズの作戦を出すには勇気のいるタイミングですが、
だからこそ、スクイズが成功しやすいタイミングなんですよね。

初球

まず1つ目のスクイズが成功しやすい仕掛けるタイミングは初球です。

ランナー3塁でバッターが下位打線なら相手バッテリーはスクイズを警戒します。

でも、初球からウエストしてしまうとバッター有利なカウントに近づくので、
相手バッテリーは初球からウエストするのは勇気がいるんです。

初球ウエストしたら、
2球目にスクイズされる可能性もあるしね。

 

なので相手バッテリーはランナー3塁でバッターが下位打線でも、
初球はストライクからボールになる変化球が精一杯なんです。

そうなると初球はバッターの手の届く範囲内の投球になるので、
バントがしやすくなり、スクイズも成功しやすくなります。

バッター有利なカウント

つづいてのスクイズが成功しやすい仕掛けるタイミングは、バッター有利なカウントです。

バッター有利なカウントになれば相手バッテリーはストライクを投げざるを得ないので、
その分だけスクイズが成功しやすいタイミングになります。

・2ボール

・2ボール1ストライク

・3ボール2ストライク(フルカウント)

この3つのバッター有利なカウントは、スクイズが成功しやすいタイミングです。

2ボールや2ボール1ストライクなら次の投球がボールになったら、
相手バッテリーは「フォアボールになるかも…」と思いますし、

3ボール2ストライクならストライクならスクイズして、
ボールなら見逃せばフォアボールになりますよね。

3ボール2ストライクのスクイズは、
3塁ランナーのスタートを少し遅らせます。

 

他にもバッター有利なカウントはありますが、
1ボールだけなら「もう1球外せるな」と相手バッテリーにはまだ余裕があります。

3ボールや3ボール1ストライクなら、
「フォアボールで良いか!」と開き直れるよね。

 

スクイズを成功させやすいカウントは2ボールや2ボール1ストライクになります。

打席にチームの主軸打者

3つ目のスクイズが成功しやすい仕掛けるタイミングは、
打席にチームの主軸打者が入ってるケースです。

これは相手バッテリーの意表をつけるタイミングです。

 

・1番バッター

・3番バッター

・4番バッター

・5番バッター

ランナー3塁でバッターが主軸打者の場合、
普通ならタイムリーヒットを期待して、そのまま打たせます。

その「普通」の裏をかいてスクイズをさせれば、成功しやすいですよね!

主軸打者としては凹むけどね…。

左ピッチャー

最後のスクイズが成功しやすい仕掛けるタイミングは、左ピッチャーです。

左ピッチャーは3塁ランナーを見れないので、
右ピッチャーと比べるとウエストされる可能性は低くなります。

その分だけスクイズが成功しやすくなるんですよね!

ただ、あまりにも3塁ランナーのスタートが早いとウエストされるので、
投球を切り替えられないタイミングでスタートしましょう。

ランナー1塁のときには偽投に気をつけてください。

バッターは何が何でも転がそう!

野球のスクイズについて解説しました。

スクイズを成功させるためのバッターとランナーのコツはこの4つです。

スクイズを成功させるコツ

・バントに切り替えるタイミングをギリギリにする(バッター)

・バントの転がす方向を決めておく(バッター)

・スタートするタイミングに気を付ける(ランナー)

・いつも通りの雰囲気を出す(バッター&ランナー)

バッターとランナーの動き方で相手バッテリーにバレないようにしたいですね。

また、スクイズが成功しやすいタイミングはこの4つになります。

スクイズが成功しやすいタイミング

・初球

・バッター有利なカウント

・打席にチームの主軸打者

・左ピッチャー

スクイズはギャンブルプレーではありますが、
相手バッテリーの意表をつければ、手堅い作戦でもあります。

バッターは何が何でも転がして、1点を奪いましょう!

 

Twitterをフォローして最新情報を受け取る