バッターと見てるキャッチャー

キャッチャーはバッターを観察しながら、リードをしていきます。

とくに相手のデータがなく、基本一発勝負の中学・高校野球だと、打席に入ってるバッターからどれだけ情報収集できるかどうかがポイントです。

今回は、キャッチャーがバッターを見るときに意識すべき5つのポイントを解説するので、ぜひ参考にしてもらえればと思います。

バッターの構え方

まずはバッターの構え方を見ましょう。

立ち位置

まずバッターの構え方を見るときには、立ち位置を確認します。

・ピッチャー寄り or キャッチャー寄り

・ホームベースに近い or ホームベースから遠い

主にこの2つのポイントを観察しましょう。

ピッチャー寄りに立ってるならボールを遅く感じてるかもしれないし、変化球が苦手だからボールが変化するまえに打ってしまおうと思ってるかもしれません。

またホームベースに近いならインコースを投げさせないようにしてるかもしれませんし、逆にホームベースから遠いならインコースが苦手かもしれません。

バッターのスイングの軌道や体格もあるので一概には判断できませんが、まずはバッターボックスのどの位置で構えてるかを見ましょう。

スタンス

つぎにスタンスも確認しましょう。

・オープンスタンス

・クローズドスタンス

・スクエアスタンス

この3パターンで分類するといいですね。

オープンスタンスはインコースをケアしてるスタンスだし、クローズドスタンスはアウトコースをケアしてるスタンスです。

スタンスによってバッターが意識してるコースを把握しましょう。

バットの位置(トップの位置)

さいごにバットの位置を確認します。

・通常時のバットの位置

・ボールを見逃したときのトップの位置

通常時のバットの位置が低めならローボールヒッターの可能性があるし、異様に高い位置にあるならハイボールヒッターの可能性があります。

ただ、ボールを見逃したときのトップの位置が変わってるなら注意が必要です。

最初はバットの位置を低くしておいてトップの位置は高くなってるなら、中距離バッターではなく長距離バッターの可能性があるし、最初は高くしておいて打つ時にグッとバットを下げるバッターも長距離バッターの可能性はあります。

バッターの構え方だけでも、いろいろと情報収集ができるので、ぜひ観察してみてください。

ステップ

バッターの構え方を一通り見たら、次に打ち出したときのステップを確認しましょう。

・そのままステップしてる

・外側に開きながらステップしてる

・内側に閉じながらステップしてる

・踏み出した足のつま先が開いてる

・踏み出した足のつま先が閉じてる

バッターが足跡を消す前にチェックするといいですね。

外に開きながらステップしてるなら内側のコースを待ってたり、逆に内に閉じながらステップしてるなら外側のコースを待ってたりします。

また踏み出した足のつま先が開いてるなら、身体の開きが早いバッターなので外の変化球が効果的だし、
逆につま先が閉じてるならインコースが有効です。

バッターのステップの位置は見落としがちですが、消されるまえにチラ見しましょう!

バッターのステップを見るときのポイントは下記ブログ記事で解説してます。

タイミング

バッターと投球のタイミングが合ってるかもチェックポイントです。

・タイミングがバッチリ

・早めの始動

・立ち遅れてる

バッチリ合ってるなら、球種をコロコロ変えて崩していく必要があります。

また早めに始動してるバッターはストレートの意識が強いし、立ち遅れてるならストレートでどんどん攻めるといいですね。

スイングの軌道

バッターのスイングの軌道も確認しましょう。

・ドアスイング

・インサイドアウトが出来てるスイング

・ダウンスイング

・レベルスイング

・アッパー気味のスイング

バッターのスイングの軌道で、大体どんなバッターなのかが分かります。

インサイドアウトのスイングが出来てるバッターなら、良いバッターなので配球とリードの勝負になるんですけど…。

ドアスイングのバッターならインコースは打てないので、徹底的に攻めるといいですね。

また「ダウンスイングのバッター」なら強いゴロを狙ってるし、「レベルスイング」ならアベレージ系、「アッパー気味に振り抜いてるバッター」ならロングヒッター系です。

バッターが打席に入るまえ」や「ネクストバッターズサークルでの素振り」を見ておくといいですね。

意識してるコースやクセが分かったりしますので!

表情や仕草

バッターがポーカーフェイスだったらチェックしても意味がないんですけど、割とポーカーフェイス系のバッターって少ないです。

・「打ち損じた…」という顔をする

・「え?ストライクなの」という顔をする

・「お!凄いボールだな」という顔をする

・「このボールは仕方ない」という顔をする

バッターの顔をみれば、バッターの気持ちが分かります。

「打ち損じた…」という顔をしてたら待ってる球種だったかもしれないし、「え?そこストライク?」という顔をしてたら、バッターはそこのコースは見えてません。

「お!凄いボールだな」とか「このボールを仕方ない」という顔をしてたなら、そのボールを中心でリードをするのもいいですよね。

わずかな表情の動きや仕草を見て、バッター心理の仮説を立てて、リードしていきましょう!

バッターを見て情報収集をしまくろう!

今回は、「キャッチャーは5つのポイントを意識してバッターを見よう!」をテーマにお話しました。

打席にいるバッターを観察できれば、いろいろと情報収集ができます。

その情報をもとに仮説をたてて、リードをしていきましょう!

また打席のなかだけではなく、ネクストバッターズサークルでのバッターの素振りや準備の仕方、ベンチ前でのスイングなども大切なチェックポイントなので、余裕があれば見てみるといいですね。

Twitterをフォローして最新情報を受け取る