少年野球の軟式キャッチャーミットの選び方とおすすめ3選

「少年野球の軟式キャッチャーミットってどう選べばいい?」

「おすすめのジュニア向けキャッチャーミットを知りたい!」

こんな風に思ってる野球少年のお父さん、お母さんに向けて、
少年野球の軟式キャッチャーミットについてお話します。

ジュニア向けの軟式キャッチャーミットを選ぶとき、
カッコ良さも大切なんですけど、それ以上に大切なポイントがあります。

それは「サイズ」と「カタチ(型)」です。

初めての少年野球用キャッチャーミットなら尚更です。

 

キャッチャーミットはどれも同じように見えますが、実はサイズやカタチが違います。

お子さんに合うサイズやカタチ(型)のキャッチャーミットを選べないと、
上手く捕球できずに、だんだんと野球を嫌いになってしまうんです。

本記事では少年野球の軟式キャッチャーミットの選び方、
そしておすすめのジュニア向け軟式キャッチャーミットを3つ紹介します。

お子さんに合う最適なジュニア用キャッチャーミットを選んで、
ボールを上手くキャッチしてもらい、どんどん上手くなってもらいましょう!

〜最初に結論を知りたい方へ〜

最初に結論を知りたい方のために、
僕のイチオシの少年野球の軟式キャッチャーミットを先にお話します。

一番のおすすめはゼットです。

キャッチングを重視しつつも、スローイングもしにくくない。

このバランスの良さが少年野球には最適ですし、
革も柔らかいので手にフィットしやすいんですよね。

キャッチャーとしてのプレースタイルを固めるためのミットがゼットです。

キャッチャーミットと普通のグローブの違い

キャッチャーミットと普通のグローブは大きく違います。

大きく違うポイントは捕球面の深さです。

キャッチャーミットは普通のグローブと比べると捕球面がかなり浅いんですよね。

普通のグローブはウェブ部分(アミアミの部分)が大きいので捕球面に深さがありますが、
キャッチャーミットはウェブ部分が小さいので捕球面が浅くなります。

キャッチャーミットのほうが、
ボールを捕るのが難しいんだよね。

 

キャッチャーミットの構造上、捕球の技術が求められるので、
普通のグローブよりも「サイズ」や「カタチ(型)」が大切になってきます。

とくに小学生は捕球スキルが弱いですし、
自分自身に合うキャッチャーミットの基準がないと思います。

そんな状態でカッコ良さを優先したキャッチャーミットを使ったら
上手く捕球できませんし、下手したら野球を嫌いになるかもしれません。

最悪ですよね、せっかく買ったのに…。

 

少年野球用のキャッチャーミットを選ぶときには、
「サイズ」と「カタチ(型)」を確認して、そのなかでカッコいいデザインを選びましょう!

キャッチャーに慣れたら自分に合うキャッチャーミットが分かるので、
そのときが買い換えるタイミングですね。

少年野球のキャッチャーミットの選び方

少年野球のキャッチャーミットの選び方です。

この5つのポイントで選べば、
お子さんに合う少年野球用キャッチャーミットが見つかります。

サイズ

ます1つ目の少年野球のキャッチャーミットの選び方はサイズです。

キャッチャーミットには、小さめ通常の大きさの2サイズあります。

初めての少年野球のキャッチャーミットなら、
小さめではなく通常のサイズがおすすめです。

小さめサイズはスローイング重視のキャッチャーミットなので、
捕球できる部分が通常のキャッチャーミットよりも小さくなります。

小さくなるほど、捕球が難しいよ。

 

キャッチャー経験が少ないなら通常サイズから始めて、
まずは上手に捕球できるようになりましょう!

キャッチャーのキャッチングの基本はこちらで解説してます。

カタチ(型)

つぎの少年野球用キャッチャーミットの選び方はカタチ(型)です。

キャッチャーミットには大きくわけて、

・スタンダード型

・ボックス型

この2タイプがあります。

大きな違いはポケットの位置です。

スタンダート型は親指側に、ボックス型は親指と人差し指の間にポケットがあります。

【スタンダード型のポケットの位置】

スタンダード型キャッチャーミットのポケットの位置

【ボックス型のポケットの位置】

ボックス型キャッチャーミットのポケットの位置

また、スタンダード型は基本的にポケットが浅いので捕球が難しいですが、
ボックス型はポケットを深くできるので捕球がしやすいです。

なので、少年野球ならボックス型のキャッチャーミットをおすすめします。

ボックス型のほうがボールを捕りやすいです。

 

キャッチャーミットのスタンダード型とボックス型の違いはこちらで詳しく解説してます。

重さ

3つ目の少年野球のキャッチャーミットの選び方は重さです。

少年野球用キャッチャーミットは、できるだけ軽いものをおすすめします。

小学生にとってキャッチャーミットは重たいです。

1試合キャッチャーミットを使うだけで疲れるんだよね…。

 

通常サイズでなるべく軽いものをおすすめします。

キャッチャーミットの型付け方法はこちらで詳しく解説してます。

カラー&デザイン

つづいての少年野球用キャッチャーミットの選び方はカラー&デザインです。

キャッチャーミットのカラーでピッチャーに与える印象は変わります。

赤:闘争本能を刺激する。

青:気持ちを冷静にさせる。

黄色:情熱と冷静のバランス型

このような影響を与えるので、
ピッチャーの顔を思い浮かべながら選ぶといいですね。

また、デザインはカッコいいが正義!

セルフイメージが上がります。

 

ただ、「サイズ」と「カタチ(型)」のほうが優先順位は高いので、
デザイン重視にならないようにしましょう。

キャッチャーミットのカラーについてはこちらで詳しく解説してます。

金額

最後5つ目の少年野球のキャッチャーミットの選び方は金額です。

キャッチャーミットの金額は安ければ安いほど良いんですけど、
聞き馴染みのないメーカーは避けましょう。

キャッチャーミットの作りや革が、
弱かったりするんだよね…。

 

安かろう悪かろうでは意味がないですからね。

野球業界では聞き馴染みのあるメーカーで、
今までのポイントをクリアしてて、金額が安いキャッチャーミットをおすすめします。

キャッチャーミットの型付け方法はこちらで解説してます。

おすすめのジュニア向け軟式キャッチャーミット

それではおすすめのジュニア向け軟式キャッチャーミットです。

この3つのキャッチャーミットは先ほど解説したポイントをクリアしてる
厳選したおすすめの少年野球用のキャッチャーミットになります。

ゼット

まず1つ目のおすすめのジュニア向け軟式キャッチャーミットはゼットです。

ゼットは言わずと知れた野球用品メーカーで、
とくにキャッチャー道具に力を入れてるメーカーです。

キャッチャーミットは、
「ゼット派」か「ハタケヤマ派」が主流です。

 

ゼットの少年野球軟式用キャッチャーミットの特徴は、
通常サイズのボックス型でグローブの革が柔らかいところです。

この型はボールを捕りやすいですし、
このゼットのキャッチャーミットは革が柔らかいので、すぐに手に馴染みます。

「手にフィットするキャッチャーミットがいい!」

こんな風に思ってる人なら、ゼットの少年野球軟式用キャッチャーミットですね。

少年野球におすすめのスパイクはこちらで紹介してます。

ミズノ

2つ目のおすすめのジュニア向け軟式キャッチャーミットはミズノです。

ミズノも多くの野球人に愛されるメーカーです。

ミズノの少年野球軟式用キャッチャーミットの特徴は、
通常サイズのボックス型で縦長になってる部分。

ボールの捕りやすさに加えて、上下左右の捕球範囲が広がるので、守備範囲が広くなります。

シンプルにボールを捕れる範囲が広がるんだよ!

 

「少しでも捕れる範囲を広げて、子どもに自信をつけさせたい!」

そう思ってる方はミズノの少年野球軟式用キャッチャーミットにしましょう!

少年野球におすすめの軟式バットはこちらで紹介してます。

アシックス

最後3つ目のおすすめのジュニア向け軟式キャッチャーミットはアシックスです。

アシックスも言わずと知れた日本メーカーですよね。

アシックスの少年野球軟式用キャッチャーミットの特徴は、
通常サイズのボックス型でグローブの皮のグレードが高い部分。

ワンランク上のグレードが高いキャッチャーミットなので、
良質なキャッチャーミットを買ってあげたい人には最適です。

革と作りが違います。

 

もちろん、通常サイズのボックス型なのでボールを捕りやすいです。

「ちょっと良いキャッチャーミットにして、子どものセルフイメージを上げたい!」

こんな風に思ってる方はアシックスの少年野球軟式用キャッチャーミットで決まりです!

少年野球の守備手袋の選び方はこちらで紹介してます。

イチオシの初めての軟式キャッチャーミット

少年野球の軟式キャッチャーミットの選び方をお話しました。

・サイズ

・重さ

・カタチ(型)

・カラー&デザイン

・金額

この5つのポイントで選べば、お子さんに合う最適なキャッチャーミットが見つかります。

ご紹介した3つのジュニア向け軟式キャッチャーミットは、
それぞれ特徴があって、どれも優秀です。

そのなかでもイチオシはゼットです。

年齢に関係なくキャッチャーミットに慣れないうちは、ボールをポロポロしがちです。

ピッチャーのボールを受けても良い音だけ鳴って落ちたり、
野手の送球をポロリとしたりするんだよね。

 

だからこそ、最初はボールを捕ることが大切です。

ただ、捕球を重視しすぎても送球がしにくくなるので、
捕球に重点を置きつつ、送球をしにくくないバランスが求められます。

キャッチングにもスローイングにも無難に対応できる柔軟さが
ゼットをイチオシする理由です。

お子さんに合う最適なジュニア向け軟式キャッチャーミットを見つけて、
まずはキャッチャーを好きになってもらい、どんどん上手くなってもらいましょう!

Twitterをフォローして最新情報を受け取る